荘A[NX̉@

腹筋と背筋のバランスについて

背筋だけが強すぎても逆に腰痛の原因となります正しいバランスが重要なのです

※スポンサーCM

腹筋と背筋のバランスが大切だと言うが明確なものはあらず

◆『両者の筋肉のバランスが大事』スポーツ指導者・トレーナー、学校体育・テレビなどではよく取り上げられております。しかし、具体的なデータでこの説を証明する研究報告は実のところは、現在ありません。すべて理論上の話をされているのです。研究の難しい内容でもあるといえます。

一般レベルでは平均値を下回っている側を重点的に鍛えると良い

今の時点で言えることは、どちらかに偏って鍛えてはいけません、というよりは、平均値よりも下回っている側を重点に鍛えあげるということの方が正しいといえます。

腹筋・背筋と腰痛の関係

  1. どちらが衰えても腰痛にならないケース
    お年寄りなど、両方が衰えて腰が曲がっていても痛くないケース。
    痛みが出ない範囲に留めている
    彼らの場合は、痛みのない範囲に日常生活を留めているため、痛みを発生させていないといえます。うつ伏せや仰向けになることで痛みが生じますので側臥位で睡眠をとります。
  2. 両方が衰えて痛みが出るケース
    仕事や日常生活などで痛みの出る範囲の仕事を避けられないケース、60代前半ぐらいの年齢で就労している高齢者予備軍に多い
  3. 筋肉が十分でも痛みが出るケース(若年者など)
    背筋力が強いから、というよりも筋力に対しての相対的な体重量が軽すぎて起こるケース
  4. 筋肉量に対して体重が重すぎて生じるケース

    肥満者に多いタイプ

※スポンサーCM

腹筋と背筋はテコの仕組みが異なる

それでも、両者の理想的な筋力のバランスを知りたいという方はいらっしゃることでしょう。したがって、以下の写真を用いて、テコを例に挙げて腹筋と背筋のバランスについて説明します。下図のモデルは標準的な体重の男性です。赤いは、支点を表します。青いは、力点と表します。緑は重心部分を表します。すると、背筋はテコ関係において第一のテコを表していることが分かります。それに対して腹筋は第二のテコを表しています。

   テコの復習
腹筋と背筋は1:1.75

背筋の距離A:腹筋の距離A→1対1.75となる。

つまり、腹筋は背筋より1.75倍も力の発揮にすぐれています(楽に持ち上げられる)。いいかえると筋力バランスは腹筋1に対して背筋は1.75の筋力が必要であると言えます。

専門家の指示の下で実施しましょう。

今回ご説明した内容に関しましては必ず事前に専門医にご相談になってから行うようにしてください。やり方によっては持病を悪化させる可能性があります。ご自分の判断でこれを行って何らかの事態が生じても当方は一切の責任を負いかねます。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門