荘A[NX̉@

腰痛の原因|脚伸展力の検査

結論:大腿四頭筋はサスペンションとして腰の負担を緩和してくれる。

下半身の筋力による安定性は、腰部を保護するサスペンションの作用を持つ。大腿四頭筋の作用を知ろう。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方も、このページに質問されます。
いままでまじめに回答しつづけたつもりです


また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。

検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません

モチベーションを下げます。

僕が姿を見せない人にも相談にも応じた
事実を目に見える形で残す義務が皆さんにはあります。

意外なことに大腿四頭筋の衰えはほとんどの方が無自覚である。障害が出始めていても衰えには目が向いておらず。

腰痛の原因として、脚伸展力について触れて行きましょう。よく、さまざまな物事で「腰が入っていることが大事」だと言いますが、腰痛においては、腰だけでなく足の筋力も必要となってきます。私は、整体という職業上、さまざまな患者様のお体に触れる機会がございましたが、腰痛患者の筋肉を触診したときに必ず決まった筋肉のパターンがあるのです。

腰痛患者に多いパターン、末梢の筋力の衰えが随所であり、中枢(体幹)の筋力を酷使しすぎていることが明らか

そうです。明らかな抹消(腕や脚)の筋肉の衰えがあるのです。触ってみると彼らの筋肉はふんわりとして、新雪のように柔らかくなっているのです。では、なぜこのような状態が腰痛に関わってくるのかをご紹介してゆきましょう。

腕は上体のバランスを保持し、足は骨盤を含めて全体を保持する。これがあることにより姿勢のバランスは安定する。

まず腕の重要性は、皆さんもご存知のヤジロベーなどに例えられます。ヤジロベーはシーソーにも例えられます。地面に接する軸の部分が支点となり、力点と作用点が左右の腕となるわけです。この腕(アーム)の距離が長くなるほど、バランスをとるのに有利になります。ではなぜ腕が長くなるほどバランスを保ちやすいのか?サーカスの綱渡りなどを見たときに必ず長い棒を持つことからも腕が長くなるほうが安定性に優れることが実証されます。

腰以外が使われる例:腰痛患者の多くが前腕伸筋群が過度に疲労している

しかるに多くの方は腰痛と腕の関係性には全く関心がありません。というよりも我々整体師が腕を施術することがどれほど腰部に影響を来たすのかさえ理解してもらえずにいることが現実です。はっきり言えることは多くの方が前腕の指の伸筋群が異常に疲労しているのです。

前腕伸筋群は姿勢保持に肘屈曲を調整し、テコのアームの距離を調整する。

これは、指は手を握ることよりも伸ばす方が比較的にエネルギーを使うからです。というのも指の腱は曲がる方向に常に力が入っているため、指を屈曲させること自体にはそれほどエネルギーは使いません。もちろん重たいものを持つときであれば全力に近い力を発揮しますが、我々の日常生活では指を伸ばす筋はかなりの筋肉の強張りを触知するものでもあるのです。とくに利き腕側の右腕の疲労が著しく、伸筋の緊張により、腕は軽度屈曲位置となるため、テコのアームは右側が短くなり、それによって人体をヤジロベーと見たときに全体的に左にに体が傾き、その傾きを補うために右側の腰部の筋を酷使し、右腰部に痛みを呈してしまうのです。

足の筋力は骨盤を強力に挟み込むことで体幹を真っ直ぐに保持する。また、骨盤の傾斜を軽減する。

では、足の筋力はなぜ腰痛の防止に重要になってくるのかということをご説明いたしますと、実は胴体の幹に当たる背骨の土台である骨盤を真っ直ぐに支えているのが足の筋力であるからです。厳密に言えば左右の足の骨に骨盤が強力に挟み込まれることで背骨は真っ直ぐに安定しているのです。

太ももの合力が背骨を支える図足から伝わってくる赤矢印の力が左右で合わさり、それが青い矢印である合力となり、背骨を真っ直ぐに支えている。

つまり、脚筋力が劣るほど、骨盤を安定させる力はそれに比例して低下してしまい腰痛の発生確率を増大させる。

この力が強いほど背骨は真っ直ぐの状態に保たれます。したがって腰部の負担も軽減されますので腰の組織は損傷を受けずに済み腰痛から守られます。

太ももの筋肉は衝撃を吸収するためのサスペンション作用を持つ。

また、太ももなどの足の筋力が強ければ、膝のバネが強化されますので体に振動が加わっても、振動を膝や股関節で吸収しますので、腰部に加わる負担はずいぶんと軽減されます。その証拠に、スポーツや部活動で軍隊のようなスクワットトレーニングを実施し、300回もジャンピングスクワットを頑張った選手などは疲労型の血流が阻害されるタイプの腰痛でなく、決まって捻挫型の腰痛を引き起こします。これは、筋肉を酷使しすぎることで膝のバネが使えなくなり、振動などの外力がダイレクトに腰部に加わったことで腰椎の補強靭帯が損傷して激痛を発したものです。

骨盤が水平に保たれることで、地面を蹴り出す力を増幅させることが可能

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方も、このページに質問されます。
いままでまじめに回答しつづけたつもりです


