荘A[NX̉@

登山で同行者がぎっくり腰になった

登山

結論:日ごろから安否確認を取りあうこと。

※スポンサーCM

表に出ない事件は多数あるはず

今回は、ヤフー知恵袋で変わった質問内容を発見しましたよ。登山をしているときに同行者がぎっくり腰になったときにはどうしたら良いのかということです。

考えてみると、ぎっくり腰は多くの場合が
「寝ていればそのうちに治る」

などと言います。しかし、表向きのことです。寝ていて治る方もいれば、寝ていてもなかなか治らなくて、そのうちに行倒れて死んでしまうケースもあるかもしれません。

例えば冬場に屋外でぎっくり腰になれば、助けがなければ死んでしまいます。


国によっては、ワニやハイエナ、オオカミなどの危険生物に襲われることもあるかもしれません。若い女性であれば、暴漢から危険な目に合うかもしれません。

正確な記録はないでしょうけど、実際には世界中のどこかで、ぎっくり腰によって動けなくなり、結果的に亡くなられている方が今日、いまもいるはずです。僕自身はぎっくり腰の患者の家に出張整体をしたときに死にかかったエピソードを耳にしたことが何度もあります。

普通なら、ぎっくり腰になったときには治療院を検索したり、応急処置の方法を検索したりするものです。ところが、「水を得る方法」、「尿を飲んでも平気か?」「11月 凍死」など、生死に直結したサバイバルテクニックを検索している方も一部にはいます。

では、今回は登山中に同行者がぎっくり腰になったとし、どうしたら良いのかについて考察をしてみましょう。登山ですから大前提として、その場では携帯電話などの通信機器が使えないものだと仮定します。まあ、最近では大部分の田舎でネットが使えると言いますけどね。

※スポンサーCM

救助の要請

まず、一番に行っていただきたいことは、救助の要請です。例えば山小屋に無線機があるなら、そこまで移動して連絡をしてみてください。場所によっては患者はその場に残し、下山してから救助を要請することもあるでしょう。

また、下山に何日も要したり、救助の要請に時間が掛かりすぎてしまうこともあります。ずっと一人にしておくのは危険な場合もあるでしょう。その場合は患者をその場に残すことと、その場に滞在して、ぎっくり腰が自然治癒するまで待つのとどちらが危険性が高いかを判断してください。

自然治癒の状況

また、下山するまでの回復は難しくとも、テントなどの待機場所で、何とか水を飲んだり、食事をしたり、身の回りの最低限のことができるまで回復したなら、同行者だけ下山して改めて救助を呼ぶことも可能でしょう。

山での完治や、登山の再開はあきらめた方が良いです。

平均的なぎっくり腰

何も治療を受けない前提であるなら、ぎっくり腰の多くは発生から3日~1週間で痛みのピークを迎えます。ピークを過ぎるとその後は徐々に痛みが軽減します。2週間ぐらいで日常に復帰できるケースが多いです。

概ね1か月すると60%のものは症状が軽減をすると腰痛診療ガイドラインでも記されます。1か月分の食料や水を持参して移動することは通常ではありえません。せいぜい多くても3日から1週間ぐらいではないでしょうか?

仮に自力下山を目指すのでしたら、動けるようになるのは2週間ですから、2週間の滞在になります。不足分の食料はどうするか?現地の自然の動植物で調達可能なのか?こういった判断が必要になるでしょう。

ちなみに余談ですけど、スダジイのドングリは焼かずに食べられるそうです。
スダジイのドングリ
ちっちゃい実がスダジイのドングリのようです。(内容の正確性は保証できません。)下手にキノコ類を食べると、幻覚をみたり、食中毒になります。かといって葉物を食べるのも下痢を起こしたりします。ドングリ系は、生で食べれるものや、焼けばなんとか食べれるもの、その場で苦くて「ペッ」と吐き出せば済むものなど比較的にリスクが少なく食べられるのではないでしょうか。僕もドングリを焼いて食べてみたことがあります。美味くはありません。腰の痛みが治まるまでの数日間を耐えしのぐ食べ物です。代々木公園に行くと大量に落ちていますよ。

日ごろから食べれる植物に関心を持っていただくと、いざという場面でのサバイバルに役立ちそうです。

凍死

山でぎっくり腰になって、一番身近な死のリスクは凍死です。

目安として気温が26度を下回ったときに、軽装で屋外で寝ると、凍死する危険があると、テレビなどでは言います。

ぎっくり腰で仮に山で倒れたときには、凍死しないようにシュラフで体温を保温したり、テントで過ごしましょう。風にさらされる場所にいると、体温を奪われてしまいます。空気の流れのある場所で過ごすのは危険です。洞穴だったり茂みだったり、風にさらされない場所にいることが適切でしょう。

また、地面から体温を奪われることもあります。落ち葉を集めてその上に寝そべると体温を保てるのではないでしょうか?

