ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰を月曜日まで放置することの危険性

〔目次〕

  1. 概要:月曜日までの3日間の放置は症状を難治化させ、予約の集中による適正な整体院の選択の機会を失います。ぎっくり腰の発生率は金曜、受療率は月曜が最も高い。
  2. ぎっくり腰とは?腰部の突発的な痛み、魔女の一撃とも呼ぶ
  3. 意外な事実月曜に病院に駆け込まれるぎっくり腰患者が多い。土日が休みだからではない。ほとんどが金曜日にぎっくり腰に陥っている。
  4. 患者の実態運動不足や体のケアが不足していることが分かっていながら自覚症状が出るまで放置し、症状が出てようやく横に寝て過ごす。
  5. ケア不足が招く結果季節の厳しさや家族行事で疲労がたまると寝ても回復できない。メンテナンス頻度と反比例してぎっくり腰の発生率は上昇
  6. その他の要因通勤の立ち姿勢で腰が疲労し後方に大きく反る。反るとそれ以上腰骨がたわまない。腰の筋肉の負担が増える。
  7. 寝て過ごす影響歪んだ体を矯正せずに保存療法を行うと良い状態も悪い状態も保存されてしまう。腰の反っている状態が保存されて癒着する。
  8. 改善策保存療法の前に、整体矯正により生理的彎曲へ修復する必要がある。
  9. 月曜日受診の悲劇病院は高齢者に埋め尽くされる。予約の空いてる治療院を仕方なく選ぶ結果となる。

ぎっくり腰を月曜日まで放置することの危険性

多くのぎっくり腰は最も体の疲労が溜まる金曜日に発生しており、土日に自宅で寝て安静に過ごし月曜日まで様子を見てから受診を判断することが多いが、腰部に生じた悪い状態が安静によって保存されてしまうため出来るだけ早期に専門家の処置を受けることが望ましい。また月曜日は高齢者が一斉に治療機関を受診するため満足な治療を受けられない可能性が高い。

メニューに戻る

※スポンサーCM

ぎっくり腰とは?腰部の突発的な痛み、魔女の一撃とも呼ぶ

まずはじめにぎっくり腰とはどういうものかということですが、これは重たいものを上げ下ろしするような荷物運びや介護などの体力仕事や、一日中座り続けるデスクワーク、スポーツではスイング動作によって腰に負担をかけてしまうゴルファーなどに好発する腰部の突発的な痛みであり、通称で「魔女の一撃」とも呼ばれています。あまりの痛みにまったく身動きが取れなくなってしまうので、救急車で緊急搬送される方もいるほどです。

メニューに戻る

意外な事実:月曜に病院に駆け込まれるぎっくり腰患者が多い。土日が休みだからではない。ほとんどが金曜日にぎっくり腰に陥っている。

そんなぎっくり腰ですが、典型的に月曜日にこれで病院に駆け込まれる患者が急増していると様々な医療機関で言われております。これには1つの理由として、土日が病院などがお休みだからその分の患者様が月曜日に駆け込まれるという側面がありますが、どうやらそんな簡単なお話ではないのです。

ほとんどの方にお話を伺うと「3日前に腰が痛くなりました。」と金曜日にぎっくり腰に襲われたことを証言しているのです。そして土日を挟んで月曜に来院されるわけです。これには患者様の行動心理と社会的な背景など様々なことが挙げることができます。

メニューに戻る

患者の実態:運動不足や体のケアが不足していることが分かっていながら自覚症状が出るまで放置し、症状が出てようやく横に寝て過ごす。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を負傷してしまう患者様の多くが日頃から運動不足を自覚されていたり、体がとても固いことを分かっていながらストレッチや体操をしなかったり、仕事が忙しくてまったく暇がなかったということで一切のボディーケアを受けることはありません。もし、日頃から体を労わっていれば、激痛で動けなくなるどころか、毎回受ける整体はとても心地よい安らぎの時間となるはずでしょう。ところが、どうしてもお仕事のスケジュールが急がしいということで多くの方が体のメンテナンスは自覚症状が出るまで放置していることがほとんどなのです。

そして、自覚症状が出たらどうするのか?そのときには休日である土日にひたすら横に寝てテレビなどをご覧になられて痛みが治まるまでやり過ごそうとなされるのです。

疲労がもっとも蓄積している金曜日に多くの方が受傷するのですが、すぐその日の内に通院に踏み切ろうとしません。なぜならば、多くの方が痛みを和らげる方法として、寝て治せばお金も手間も掛からず最も手軽な方法だという誤解を抱いているからです。

