荘A[NX̉@

坐骨神経痛 Vアップシェイパー

坐骨神経痛は反り腰が原因となることが多く、腰が反ることで腰椎椎間板ヘルニアを起こしたり、体の軸の歪みによって中殿筋が姿勢を保持するのに酷使されたりしてお尻に激痛をもたらす。反り腰の矯正をし、姿勢をまっすぐに保つのがヒロミさんプロデュースのVアップシェイパー、Vアップシェイパーは腰痛バンドのように常用することで筋力を落とすことなく、筋力強化にアプローチすることができる。腹筋の共同運動によるお腹の膨らむ動作に抵抗を加えて腹筋強化に貢献、中殿筋の損傷リスクのある坐骨神経痛患者の腹筋エクササイズに最適である。オススメするのは地道に一歩一歩確実に緩快を望まれる方。

※スポンサーCM

Vアップシェイパー

坐骨神経痛は反り腰を持つことで発生する。

お尻がズキズキ痛い!椅子に腰掛けると痛い!立ち上がると痛い!寝返りを打てない!

両手で両のお尻のホッペをバンバンと叩いて過ごしているがどうにもお尻が辛い!

こういった坐骨神経痛の苦しみですが、実は姿勢の歪みが原因であることを皆様はご存知でしたでしょうか?

坐骨神経痛の患者様に大きく関係しているのは一般的には反り腰の姿勢であると言われております。

反り腰とは骨格図で言う所以下のような図になります。

反り腰大きく腰を反らしている図です。骨盤が大きく前傾し、頚椎もストレートになっております。

※スポンサーCM

腰が大きく反ると椎間板ヘルニアを来たす。

この反り腰がどのような支障を来たすのかと申しますと腰痛疾患の代表である腰椎椎間板ヘルニアの原因となってしまうのです。

反り腰の腰椎負担腰椎の隙間に存在する椎間板が潰れて飛び出している図。飛び出した突起が後方の神経線維に触れております。人によっては電撃が痺れるような腰痛を引き起こすこともありますし、神経の触り方によっては皆様のようなお尻の神経を障害してしまうことがあります。

椎間板ヘルニアが坐骨神経を障害して、お尻の痛みである坐骨神経痛を発する。

坐骨神経お尻の神経に分布している坐骨神経の支配エリアの図。

坐骨神経の障害坐骨神経の支配エリアが障害されるとお尻から太ももに掛けて広範囲に痛みが現れることもありますし、腰椎椎間板ヘルニアによって腰周りに痛みが現れることもあります。おそらく皆様の場合ですと腰椎よりもお尻の方が症状が強く現れるのではないかと思います。

反り腰は体の軸の歪みによって重心変位を来たす。

反り腰姿勢は腰椎椎間板ヘルニアの受傷原因の代表的な姿勢変形であると伴に、体の軸のゆがみによる重心の変位をも、もたらします。

重心が後方へと変位することで、体が常に後方にひっくり返ってしまうような力が加わってしまうのです。丁度ランドセルを背負った小学生のように後ろに転び易い重心変位の状態を示すのです。

後方に傾いた体を支えるために働くのが中殿筋

この後方に傾いた体の姿勢を支えるために必要になるのが中殿筋の存在です。

反り腰中殿筋中殿筋が後方に傾こうとする胴体をしっかりと支え、つっかえ棒のように働きますので次第にお尻の筋肉が疲れ、お尻に発痛物質が作り出され、お尻がパンパンに張ってきて激痛を発してしまうのです。

体の軸がまっすぐであれば中殿筋に負担は掛からず。

もしも体の軸がまっすぐであったならば皆様のお尻は痛くなるようなことは絶対にありません。以下の図を参考になさってください。

※スポンサーCM

つっかえ棒による保持

もしも、左図のように体の軸がまっすぐであり、1本の棒のように固定して定まっていたら、重たい頭が軸の上に乗っていてもどこにも負担が加わらずにまっすぐの状態を保つことができます。体は痛くなることは有りません。

