荘A[NX̉@

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

赤ちゃんを抱っこする毎日で腰の筋肉が疲労で硬直しついには靴下を脱ぐときに腰を痛めてしまう。疲労を溜めすぎぬように日頃のケアをしっかり行いましょう。

※スポンサーCM

「すいません、ぎっくり腰になってしまったようです。」
今回の患者様はお若い女性のようです。
「そうですか、それは大変でしたね。痛めてしまわれたのはいつ頃なのでしょうか?」

「昨日の夜です。お風呂に入ろうと思って脱衣所で靴下を脱いだときに腰が痛くなってしまいました。」
「なるほど、それは大変でしたね。ではすぐにそちらに伺わせていただきますので」

ぎっくり腰では予測できない急な予定の変更で焦ってしまうことがあります。

ぎっくり腰とは余りの痛みで動けませんし、その日のスケジュールなどもキャンセルせねばなりません。レストランやホテルなどをご予約されている方、コンサートや電車のチケットを手配しているようなときにはやはりある程度の損失をだしてしまいますので焦ってしまうものです。したがいまして今回の様に到着のお時間が気になってしまうのです。また、そういった経済的な損失だけの問題ではありません。

後遺症の心配が先立ってしまい急ぐようにおっしゃられる。

すぐに車に乗って移動しました。
すると出発して10分ほど到着するとまた再びご連絡をされるのでした。
「先生、すぐに来てもらいたいのですが・・・その・・後遺症になってしまうのではないかと心配なのです。」
「なるほど、ではできるだけ急いでそちらに向かいますのでもう少しで到着しますから安心してください。大丈夫ですからね。」

すぐに後遺症になるわけではありません。過剰な心配を抱かないように安心して過ごしていただいても大丈夫です。

声を掛けて彼女安心させます。やはり人間とは痛みを感じるとそれとともに不安も込み上げてきてしまうのです。そして一刻も早く助けてもらいたいと思うものなのです。また、過度に不安を抱いてしまい今回のように後遺症の心配をしてしまうこともあるのです。」
しかし、ここで過剰な心配を抱いてもどうすることもできません。安静にして過ごしてくださっていれば2日ぐらいならばそういった後遺症には通常なりません。

中には痛みを無理して動き回って悪化させ、本当に後遺症になることもある。

こういったときにこのように過剰に心配されてご連絡をくださるのはとても良いことであると思います。しかし、中には痛みがあるけれども無理矢理動き回ってしまう方などもおられるのです。この場合は患部に刺激が沢山発生して痛みが悪化してしまうのです。したがいまして、本当に後遺症を起こしてしまったりするわけです。

慢性腰痛の方ほど陥る前は精力的な活動で無理を重ねている。

皆様は慢性腰痛の患者様をご覧になったことがある方もおられるかもしれませんが、人によっては軟弱に見えてしまったり、弱音を吐いている人だったりするように見えてしまいますが、そういった人に限ってむしろ腰痛に陥る以前は精力的に活動をして体に無理を重ねてしまっていることが多いのです。

今回の患者様の場合はその不安が上手く作用してご本人のお体の状態を改善する上でプラスに働いたのです。

痛みによって玄関まで迎えに出ることもやっとのこと

到着して呼び鈴を押したのですが、しばらくたっても家主様が現れません。どうやら女性お一人で御自宅で留守番をされているのでしょう。腰を痛めているためご自分ひとりで起き上がれないのです。1分ぐらいたってから今回の患者様のA様がお出になられるのでした。
「すいません、腰が痛くて・・・」
「いえいえ、大変そうですね。じゃあ早速みさせてください。」

腰の痛みにより壁に寄りかかるようにして進まれる。痛みによって布団を敷くこともできず。

ということでA様の後ろに続いて部屋の中に上がらせていただきました。A様は壁に寄りかかるようにしてゆっくりと岩壁にへばりつくようにして進んで行かれるのでした。そしてお部屋のドアをゆっくりとあけるのです。
「先生、そこに布団がありますので敷いてもらえますか?私はとても無理なんで・・・・」
「分かりました。」
ということで布団を敷きます。そして、彼女に寝転んでいただいたのです。
「じゃあ検査をはじめますから。」

仰向けになって足を伸ばすと激痛になるほどの症状の重さ

ということで整体を始めさせていただいたわけです。最初は全身所見を観察しました。全身の所見としましては仰向けになって足を伸ばすと激痛が走ってしまうことが分かります。

次に打診を実施します。打診ではゴムハンマーを用いて膝頭を叩いて、その反射を見ます。このときには患者様に誤解を与えてしまう可能性がありますので事前に丁寧に説明が必要となるのです。

打診検査で異常なし

「A様、これからこのゴムハンマーで膝の反射を誘発して異常な反射が無いかを見させていただきます。膝頭を叩きますが安全ですからご安心ください。」
「はい分かりました。」
どうやら異常な反射はありません。

しっかりと事前の説明をして徒手検査にて痛みを誘発し、原因を特定して行く

次に徒手検査を実施しました。徒手検査ではわざと痛みを誘発することでどういった動きによって痛みが出るのかを確かめます。やはりこれもまた患者様には「俺を痛めつけているのか?」と不安な気持ちを抱かせてしまいますので術前に説明する必要があります。

「A様それではこれから体を幾つか動かします。そしてどういった動きで痛みが誘発されるのかを確認します。わざと痛みをひきだしますが、これによって症状が悪化することはありませんのでご安心ください。」
「はい、わかりました。」

上部腰椎の機能障害によるぎっくり腰であることが分かる。

ということで検査を実施しますと、どうやら上部腰椎で機能障害を起こしていることが分かったのです。

「では、A様いまの検査では貴方の場合は腰部の筋肉深層で硬結(強張り)ができておりそれが原因の1つとなって痛みを引き起こしているようです。したがいまして、これからその強張りを取り除くために筋肉と骨を操作して症状を改善して行きます。」
「はい、御願いします。」

整体によって無事に症状は改善される。

ということで該当箇所に施術をおこないますと症状は速やかに改善されたのです。ただし、通常よりも疲労が蓄積しており深い部分に原因がありましたので若干時間が掛かってしまいました。しかし、術後にはそれまで立ち上がることもできなかったのが立てるぐらいにまで症状が改善したのです。

抱っこの頑張りすぎで腰が固くなっていたのでしっかりと体を休めることが大切。

「先生、ありがとうございます。立ち上がれるようになりました。」
「Aさん、やはり子育ての抱っこを頑張りすぎてしまわれたようですね。そういった腰部の疲労が腰を固くしてしまっため靴下を脱ぐときなどに腰の筋肉を引っ張りすぎて強く強張ってしまったのです。これからは適度に体を休めるようにしましょう。」
「はい分かりました。それよりも先生、名刺を何枚かいただけませんか?」
「どうしたのですか?」

気に入っていただけたので家族数名分の名刺をお渡しして豊島区から辞去しました。

「うちの旦那の家族もみんな腰痛持ちなんです。」
「そうですか、それでは名刺を皆様にお渡しください。」
ということで家族の枚数分をお渡しして豊島区から辞去したのです。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書