また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。

検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません

モチベーションを下げます。

僕が姿を見せない人にも相談にも応じた
事実を目に見える形で残す義務が皆さんにはあります。

坂道を登るときには足が疲れますよね。逆に下り坂になると力を出し切ろうと思ってもなかなか足が地面を捉えられず蹴り出す力が地面に伝わりません。これは足底面の前方に対して、地面がこちらに近づいてくることで上り坂となってしまい過剰な筋力発揮が求められるため足がすぐにクタクタに疲れてしまうわけです。それに対して踵側へと地面が近づいてくることで下り坂になります。このときは、通常のつま先で蹴り出す走り方ならば、接地面がつま先に対して前下方に傾斜しているため、力が反らされてしまい強く蹴り出せません。したがって充分な力を出し切ることが出来ないわけです。

これを人間の体とは自然と調整することで少しでも有効に筋力を発揮させようと働きます。例えば、接地面が前下方に傾斜するのであれば、骨盤の位置も前方に傾け、背骨の彎曲を強くします。また、接地面が後下方に傾斜するのであれば骨盤は後方に傾斜し背骨の彎曲を弱めることで接地を強くします。

骨盤位置の調整に足の筋肉が使われる、筋力が弱まると腰椎で動きを代償する。

そして、この骨盤位置の調整をする働きの一旦を担うのが足の筋力であるのです。したがいまして、この筋力が弱まってしまえば骨盤の安定を保つのに足の筋力が不足してしまい、腰椎周りの筋肉でその働きを代償するようになるわけです。これによって腰部の筋肉に疲労が生じてしまい腰痛を引き起こすわけです。

人は後方に崩されることに弱い

また、坂道に関わらず人間は前方に進む特性を持っておりますのでどうしても重心の関係で後方に体重を乗せやすくなります。したがって前後の安定性では前方に姿勢が崩れてしまうのには強いのですが、その分後方に崩されることに弱い特性をもっているのです。

大腿四頭筋は後方に倒れるのを防ぐ

従いまして、この弱点を克服する作用を持つのが太ももの前面に存在する大腿四頭筋となるわけです。大腿四頭筋の一部は骨盤に付着しており、骨盤を前方に引き付ける役割を担います。

ハムストリングスなどと供に骨盤を水平に保ち、足先で地面を捉えて歩くことができる。

このほかにもハムストリングスと呼ばれる太ももの後方の筋肉は骨盤を後方に引き付ける役割を担います。これらによって地面に対して骨盤を水平に保つことができるからこそ、我々はしっかりと地面を足先が捉えて力強くあるくことが可能であるのです。

大腿四頭筋が落ちると後方重心になりつま先の力が分散されてしまう。

ところがこの筋力が衰えてしまうと真っ直ぐの道を歩いていて、後方重心になったとしましょう。すると地面は水平なのに、足底は後方に力が偏りつま先に働く力が分散されます。したがって平地を歩いているのに坂道をのぼっているような状態に陥るわけです。

地面に対してつま先が相対的に離れて力が弱まる

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方も、このページに質問されます。
いままでまじめに回答しつづけたつもりです


また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。

検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません

モチベーションを下げます。

僕が姿を見せない人にも相談にも応じた
事実を目に見える形で残す義務が皆さんにはあります。

つまり先ほどの例は足底に対して地面がこちらのつま先に近づくという考え方でしたが、今度は地面に対してつま先が相対的に離れて行くという考え方をすることができるわけです。

したがいまして、今回検査する足の伸展力は骨盤を安定させる力でもあり、衝撃から腰部を保護する能力でもあり、体幹を真っ直ぐに保つ作用を知ることに繋がるわけです。

注意事項:必ず事前に専門医にご相談して、安全性について確認をしてから実施すること。

今回行う脚の伸展力の検査は、腰部に病気をもっていたり、間違ったフォームでこれを行うと健康を害する可能性があります。したがいまして、実施前に必ず専門医の診察を受け、そのやり方についても充分に検討していただき、腰部の状態がこれを行うのに充分な状態であるかを確認してから行うようにしてください。

指導を受けずに実施してケガをしないようにしましょう。

私は、これまで様々な検査法や健康法を皆様にご紹介してきました。しかし、あまりにも無責任に安易な気持ちでこれを勝手に実行に移してしまう方が多く、中には独自の方法でやったために怪我をされてしまうケースもありました。読者の皆様にとっては少しでもお金や手間を掛けたくないというお気持ちは分かりますが、独断先行でこれを行ってしまう方があまりにも多くて目を塞ぎたくなってしまうのです。

指導を受けてから実施しましょう。

こういったことは専門資格を持った者の指導を受けねば取り返しのつかぬ事故につながるおそれがありますので参考程度に留めてくださいますようよろしくお願い申し上げます。また、どうしてもご自身の状態を知りたいとお考えの方は是非とも当院にまでご来院になって有料にて検査を受けてくださいませ。お金を掛けないことにこだわるばかりに大怪我をしたのでは元も子もありません。また、勝手にご紹介した内容を実行に移して怪我などを負われた場合は一切の責任を負いかねます。

実際の運動内容に 関しましては怪我の 発生防止の観点から 削除させていただきました。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書