ぎっくり腰専門ユークル整体院

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

ぎっくり腰中の出産はどうしたらいいか?

※スポンサーCM

最悪は「無痛分娩」と言って「ガス麻酔」で眠りながら出産する場合があります。
吸入麻酔を受ける妊婦
この場合は、帝王切開になるかもしれません。ただし、麻酔で眠るのは、本来ならば避けることです。お医者さんはやりたがらないでしょう。麻酔科のお医者さんと綿密なやり取りが必要になるでしょうし、入院も必要ですし、そもそも出産は健康な女性に起こる出来事です。それを人為的に麻酔を使ってまで痛みを回避するのは良くないことだと思います。

妊娠中にぎっくり腰にならない女性はいない

僕は男なので一生経験することがありませんが、おそらく子を産んだ経験のある女性で腰を痛めない人は皆無だと思います。
妊娠中で腰が痛い女性
多かれ少なかれ、妊娠中にはぎっくり腰を経験するはずです。妊娠や出産をきっかけに腰痛持ちになる方も珍しくはないと思います。

だから、もしも貴方がお医者さんに痛みを訴えたとしましょう。
例えば、
「もう痛いから産みたくないです!」
とか、
「ぎっくり腰を何とかしてください」
と弱音を吐こうものなら、普通のお医者さんは、
「何を甘えたことを言うの!」
「子供が産まれたらもっと大変なのよ!」
妊婦を叱るナース

などと説き伏せるはずです。

無痛分娩という選択肢を選ばす医者はいません。看護師さんも助産師さんも、みんな妊婦がぎっくり腰になるのは普通の出来事だと考えているはずです。

ある意味では、こういったときに切り札として使うのが精神論なのだと思います。
例えば、
「産みの苦しみは、お母さんの一番最初の大仕事だ!」
と、僕が産婦人科の先生だったら、説き伏せるはずです。そして、多くの女性は観念して産みます。

やはり、我慢するしかないのが現状でしょう。ただし、異常分娩の可能性があるため、産婦人科の先生には十分に相談はしてください。

一番の原因

きっと、あなたがぎっくり腰の苦しみを訴えるのは、出産のせいでもなく、ぎっくり腰のせいでもなく、ただ単純に「産みたくない
のだと思います。複雑な心境がありますよね。

例えば、以下のような思いがあるのでしょう。

妊娠を後悔する女性
いまさら、
「産みたくない」
とは口にできません。だからあなたは、ぎっくり腰の痛みを口にするのだと思います。こういった現象を心理学では「疾病逃避」と言います。

これからの子育ての苦労や、母としての責任が不安として、圧し掛かっています。貴方の周囲の友達でも、子供の夜泣きによって一睡もできない女性を何人もみてきたはずです。
「自分もそうなってしまうのだろう」
そういった不安に押しつぶされそうな日々を過ごしているのでしょう。

※スポンサーCM

出産に対する想い

出産中のぎっくり腰はつらいでしょう。この辛さは「出産に対する想い」が関わるのだと思います。
ある人は、「子供が欲しい」と願うでしょう。
お腹の赤ちゃん

今までパートナーから大切にされ、その義務感から産もうと決心することもあるかもしれません。

本当は望んでいないけど、「仕方なく産む」決断を選んだ方もいるでしょう。
また、年齢的に「最後のチャンスだ」と思って決断した方もいるはずです。出産に至る経緯はさまざまです。いつのまにか妊娠し、否応なく産む選択になった方は、ぎっくり腰の苦しみも大きいのだと思います。

子育て

僕は小さいころ母から「溺愛」されていました。小学校に入るまで毎日のようにキスをされました。
子育てをする母

毎日キスをされ、顔中が唾液で酸っぱい匂いがした記憶があります。ときに鬱陶しく思えることもありましたけど母の愛情を感じないことは一度もありませんでした。今思い返してみると、どうして母は苦労ばかりなのに愛情を向けてくれるのか?考えても妥当な答えは見つかりません。計算や理性では図れないものがあるのでしょう。

ひょっとすると、母は単純に動物として「母性本能」に突き動かされていただけなのかもしれません。自分よりも弱い存在を守ることで、そこに母の役割を感じていたのかもしれません。

結果的に、望んで産む人もいれば、望まずに産む人もいるでしょう。仮に望んでいなかったとしても、何か満たされるものがあるはずです。苦労だけの子育てには決してならない。僕はそう信じています。

※スポンサーCM

女性と腰痛

結論:痩せすぎて体力不足で腰痛を起こす。しかし、自分では「太っている」と考えている。

どうして男は重たいものを持てるのですか?

女性の腰痛の原因

膀胱炎と腰痛

妊娠

結論:妊娠中の腰痛は避けられない。妊婦帯で紛らわす

妊娠中のぎっくり腰対策は?

妊婦はどの体勢で寝るのがいいのか?

不妊の恐怖について

妊娠中の火照りで眠れず

ぎっくり腰中の出産はどうしたら良いのか?

産後腰痛

ぎっくり腰だけど骨盤矯正が受けられない

ぎっくり腰と出産

赤ちゃん・胎児・乳児

結論:生後1歳までは短時間睡眠を繰り返す。夜鳴きは避けられない。育児休暇を上手く利用する。

子育てと仕事でぎっくり腰になった

子育ての苦労からのぎっくり腰

ぎっくり腰と新生児の睡眠リズム

抱っこ腰痛

結論:抱っこは3歳児まで。

生後数ヶ月の赤ちゃんを抱っこしてぎっくり腰になった

3歳の子供を抱っこしたらぎっくり腰になった

抱っこの年齢

腰を痛めずに子供を自転車・ママチャリ・ベビーカーに乗せる方法

腰痛と肥満

相撲取りに腰痛が少ない理由

肥満体型のぎっくり腰は椎間関節腰痛が多い

肥満のぎっくり腰は生活の無理を見直す

肥満体型の二つの腰痛タイプ

その他体型

背の低い人の腰痛

痩せていてもぎっくり腰になるのか?

身長が高い人は腰を屈め、ぎっくり腰になりやすい

ぎっくり腰心理学

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性のぎっくり腰の特徴

ぎっくり腰と心身

ぎっくり腰と心理・社会的要因

ぎっくり腰は、他人事ではない

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

ぎっくり腰と思考パターン

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

その他原因

股関節アライメントとぎっくり腰

ぎっくり腰は下半身のアンバランスによって起こる

19歳、突然腰が痛くなったが癌か?

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

原因不明

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

何もしていないのに腰が痛い

ぎっくり腰がスポーツ選手にも起こる理由

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開