荘A[NX̉@

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

下肢の内外旋運動を行って自分の骨盤の安定性を知りぎっくり腰に気をつけましょう。

※スポンサーCM

「何をしたらぎっくり腰を防止できるのか?」

言いあげたら切がないほど防止法は沢山ある

良く他人から質問を受ける内容ですが、何をしたらぎっくり腰を防止できるのかという説には沢山の説がありますよね。ストレッチをしなさい。筋力トレーニングをしなさい。体を冷やさぬようにしなさい。サプリメントでビタミンを補えだとか言い出したら切がありません。

自分の腰部の状態がどうなのかを知ることがもっとも大切

※スポンサーCM

そこで、もっとも根本的なぎっくり腰の予防法としましては今現在のご自分の腰部の状態がどうなのかを知っていただくことが最も大切なことであるとご提案させていただきましょう。今現在ぎっくり腰の危険性があるのでしたら、ならぬように気をつけていただければ良い事でしょうし、危険性が低ければ安心して過ごすことができるはずでしょう。

過剰なぎっくり腰の敬遠が日常に支障を来たす

何が大変なのかというと、過剰にぎっくり腰になるのを恐れてしまい重たい物を一切持ち歩かぬようになったり、プライベートの予定を組めなかったりと過剰な敬遠によって大切な日常に支障を来してしまうことが一番つらいことでしょう。

ぎっくり腰になりやすい状態をチェックし、異常がある場合は足腰に負担をかけぬようにしましょう

そこで今回はぎっくり腰になり安い状態をチェックする方法についてお話させていただければと思います。特に清瀬市や土地が広いですから、移動が大変なはずでしょう。この検査で異常があることが分かった方はしばらくは電車やバスなどの公共交通機関や車などの移動手段を用いていただいてできるだけ足腰に負担をかけぬようにすることが大切です。

ぎっくり腰の検査法、下肢の内外旋連続運動

では検査法についてお話させていただきましょう。参考文献は「骨盤教室」著者 寺門琢己先生(幻冬舎)です。今回ご紹介する方法はそもそもが骨盤の状態を確かめるための方法ですが、これがぎっくり腰の原因となる骨盤の安定性に大きく関わってくるため、ぎっくり腰予防に役立つとの観点から当院でも採択させていただきました。

◆やり方

下肢の内外旋検査

仰向けに寝転び両足先を左右に動かす

まず仰向けにAのように寝転ぶ

そして仰向けの体勢のまま両足先を左右に動かす。このときの動かす方向はBのように踵(かかと)を支点として、時計回りと反時計回りにするように内旋と外旋と繰り返す。(小指側に回すのが外旋、親指側に回すのが内旋)

注意:足全体の力をしっかりと抜ききって自然と太ももやお尻までブルブルと震えてしまうぐらいまで動かす。左右に10回ずつブルブルと動かしたら足を①のように真っ直ぐにする。そして、もう一度リラックスしてみる。

※スポンサーCM

注意:あくまでも目安の一つとして参考程度にお役立てください。

注意:今回ご説明した内容はあくまでもぎっくり腰の前兆の一つを見つけるものであり、これで異常が無ければ安全だというわけではありません。あくまでも目安の一つとし、参考程度にお役立てください。その外でわからぬことがありましたらいつでも港区まで出張いたしますので、ぎっくり腰のことでしたらいつでもご相談になってくださいませ。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門