メニューに戻る

ケア不足が招く結果:季節の厳しさや家族行事で疲労がたまると寝ても回復できない。メンテナンス頻度と反比例してぎっくり腰の発生率は上昇

これで大抵の腰痛は改善されます。しかし、寒冷や猛暑などの季節的な要因や、忘年会・新年会等の家族行事など、疲労が度重なる要因が集中しすぎることによって寝るだけでは疲労は除去できなくなってしまいます。

こういった要因が背景となることで、腰部に急激な伸展力や回転力が加わったときに腰部の筋が引きつるようにして激痛を発してしまうのがぎっくり腰なのです。メンテナンスの頻度が減少するほどに、それに反比例してぎっくり腰は必然的に発生率が上昇して行き、結果として週末に当然のようにそれが生じてしまうわけです。

メニューに戻る

その他の要因:通勤の立ち姿勢で腰が疲労し後方に大きく反る。反るとそれ以上腰骨がたわまない。腰の筋肉の負担が増える。

そのなかでも特にベッドタウンとして発展をとげてきた北参道の場合は、平均通勤時間が片道で45分という通勤の際の長時間の立ち続ける姿勢によって段々と脊柱起立筋と言われる腰部の背面の筋に疲労を呈してしまい、それによって、背骨が後方に大きく反り返ってしまい、おへそを突き出すような日常姿勢へと体型が変形してしまう所見のぎっくり腰が多いのです。

このような姿勢(反り腰姿勢)になると、おへそを前方につきだして背骨が強く彎曲しきっているために、腰部の背骨の配列は後方には動けますが、それ以上は前方にたわむことはできません。従って僅かな体幹伸展(腰をそらす動作)を加えるような椅子から立ち上がるときや、荷物を持ち上げたり、腰を落とすような背筋を反らす動作によって腰部周辺の筋が引きつってしまったり組織損傷を来たしたりするのです。

メニューに戻る

寝て過ごす影響:歪んだ体を矯正せずに保存療法を行うと良い状態も悪い状態も保存されてしまう。腰の反っている状態が保存されて癒着する。

寝ている姿勢は、安静な状態で患部を良好に保とうとします。こういった状態を維持させようという療法のことを保存療法と呼ぶわけです。たしかに多くの方が抱くとおりでこの方法は、まったくお金が掛かりませんし、手間も必要とはしません。寝ているだけでよいのです。患部の状態が良好でさえあれば保存することで次第に疼痛は消えてなくなることでしょう。

しかし、保存とは良い部分と悪い部分の表裏一体となった方法なのです。良く言えば『保存』ですが、悪く言えば『放置』でもあるのです。きちんとメンテナンスの行き届いた快適な状態を保存するのでしたら、より快適な腰部となることでしょう。

しかし、日頃からお手入れをせず、完全に反り返っている悪い状態を保存してしまえば、たったの3日間のうちに腰部の軟部組織が癒着を生じてしまい、なかなかその状態から自然には戻りきれなくなってしまうのです。

メニューに戻る

改善策:保存療法の前に、整体矯正により生理的彎曲へ修復する必要がある。

※スポンサーCM

保存は必須です。しかし、あくまでも患部の状態を最も良い状態へと復元させたものを保存せねば、反り腰が癒着してもとに戻らなくなり何度もぎっくり腰を繰り返してしまいます。だから、整体で体を復元してから眠って休むことがベストな選択と言えるでしょう。では、どのようになっている状態が最適なのか?

その状態を示すのが生理的な彎曲です。自分自身が健康な状態のときの腰部の反り具合のことを『生理的彎曲』と呼ぶとするならばこの状態へと戻して行かねばなりません。生理的な状態のものを保存するからこそ、その状態が自然な状態へと定着化して行くのです。

メニューに戻る

月曜日受診の悲劇:病院は高齢者に埋め尽くされる。予約の空いてる治療院を仕方なく選ぶ結果となる。

確かに土日に営業している治療院は少ないでしょう。でも、この3日間の内にしっかりとした治療を受けずに月曜日まで放置してしまうと、月曜日はおじいさんやおばあさんのような慢性的な持病をお持ちの高齢者によって病院も整形外科も整骨院も独占状態となってしまうのです。本当は月曜日の午前中の内に治療を受けて午後から仕事に復帰したいのにそれもかなわず結果的には予約の空いているお店の中から治療院を選ばなくてはならなくなってしまいます。すると治療費もサービスも診療内容も劣化したものであったとしても我慢せねばならなくなってしまうのです。

メニューに戻る

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開