荘A[NX̉@

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

概要:心理的な要因が関係している腰痛は検査で異常を見つけることは出来ない。

  1. 質問病院の検査では異常が見つからないのになぜぎっくり腰になったの?
  2. 回答精神的な要因が原因だった。心理的影響によるものだから治った。ただし、再発防止には患者の病気への理解が必要となる。
  3. 具体的対策疼痛日記をつけることで痛みの原因を理解する。
  4. 腰痛日記のメリット腰痛の発生するタイミングやきっかけなどが分かる。大抵は気持ちが動転しているときや心の状態によって発生するもの。
  5. 今回の患者のケース朝方の喧騒の中で、家族の心理的な配慮を得るための自己防衛(自己暗示型疼痛)だった。
  6. 自己暗示型疼痛の特徴絶対に痛みが出るはずない動作で痛みを訴える。思い込みが激しすぎて痛みを起こす。無意識の逃避行動。

心理的な要因が影響している。例えば防御本能から過剰に痛みに恐怖心を抱くと防御反射が起こって患部周辺に力みが生じ痛みを悪化させることもある。心理的腰痛の再発防止には痛みの仕組みを本人が理解する必要があり、その方法の一つに痛み日記がある。ときとして、周囲から気に掛けてもらうための自己防衛のための自己暗示型疼痛を起こすこともある。自己暗示型疼痛は痛みと全く関係ない動作で痛みが強くなる。

※スポンサーCM

質問:病院の検査では異常が見つからないのになぜぎっくり腰になったの?

ぎっくり腰をお持ちの患者さまでした。

さて、今回の患者様の治療では、たった1回でぎっくり腰の症状を完治させることに成功いたしました。そして、このようなご質問を頂戴いたしました。

『先生、なぜぎっくり腰になってしまったのでしょうか?整形外科や病院の検査では異常は見つからないといわれたのですが?』

メニューに戻る

回答:精神的な要因が原因だった。心理的影響によるものだから治った。ただし、再発防止には患者の病気への理解が必要となる。

私のカウンセリングの見立てではおそらくは患者様は精神的な要因が原因となっており、心因性の原因をとりのぞかねば治らないと考えました。しかし、精神的な要因のように目に見えぬものが本人を苦しませているなどとは普通では考えも及びません。私ども治療家が患者様に対していくら頭ごなしにご説明しても本人が納得せねば絶対にご理解をいただくことは不可能です。今回の施術で完全に痛みは取り除けましたがこれの再発防止を永久に行うためには本人の理解が必要であったのです。

メニューに戻る

具体的対策:疼痛日記をつけることで痛みの原因を理解する。

※スポンサーCM

A様にこのような提案をさせていただきました。

「A様、今回の疼痛に関してですがおそらくはご自分でどういったときに痛みが誘発されるかを日記にされてみるとその発生に共通点があることがお分かりいただけるはずです。」
「分かりました先生、言われたとおりにやってみます。」
ということで彼女は1ヶ月間に渡って記録をつけることにされたのです。

メニューに戻る

腰痛日記のメリット:腰痛の発生するタイミングやきっかけなどが分かる。気持ちが動転しているときや心の状態によって発生するもの。

そして、1ヶ月後に驚くべきことが分かったのです。いつも腰痛の発生する時間は朝方に多くそれもご家族が食事を終えて出勤される8時頃に痛みがピークを迎えていたのです。
「先生おそらく、主人と子供達が出勤する朝の8時頃に痛みが出ることが分かりました。それも皆慌しく出勤しますから、私も気持ちが動転してしまってでも皆急いでいるから私に辛く当たるんです。『お母さん、急いでいるんだから早くして!』って、その言葉を聞くと無意識に腰に手が伸びて急に腰が痛くなるんです。」

メニューに戻る

今回の患者のケース:朝方の喧騒の中で、家族の心理的な配慮を得るための自己防衛(自己暗示型疼痛)だった。

※スポンサーCM

おそらくは朝方の喧騒によってご家族からきつい声を浴びせられたときに、自己防衛として疼痛を誘発し、ご家族の方の視線を集めようと腰痛が現れたのでしょう。この用に周囲の注目を集めるために過去の腰痛を脳裏から蘇らせて克明に疼痛を再現し周囲の理解を求めようとするタイプの疼痛を自己暗示型疼痛と呼ぶのです。このような本人の強い思い込みが原因している場合は家族が出勤して出かけてしばらくすると腰痛は再び治まるはずです。

メニューに戻る

自己暗示型疼痛の特徴:絶対に痛みが出るはずない動作で痛みを訴える。思い込みが激しすぎて痛みを起こす。無意識の逃避行動。

こういった心因性の疼痛を感じている患者は絶対に痛みがでるはずのない動作をしても痛みを訴えたりするのです。つまりは本人の固定概念や思い込みが激しすぎることから疼痛を引き起こしていることもあるのです。

おそらくは職場などで仕事の成績が悪いときは体の力が抜けてしまうことをご経験されたことがあるはずでしょう。でもなぜ失敗したり結果が悪いと力が抜けてしまうのか?それはがっかりしたという気持ちもあるでしょうが、周囲に対して「私はたまたま体調が調子が悪いんです。」ということを無言の内に周囲に理解を求めるために発していることもあるわけです。そういった現実逃避したいという心理を無意識で自然と発生した原因不明の腰痛であると思い込んでしまうことは沢山あるということをご理解してください。

メニューに戻る

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)