荘A[NX̉@

自営業者のぎっくり腰|ぎっくり腰の前触れとは?

ぎっくり腰になる前触れは、慢性疲労症状である。体が疲れてやばくなる前に整体を受けるなどし、適切な疲労ケアを行いましょう。

※スポンサーCM

自営業者のぎっくり腰、これほど困るものはなし

「本当に困っていたんです。もう少しで明日の仕事をふいにしてしまうところでした。」

今回の患者様は自営業を営まれていらっしゃるそうですが、何といってもこれほどぎっくり腰になってお困りになられる方はいらっしゃらないと思います。

私も個人で営んでいるので、この方のお気持ちはとても良く分かります。まずこの場合は、会社員のように有給休暇というものがありません。

寝ていれば収入を逃してしまうだけでなく、それまで地道に積み上げてきた固定客をも別のお店へと漏出してしまう恐れがあるのです。ですから、こうしてすぐにでも対処して、仕事に復帰することが求められます。この対応の遅れがあればそれに応じて収入が目減りしていってしまうのです。

ところが、会社員の場合はどうでしょうか?誰かが欠員になったとしても、沢山の従業員がおりますので、1人くらいの遅れならば皆が休憩時間を少し削れば、すぐに補うことができます。それに日頃取りたくても取れずにいる有給休暇も大手を振って使えます。

でも病気やケガのために使うお休みほど勿体無いものはありませんよね。寝ているだけで何にもできないのですから。また、こうして病院や整体などの療法にお金も使います。

ぎっくり腰を事前に察知するには?

整体を終えると患者様からこのようなご質問を受けました。

「今回は突然ぎっくり腰になってしまいましたが、事前にこれを察知することはできないのでしょうか?」

ということです。ではこれを察知するための方法を以下に述べましょう。しかし、これが分かったからと言ってぎっくり腰を防ぐことに繋がるわけではありませんのでご注意ください。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の前触れを知り、やばくなる前に整体に通いましょう。

では以下にぎっくり腰の前触れについて列挙いたします。

  1. 体全体が思い・だるい
  2. 気分が優れない
  3. 首や腰の関節がバキバキと音を立てる。
  4. 慢性的な倦怠感がある。
  5. 睡眠不足が続く
  6. 暑さで夏バテしている。
  7. 寒くて体が硬直する。
  8. 腰を屈めるのがキツイ
  9. 靴下を履くのが大変
  10. 体が固い
  11. 首を前屈すると腰に緊張感を感じる
  12. 猫背を持っている
  13. 腰が反っている。
  14. 立位姿勢に置いて左右のバランスが悪い
  15. 気温が寒く感じられる
  16. 急に痩せたと周りから言われる。
  17. 急に太ったと言われる。
  18. 大便や小便などがなかなかでない
  19. 息切れを感じ安い
  20. 脈や呼吸が速い
  21. 頭がぼおっとする。
  22. 目が霞む

※スポンサーCM

主な前触れは慢性疲労

いかがでしたでしょうか?今挙げたのはほんの僅かなものです。しかし、慢性疲労の症状であることがお分かりいただけることでしょう。つまりは、疲れ気味のときはお仕事のお休みの日にでも整体をご利用いただくことが大切なのです。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

ぎっくり腰で痛みの場所が不明瞭なのは?

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑨-1腰痛対策

⑩-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法