十分な安静は取れません。少々の痛みなら、我慢してでも下山した方が賢明でしょう。

脱水症状

他には命の危険があるのは脱水症状でしょう。ただし、登山ですから、多少の水を携行しています。まったく周囲に水場がない場所へ行くこともありえないことです。2名以上いる今回の状況ではそこまで深く考える余地はなさそうです。

体勢

ぎっくり腰では患者の体勢が腰の痛みに大きく影響します。例えばお辞儀して、上半身を前に倒したとします。

このときに、古典的なぎっくり腰ならば、腰の痛みは最大になります。座ったり、寝ていたり、立っているときの痛みはさほど出なくとも、姿勢を変えるときに痛みが強くなることが多いです。

なので、立っていれば歩けるのだけど、いったん寝ると、そこから動けなくなることもあります。例えば富士山ぐらいの山ならば、我慢すればなんとか降りられるかもしれません。ところが、周囲の方が患者を案じて
「もういいから、休め!休め!」
と下手に横にしてしまうと、返ってそこから動けなくなってしまうこともあります。なので、山の大きさなど、登山の規模によっては我慢して降りられるなら折り切った方が良いこともあるでしょう。

※スポンサーCM

ヘリコプター

ちなみに余談ですけど、ヘリコプターをチャーターして救助を依頼した場合は、登山保険などに加入していないと、相当なお金が掛かるようです。

ヘリコプターは、救助された方が掛かった費用を支払います。これが耳にした感じだと1回の出動で100万円ぐらい掛かるようです。命に係わる場面なら仕方がありませんが、数日耐えれば自力下山できるなら、そう簡単には利用できません。

腰の不安があるなら

どうでしょうか?上記にお話しした内容はあくまでも仮定です。しかし、救助の不安があったり、様々な気苦労が伴うはずです。また、レスキュー隊の方々も大変な思いをします。

登山中にぎっくり腰になってしまうのは仕方がありません。人生をより楽しむためですから、少々の危険は伴います。しかし、もともと腰に不安がある方が、危険をかえりみずに登山をするのは賢い判断ではありません。

体調に不安がある方は登山をするのは止めておくべきでしょう。

安否確認

こういった未知なる危険を考えたときに、大事になるのは日ごろからの安否確認ですよね。仲間や家族、親しい人と安否確認を取り合っていれば、仮に山でぎっくり腰になっても早期に発見して救助してもらえます。ぎっくり腰で動けなくなったとしても安否連絡がなければすぐに異常事態に気が付いてもらえます。

むしろ、そもそもの危険性を考えていただくと、山でぎっくり腰になるよりも、自宅でぎっくり腰になった方が危険です。セキュリティーの強化されたマンションででは、周囲の方が救助に行くこともできません。ぎっくり腰になったことも気が付いてもらえません。

ぎっくり腰ではその場から一歩も動けなくなるものも珍しくはないのです。携帯電話や通信機器のある場所へと自力で移動することはできません。

オートロックのマンションでは誰かが訪ねてくることもないでしょう。

山は、登山者が偶然通りかかることはあっても、オートロックの自宅には偶然がありません。一人暮らしなら、自分で何とかしないと、助かりようがありません。だからこそ、日ごろから安否確認が大切になります。安否確認が取れないときには救助の必要があるはずです。そして、出来るだけ単独行動を避けることが重要ですよね。

安否確認に関しては、登山でしたら最低でも下山予定日に1回はするべきでしょう。日ごろのぎっくり腰のリスクでも1日1回取り合えば万全す。ご高齢者の安否確認でしたら朝晩と1日2回連絡を取り合うとよいと思います。

ちなみに、スマートフォンのアプリケーションでも安否確認のソフトがあります。そういったものを使っていただくと、身寄りがいなくても安全を確保できます。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

バレーのスパイクで腰が痛いのはぎっくり腰か?

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

ぎっくり腰の続発症について

ぎっくり腰にはじめてなった人の陥る傾向

神経痛による痛み方の特徴

ぎっくり腰で病院に行くと何をしてもらえますか?

ぎっくり腰になっても労災にならない会社はどう?

ぎっくり腰の退職の仕方

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書