荘A[NX̉@

肉体労働者が腰を痛める理由|腰痛の原因

重いものを沢山持ち上げるからであらず、沢山歩くこと下肢を疲労し支持基底面が減少することが一番の理由

※スポンサーCM

「重いものを持つから腰が痛い」根本に注目する必要がある。

腰を痛めてしまう職業としてかつては「農業」→「工業」→「商業」というような発生順位でしたが、近年では農業の担い手が減少したことで、工業や建設、土木業など工事関係者の腰痛が断トツで多くなりました。また、介護職などで重たい患者様を持ち上げたりと腰を多用することで腰を痛めてしまうといわれております。

しかし、従来から言われているこれらの方々が腰を痛めてしまう要因は本当に「重たい物を持ち上げるから」なのでしょうか?もちろんこれらのお仕事に従事される方は当然ながら重たい物を沢山持ち上げます。これで腰を痛めてしまうのは無理も無いと思います。しかし、全ての方が痛めてしまうわけではありませんよね。

つまり、このお仕事に従事される方に発症率は高いのですが、あくまでも発症率が高いというだけでそれが絶対の条件ではないわけです。発症せずに済んでおられる方も当然ながらおられます。肉体労働に関しましては私は引越しなどで荷物を運んだ経験はありますがが、確かに腰が辛くなるものです。ただし、荷物を持っておらずともやはり腰が痛くなることはあるのです。

例えば土建関係のお仕事をされる方の全てが重たい物を持つわけではありませんよね。ショベルカーで土を掘り起こす人、それをトラックに載せて運ぶ人、工事の監督をされる方、などなど同じ現場でも役割分担というものがあります。しかし、多くの方が役割分担に関わらずに腰痛を発するのです。すなわち、もっと根本的な部分が大きく腰痛に関わっていると言えるのではありませんでしょうか?では、どういったものが大きいのか?これにもっとも大きく影響してくるのが日常姿勢であるのです。

日常姿勢の代表は「寝る」・「座る」・「立つ」もっとも重力に逆らうのが立位姿勢、重心位置が高くなるほど不安定となり腰を酷使する。

※スポンサーCM

上記の職業に従事される方と一般的なオフィスワーカーの最も大きな違いはやはり立っている時間が長いことが上げられます。座っている時間があるのは機械を操作する人だけだと思います。では、なぜ立ち姿勢が長くなると腰が痛くなるのでしょうか?

ここに関係してくるのが重心保持になるのです。座っているときと立っているときでは重心の高さがまったく異なりますよね。立っているときは重心位置が高いために不安定になるのです。したがってバランスを保つために腰を酷使するわけです。

例えば同じ背の高さの人でも太った人と痩せた人では、重心の高さは異なりますよね。体重の重い方ほど重心が低くなり安定性が高まります。それに対して痩せているほど重心位置は高くなって安定性が低くなります。したがってぎっくり腰の発症率は腰に負担の掛かり安い痩せ型の人に圧倒的に多いのです。

つまり肉体労働者はイスに腰掛けているときよりも重力に逆らっており尚且つ不安定な姿勢だからこそ腰を痛めてしまうのです。

歩数が増えるからこそ腰の負担が増加する。

私もたくさん歩く経験がありますが、1日歩くと腰が段々と固まってくることが分かります。最初は柔らかく全く快適な腰部が疲労の蓄積とともに固くなって行くのです。

ではなぜ腰が固くなって行くのでしょうか?座位姿勢でも上半身は起しているわけですから、立位と座位では根本的には腰の負担は同じであるはずでしょう。ここに関係するのが下肢の筋肉の酷使であるのです。

歩き続けて歩数が増えて行くと段々と下肢の筋肉が疲労します。すると支持基底面(→参考ページ)とよばれる体のバランスを取る面積が段々と減少してくるのです。つまり足の踏ん張りが利かなくなって歩幅やスタンスが狭くなるわけです。

この歩幅やスタンスの狭さを補うために腰の筋肉がさらに多用されて余計に腰が疲れてしまうのです。そして腰が板のようにパンパンに固くなって最後には腰痛を発してしまうわけです。

ストレッチやイスに腰掛けて休憩することで足を休めることが大事

このタイプの腰痛症は基本的にはお仕事の労働に伴うものですから、できるだけ不必要に立っている時間を少なくできると良いです。イスに腰掛けることが許されるときには出来るだけ座って足を休めると良いでしょう。また、太ももを伸ばすストレッチを取り入れることで筋肉の血流を良くすることで疲労が抜けやすくなります。

※スポンサーCM

俺は立っている方が楽だぞ!座っていることで余計に腰が痛くなる。という貴方は下肢に充分な余力があるから。

体力に余裕があって全く疲れていないときでしたら、ひょっとしたら座っているときよりも立っている方が楽という方もおられることでしょう。これは骨盤の中にある腸腰筋という筋肉が立位になることでテンションが加わって骨盤を垂直に保つ手助けをし、腰部の負担が免荷されるからでもあります。

とくに太っている人ほど立ち上がったときに重心が低くなりますので腸腰筋の支えも加わって楽になる傾向があります。ただし、これは立ち上がった最初の内だけです。体重が重いので次第にそれを支える足がすぐに疲れて支持基底面が減少し、やがて立っていられなくなります。もともと痩せている方は重心が高いので立ち上がるよりも座っている方が楽と思えるかもしれません。

ほとんどの要因がオーバーワークなので、休息と栄養で痛みを克服する必要がある。

これらの方が腰痛を克服するためには筋肉を鍛えてもそれほど意味はありません。むしろ筋肉を鍛えれば余計に疲労が増加して痛みは強くなる可能性があります。したがいまして、しっかりと体を休めていただきお仕事のお休みの日にはストレッチをしたり、プールや温泉など体重を免荷できる場所でのんびりと泳いだりくつろいでいただきますと速やかに回復して腰の痛みもとれることでしょう。あまりにも腰を酷使しすぎる場合はコルセットなどで腰をサポートすることも大切ですが、この場合は廃用には充分に気をつけて痛みが出始めたときにだけ用いるようにしましょう。

つらくなったときに腰を曲げて背中を丸めるマッケンジー法(詳細は別サイトを参考)を利用してみるだけでも効果がありますのでお試しになってください。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書