ところが右の図のように反り腰を持ってしまうことで背骨の歪みが大きくなってしまいますと、後方にバランスを失い、倒れてきます。倒れるのを防止するために先ほどの中殿筋がつっかえ棒のように働きますので、お尻が痛くなるわけです。

反り腰を矯正し、まっすぐの姿勢を保つのがVアップシェイパー

Vアップシェイパー

では、どうやって反り腰を改善すべきなのか?ここでご提案させていただくのが今回ご紹介させていただくVアップシェイパーなのです。タレントのヒロミさんがプロデュースしている有名な商品でもあります。レビューなどを拝見していただいても良くお分かりいただけると思いますが、多くの方がこれを着用されることで姿勢が矯正されたとお喜びになられていることからも反り腰などの姿勢矯正が期待できるのです。反り腰が改善されれば腰椎の椎間板に加わる負担もスッキリするはずですし、体の軸が強化され、安定化されますので、お尻のホッペにある中殿筋の負担も軽減され、結果的に坐骨神経痛の緩快にもつながることでしょう。

腰痛コルセットとの違いVアップシェイパーは筋力にアプローチ可能である

もし姿勢を補正するだけなら、Vアップシェイパーでなくとも一般的に市販されている腰痛バンド(腰痛コルセット)などでも代わりは効くと言えます。

むしろ、腰痛コルセットの方が強力な素材を使用しておりますので高い固定性で腰部を補強し、反り腰を矯正することができます。

ところが両者の一番の違いは何なのかというとVアップシェイパーだけが唯一腹筋の強化に働き、筋力にアプローチが可能になるということなのです。

腰痛バンドは酷使した筋肉を休ませることが目的である。常用すると筋力が衰える。

Vアップシェイパーは筋力にアプローチすることができます。これに対して腰痛バンドとは仕事などで酷使した腰部の疲労を回復させるために休ませることが目的となります。したがって常に腰部に腰痛バンドを装着し続けた場合には腹筋が怠けてしまい常用することで筋力の衰えにつながってしまいます。これでは坐骨神経痛や反り腰の患者様にはマイナスに働いてしまうことでしょう。

Vアップシェイパーが筋力にアプローチする仕組みを実験しよう。

それでは次にVアップシェイパーが筋力を強化する仕組みについて触れて行きましょう。皆様はお友達やご家族の方と二人組みになってください。

それでは、ペアのうち腰痛や坐骨神経痛などの腰の持病をお持ちで無い方が床に置かれたお米を両手で掴みます。

腹筋テスト

このときにもう一人の方は持ち上げる方のお腹を両サイドから手で挟みこむようにして触ります。触ったときにはお腹が若干緩んでいることを確認できるはずです。

持ち上げてからお腹の硬さチェック

次に両手に持ったお米を膝を伸ばしながら持ち上げます。(この実験はあくまで実験ですから絶対に無理をせず、痛みが出るようでしたら直ちに実施を中断してください。また、勢い任せで持ち上げたりすると思わぬ事故の原因となりますので細心の注意をはらい、ゆっくりと動作を実施し、違和感を感じたときに直ちに中断できるようにしましょう。お願いですから実験で怪我をするのは辞めてください!)

持ち上げるときにお腹が膨らむことが分かる。

お米袋を持ち上げる前はお腹が若干緩んでおり、ペタンとした感じだと思いますが、持ち上げようとした瞬間にお腹がカチカチになり若干お腹が膨らむことがお分かりいただけることでしょう。これが腹直筋や腹斜筋という筋肉が共同して働いているからなのです。

腹直筋左右の腹斜筋が共同して働くとお腹が膨らみます。

つまり、ここで何が言いたいのかと申しますと、腹筋が緊張するとお腹が膨らむということなのです。皆様の中には『腹筋が緊張するとお腹がへこむのでは?』と疑問に思われた方も居ると思いますが、プールなどに出かけたときに皆様がお腹をへこませるときに使う筋肉とは少し異なる筋肉の使い方をしていると思っていただければと思います。ここではそこまでのご説明は割愛させていただきたいと思います。

