腹筋力について

腹筋を鍛えることがなぜ痛みの発生につながるのかそして、目標とする腹筋力とは具体的にはどのぐらいなのかについて

※スポンサーCM

30秒間の連続上体起こしで腹筋を測定

◆30秒間の連続上体起こし回数を測定して腹筋の強さをみます。

◆やり方

ぎっくり腰・腰痛専門整体院

腰部をケガせぬよう気をつけましょう。

  • 病院にて腰部の疾患という診断を受けている場合は、徒手筋力テストの適応となります。この方法は行わないでください。
  • 全てご自信の責任の基でおこなってください。いかなることが起こっても責任は負いかねます
  • 事前に専門医とご相談ください

※スポンサーCM

腹筋は腹圧を上昇させエアサスペンションのように腰部を支える

なぜ腰痛防止にこの筋が関係しているのかということから最初に説明していきます。

この筋を固めると、腹圧が上昇して赤矢印方向に力が働くことで、上半身をまっすぐ起こして上体の重みを腹圧で下から支える作用をもつ。(エアサスペンション作用)

腹圧が落ちると背骨だけで体重を支持し腰部を痛める

衰えると、腹圧を高めることができないため、上半身の重みを背骨だけで支えることになります。腰椎や骨盤の圧迫がおこり引き金となるのです。

※スポンサーCM

自分のペースで鍛えればトレーニングは辛くない

上体起こしと聞いた瞬間にやる気を失った方もいらっしゃると思います。しかし、トレーニングが辛いものであるという認識自体がおおきな誤りなのです。目標回数を定めて自分のペースに合わせて鍛えてゆくだけですからこれほど簡単なことはないでしょう。

トレーニングは美容・健康・ストレス解消にも

体を適度に動かすことはとても楽しく、そしてストレス解消にもピッタリです。 さらには、病気やケガの予防、美容・健康にもすぐれているのですから万能薬とも言えます。楽しい筋力トレーニングメニューも行えますので是非お楽しみください。

腰痛検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因原因として一般的に因果関係が認められているもののなかで出来るだけ数値化して、白黒はっきり付けられるものだけを厳選しました。

  1. 脚伸展力について、骨盤の安定作用、背骨の安定作用、サスペンション作用により腰部を保護します。
  2. 腹筋力ついて腹筋を固めると体幹を直立状態に保持して、腰部の負担を減少させる作用があります。
  3. 背筋力について
  4. 腹筋・背筋バランスについて
  5. 血圧値について
  6. BMIについて
  7. 柔軟性の指標
  8. 体脂肪率について
  9. ウエストヒップ比
  10. 12分間ウォーキングテスト
  11. 疼痛感受性
腰痛の検査・慢性期判断

腰痛の検査・慢性期判断

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

腰痛の検査・経過判断関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)