荘A[NX̉@

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

結論:重力を負荷抵抗に用いているから。ゴムを抵抗に用いれば前傾せず済む

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

ローイングとは、筋トレの
メニューの一つです。

床に置かれた
バーベルやダンベルを、
手で持ち上げて、
脇腹まで引き寄せる
エクササイズのことを
言います。

図はダンベルローイングです。
ワンハンドローイングとも
呼びます。

ワンハンドローイングは、
ベンチに片足をのせて、
片手をベンチにあてがい、
体を安定させながら
取り組めます。

余計な力を使わない
ため、その分だけ背中の
筋肉を追い込んで鍛える
ことができます。

これに対して両手で
バーベルを持ち上げる
バーベルローイング
があります。

今回のご質問者様は
どうやら、
バーベルローイングを
されているようです。

今回のご相談は、
このバーベルローイングを
実施中に腰が痛くなって
しまうお悩みです。


実際には痛くなって
いなくても、
もともと腰痛持ち
のため、上半身を
前傾させる姿勢は
どうなのか?

不安をお持ちです。


ご質問者様が、
前傾姿勢を懸念されて
いるのには理由が
あります。

それは前傾が腰の
負担となるからです


腰痛治療では、
ナッケムソンという
科学者が腰の負担について
ある研究をしています。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

それは、上半身の前傾
角度が深くなるほど
腰の負担が高まる
というもの

ナッケムソン氏によると
まっすぐに立っている
状態の腰の負担を
100とすると、


上半身を前傾させて
荷物を持つと、
瞬間的に220にも
負担が増大すると
されています。


ローイングでは
上半身を前傾させて
バーベルを持ち上げます。

でも、
上半身を鍛えるために
どうしてもローイングが
したいです。

そもそも、なぜローイングは
上半身を前傾させないと
いけないのか?

バーベルを使う
から

なぜ、上半身を
前傾させないとローイングが
できないのかというと、

それは
負荷にフリーウェイトの
バーベル
を用いている
からです。

バーベルなどの重量物を
持ち上げるトレーニング
には特徴があります。

それは、垂直に荷物を
持ち上げる場面でしか
抵抗が生じないことです。


例えば図のように
バーベルが床に置かれて
いたとします。

バーベルには重力が
加わります。

重量が重たいほど、
重力の影響が大きい
です。

重力は
上から下に向かって
垂直に働きます。

なので、バーベルを
真上に赤い矢印の
方向に向かって
持ち上げると
最も抵抗が大きいです。

ところが水平に青い矢印の
方向に向かって動かすと、
一見派手に動いている
ように見えても、
ほとんど力を
使っていません。

日常で荷物を持ち上げたり、
ものを動かす場面では、
水平に動かしても問題
ありません。

でも筋肉を鍛錬する
ためにはあえて抵抗の
大きな垂直へと持ち上げる
必要があります。

本来はローイングも
ベンチに寝そべって行う
とさらに背中の抵抗を
増やすことができます。


ローイングでは広背筋
という筋肉を鍛えます。

この広背筋が肩甲骨や、
腕の骨を背中に
引き寄せます。

この引き寄せる動作で
バーベルを持ち上げます。

広背筋は背中にあるため、
上半身を前傾させないと
位置的に働かせ
られません。

広背筋は背中に
ある筋肉のため、

物体を胴体に向かって
手前に引き寄せるのには
効果的に働いてくれます。

でも真上に
持ち上げるのには
向きません

上半身を垂直に起こして、
真上に引っ張り上げる
のは、筋肉の位置的な
都合上どうしても力が
入りません。

真上に持ち上げる
トレーニングもありますが、
それはローイングとは
まったく異なる首周りの
筋肉を使います。

上半身を垂直にして
バーベルを真上に持ち上げる
トレーニングは
シュラッグと呼ばれます。

シュラッグでは肩や首元の
筋肉が主に使われます。
鍛えると首が太くなります。

ところが、このトレーニング
では背中の広背筋を
鍛えられません。

広背筋を鍛えたいから、
広背筋にダイレクトに
負担が加わるように
垂直に抵抗が加わえて
上半身を前傾させる
わけですね。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

ゴムバンドなら
前傾せず済む。

どうしてもローイングで
前傾するのが
気になる方は、
ワンハンドローイングで
ダンベルを使うのも
よいです。

片手を開けて、上半身の
支えに使えば、腰の負担は
減ります。

でもワンハンドだと
トレーニング量が
倍増します。

やはり両手で1回の
手間でトレーニングを
済ませたいでしょう。

このときにおすすめする
のは、バーベルやダンベル
でなくゴムを負荷抵抗に
用いる
ことです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チューブスリマー
価格:1360円(税込、送料別) (2018/7/20時点)


ゴムを抵抗に用いた
チューブスリマーでしたら、
腰の悪い方でも、
前傾にならずに
ローイングで広背筋を
鍛えられます。

前かがみになると
どうしても腰を痛めます。

腰を垂直に保ったまま
広背筋が鍛えられますので
腰痛持ちの方では、
相性の合う方も大勢
おられることでしょう。

広背筋が鍛えられれば
見違えるように腰も
丈夫になるでしょう。

筋肉の鍛錬は数か月は
掛かります。

毎日のエクササイズでは、
少しでも腰の不安なく
取り組めるように
したいものです。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書