荘A[NX̉@

血圧値と腰痛の関係

血圧が高いこと自体が腰痛の原因となります。また、血圧値が高い場合はリハビリ方法にも様々な制限がおこります

※スポンサーCM

血圧値の異常は腰痛と関連性がある。

血管が狭まって血液が渋滞している図

健康診断などで必ず用いるデータには血圧があります。統計的に血圧値に異常があると、正常よりも腰痛の発生確率が高いと言われています。

血圧が意味する物。

血圧(pressure)=血流(velocity) × 抵抗(esistor)

血圧を左右するもの

心拍出量について

※スポンサーCM

血管抵抗について

血液の粘性について

血圧が高いと体が疲れやすく腰痛に陥りやすい

つまり血圧値に異常を来たす上記の要因があるということは、腰部の筋肉が疲れやすく、十分につかれた筋肉に対して栄養を送り込めない状態、すなわち疲労が抜けにくい(回復しずらい)ことを意味するのです。また、腰痛で疼痛を感じるとショックを起して血圧が低下したり、逆に興奮して上昇することもあります。

血圧が低くても腰痛になる。低血圧の定義

※スポンサーCM

  ※  決して血圧が低ければ良いと言うわけではありません。低すぎても腰痛の原因となります。以下の場合を低血圧と呼びます

血圧の異常を起こしやすいケース

簡易セルフチェック、以下の内容に当てはまるときは気をつけましょう。()内は低すぎるケース

  1. 肥満傾向(痩せすぎ)
  2. 運動不足(働きすぎ)
  3. 大好き(肉嫌い)
  4. 辛いものが好き(まったく塩分はとらない)
  5. 1日2合以上
  6. 喫煙
  7. 感情的になりやすい(まったく感情を使わない)
  8. ストレスが多い
  9. 家族に高血圧がいる(家族歴がある)
  10. 65歳以上
  11. 息切れしやすい
  12. めまいがする

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門