荘A[NX̉@

腹筋力について

腹筋を鍛えることがなぜ痛みの発生につながるのかそして、目標とする腹筋力とは具体的にはどのぐらいなのかについて

※スポンサーCM

30秒間の連続上体起こしで腹筋を測定

◆30秒間の連続上体起こし回数を測定して腹筋の強さをみます。

◆やり方

ぎっくり腰・腰痛専門整体院

腰部をケガせぬよう気をつけましょう。

※スポンサーCM

腹筋は腹圧を上昇させエアサスペンションのように腰部を支える

なぜ腰痛防止にこの筋が関係しているのかということから最初に説明していきます。

この筋を固めると、腹圧が上昇して赤矢印方向に力が働くことで、上半身をまっすぐ起こして上体の重みを腹圧で下から支える作用をもつ。(エアサスペンション作用)

腹圧が落ちると背骨だけで体重を支持し腰部を痛める

衰えると、腹圧を高めることができないため、上半身の重みを背骨だけで支えることになります。腰椎や骨盤の圧迫がおこり引き金となるのです。

※スポンサーCM

自分のペースで鍛えればトレーニングは辛くない

上体起こしと聞いた瞬間にやる気を失った方もいらっしゃると思います。しかし、トレーニングが辛いものであるという認識自体がおおきな誤りなのです。目標回数を定めて自分のペースに合わせて鍛えてゆくだけですからこれほど簡単なことはないでしょう。

トレーニングは美容・健康・ストレス解消にも

体を適度に動かすことはとても楽しく、そしてストレス解消にもピッタリです。 さらには、病気やケガの予防、美容・健康にもすぐれているのですから万能薬とも言えます。楽しい筋力トレーニングメニューも行えますので是非お楽しみください。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門