腹筋を圧迫することで、膨らむ動作に抵抗を加え筋力にアプローチするのがVアップシェイパー

ではVアップシェイパーはどのように筋力にアプローチするのか?それがお腹の腹筋に圧迫を加えることによって、腹筋の膨らむ運動に抵抗を与えることなのです。筋力トレーニングの理論で筋肉に抵抗を与えることでその抵抗が筋力強化に導く刺激となるのです。

坐骨神経痛患者は通常の腹筋運動は地獄の悶絶を味わうだろう。

特に坐骨神経痛をお持ちになられている方などは下図のような上体起し動作による腹筋運動をしますと、緊張した中殿筋が無理やり引き伸ばされてしまい地獄の悶絶を味わうことになりますので注意が必要です。

上体起し

話題の腹筋マシンのWで中殿筋を損傷する患者が続出

近年TVのCMで人気の腹筋運動マシンの仮名Wなど坐骨神経痛の患者様がそういった事情を知らずに運動を始められてしまい多くの方が中殿筋を損傷し、激痛に悶える事態に陥ってもいるぐらいですから皆様には絶対にそういった危険な方法で腹筋を鍛えていただきたくはありません

坐骨神経痛患者には優しい腹筋エクササイズで習慣的に取り組むことが大切。

ということで、坐骨神経痛患者様は決して筋トレやマシンなどで腹筋を鍛えようとされるのではなくこういった日常生活の中で優しく取り組むことが可能なエクササイズをお選びいただければと思います。習慣的に取り組んでいただければ、きっと体の軸が常にまっすぐに矯正されて椎間板ストレスが軽減されたり、中殿筋の負担が解消されて痛みが緩快されることでしょう。

こんな方にオススメ!①地道に確実に取り組んで行きたいという方!

では、今回のアイテムなのですが、こんな方に特にオススメしたいという方がおります。まずは直ぐに結果を出したいという方には今回のアイテムはオススメ致しません。筋力トレーニングの理論で少しずつ腹筋を強化して行きますので変化がある程度実感できるまでは数ヶ月は掛かる可能性があります。また、多少の個人差もあるはずです。気長に地道に、一歩一歩確実に進んで行きたいという方にこれを強くオススメしたいですね。もしも、どうしても『今すぐ!』という方は整体をご利用し、当院を受診してみることも一つの選択です。

どうしても今すぐに治したいならば手術しかあらず。

また、数回のプログラムメニューで数百万円するようなキャビテーションなどをしてくれるエステメニューも良いですし、大学病院などで、歪んだ背骨に鉄骨を移植して骨を補強するような手術をお求めになることをご提案したいと思います。要するにはお金(エステ系)・苦痛(手術)・時間(Vアップ)のどれかを選択しなければ根本的な部分に到達することは難しいと言えるのです。手間も時間もお金も掛からないのでしたら誰も病気などになるはずがありません。

オススメする人②忙しくて時間が無い

毎日仕事や家事などに追いかけられており、忙しくて中々トレーニングなどに時間を割くことが出来ぬ方にもこれをオススメしたいですね。『今日は仕事が忙しくて・・・』、『今日は小学校の参観日だったから・・・』などという感じで忙しくて中々お時間が取れぬ方でも着用するだけで筋力にアプローチできるのですからこれならばそういったお忙しい方でも絶対に取り組むことができるはずです。

杉並区50代女性

これまで運動が嫌いで、病院では腹筋などをすると良いと言われていたのですが、まったく出来た試がありませんでした。そんな私でもこれならできると思いました。

中野区40代女性

2人目の子供を出産して数年経ってから少しずつ坐骨神経痛になってしまい、気がつけば毎日整骨院に通っておりました。中々治らず諦めておりましたが、これなら長く続けられそうです。

練馬区50代女性

ヒロミさんのプロデュースするベルトは美容だけなのかと思っておりましたが、姿勢がシャンとして正しいスタイルになった感じですね。長年の痛みが良くなってくれそうです。

文京区70代女性

女性専門の30分フィットネスに通って1年経ちますが、この痛みがずっと治りません。これを着用してからというものの前より痛みは和らいだ感じです。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書