坐骨神経痛 手術の失敗のリスク|フェイルドバックサージャリー症候群

坐骨神経痛で手術を受けることはそもそもそれほどの治療成績は得られないことがあり、成功してもほんの僅かな治療結果であることが多い。むしろ手術の全体の10%は失敗するものである。腰椎手術失敗による障害をフェイルドバックサージャリー症候群と呼ぶ。神経障害は神経促通を改善しても納得行く改善が得られなかったり、もしくは画像所見と実際の症状の原因を無理に結びつけて手術に踏み切ったりと無駄な手術をしていることが多い。早期から治療に真剣に向き合い、決して他人頼みにしないことが求められる。

※スポンサーCM

手術を受けるならば絶対に知っておくべきことは失敗するリスク

きっと皆様は坐骨神経痛を患った最初のころは
『ちょっと困るよね・・・』
ぐらいにしかこの病気のことをお考えにはなられなかったと思います。段々症状が酷くなってくるとイスから立ち上がるたびにお尻がズキンと痛くなったり、さらに酷くなると就寝中に寝返りを打ったりしてズキンと痛くなったり、

もっと酷くなると夜間痛と言って何もしていない寝ているだけの状態でもお尻が酷くズキズキしてしまって・・時々歩いているときにお尻の奥が焼け付くように熱くなったりと酷い症状にうなされることが多くなって整形外科の受診を繰り返すようになります。

もうとっくの昔からリハビリの必要性を指摘されているのですが、何をやっても長く続かず病魔の進行を許し続け・・・・結局皆様は現実を受け入れることができず何も行動を変えられず、今日まで現実逃避を続けてこられたのではないでしょうか?

知っておくべきこと・・・坐骨神経痛は死期を早める病気である。

※スポンサーCM

皆様はただ動くときに『お尻が痛くなる病気』であるとか、『外出が不自由になる』とか、イチイチ痛くなって煩わしいぐらいにしか思われておりません。しかし、知っておくべきことがあります。それは坐骨神経痛は明らかに死期を早める病気であるということです。この病気になることはゆくゆく様々な病気を引き起こしますので注意が必要となります。

多くの坐骨神経痛患者が癌で死ぬ。明らかに統計を上回る発生件数

今現在では日本人の死因の10%は何らかの癌によるものが多いです。ところが坐骨神経痛になりますとこの病気は運動器疾患(骨や筋肉、関節、神経など)にも関わらずなぜか癌の発生率の増加にもつながるのです。なぜならば運動器が病気に陥りますと正常な体の動きができなくなります。私達の内臓や血管、脳などは正常な体の運動に支えられている部分が多く、運動ができなくなることで内臓までもが衰えてやがて糖尿病などの内科疾患の引き金となり、それらが免疫力を奪って癌を引き起こすのです。お尻がいたいだけだと馬鹿にすることはできません。

症状が軽いうちなら何とかできます。絶対に諦めず前向きに治療を続け、現状の『なんとかなるだろう』という気持を切り替えて死が迫っているのだと真剣に治療に向き合う必要があります。そうしなければ確実に皆様のもとには死神が迫ってくるはずでしょう。

手術には失敗のリスクが10%ある。

ここで皆様にとって大切なことが10%です。これは手術の失敗のリスクです。手術とは誰にでも有効なものではありません。術前に手術によってどの程度の改善が得られるだろうか?手術に本当に体が耐えられるのだろうか?など医療チームにて検討はされるはずですが、全体の10%は手術を失敗しているという事実を皆様は知っておくべきです。

例えば腰部脊柱管狭窄症によって坐骨神経痛を引き起こしたケースでは手術を失敗し、再手術を繰り返すことで患部からバイキンが入ってしまい髄膜炎という命に関わる病気を引き起こしたケースも耳にします。髄膜炎は致死的なものであり、何らかの重篤な後遺症を残す可能性もあります。子供では20%もの死亡確率に及ぶといいます。

腰椎疾患の手術の失敗に起因するものをフェイルドバックサージャリー症候群と呼ぶ

そして、こと腰椎疾患の手術の失敗に起因する重篤な後遺症などのことをフェイルドバックサージャリー症候群と呼ぶのです。現代医学を持ってしても腰部手術の全体の10%は失敗しますので注意が必要です。

失敗する理由①患者側の納得行く結果を得ることが難しい。

ではなぜ失敗するのでしょうか?例えば神経の障害とは促通が障害されて痺れや感覚障害、筋力低下などが見られたときには速やかに対処せねば元通りにはもどりません。神経細胞とは永久細胞と呼ばれ、一旦死ぬと蘇ったり再生されたり、細胞分裂で新たなものが生まれ変わることはありません。脳や脊髄、末梢神経は神経細胞の塊ですが、一旦朽ちてしまえば現代医学を持ってしても蘇ることは絶対にありません。だから私たちには平等に天命が存在するわけです。

ですから、皆様が一旦障害があらわれてから手術を受けたとしても納得の行く結果を得ることが難しいのです。結果的には神経促通を改善し、手術そのものは成功しても、皆様が納得行く結果に至らないことで失敗したと感じることがあります。

②検査精度の問題、画像所見と実際の症状は一致しない。

次に上げられるのが検査精度の問題です。レントゲンやMRI画像の所見は実際の坐骨神経痛の症状とは一致しないことが余りにも多すぎます。例えば心臓が衰えており、坐骨神経に対して十分な血液を送れないようなケースでも坐骨神経痛は生じます。

これに対して画像所見とは健康な人にも異常所見を見ることがあります。まったく腰に痛みが無い方がレントゲンやMRI画像を撮影したとしましょう。するとその多くの方が脊柱管が狭まっていたり、背骨の隙間が狭まっていたりという異常所見を見るのです。

レントゲンなど使わなくても腰が明らかに曲がっていることが分かるおじいさんやおばあさんであっても必ずしも腰が痛くないケースもあると思いますが、それと同じです。画像所見と症状は一致しませんので別の原因で坐骨神経痛を引き起こしているにも関わらず、画像所見以外考えられるものがないからという理由だけで手術が行われていることがたびたびあります。

失敗するリスクの割りには成功したメリットが少ない

※スポンサーCM

したがって手術後にもともとの症状が改善されないばかりか、手術によって新たな体の不具合が生じてしまったりと、逆に受けたことがマイナスになってしまうことも決して珍しくないのです。

別のページでも申し上げましたが、坐骨神経痛とはそもそもの手術の治療成績はそれほど良いものではありません。受けた方にお話をお聞きしますと
『以前より多少マシになった』
というのが手術の成功例のほとんど
です。成功してもほんの僅かな改善なのですから、失敗するリスクに対して成功のメリットが余りにも少ないということを想定しておく必要があります。

坐骨神経痛は『誰かが治してくれる』と言う考えではなく『自分で治す』という考えを持ち早期から真剣に治療に向き合うことが大切。

つまり、坐骨神経痛の治療とは誰かが手術や薬など何らかの形で助けてくれると皆様は思うのではなく、症状の軽いうちに真剣に治療に向き合い、決して現実逃避をせず、現状を受け入れて地道に取り組んでゆくことが一番大切であるのです。

腰痛の手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

  1. 手術後の再発の確率慢性腰痛では手術をしてもしつこく繰り返してしまうのは、日常生活動作など問題となる姿勢を治しておらなかったり運動不足などが考えられ、HEARの原則にしたがって治療を進める必要がある。
  2. 慢性患者の手術の治療成績について総じて悪い。手術は対処療法、改善には腰の機能性を回復させる。
  3. 痛みが出たのは手術の失敗のせい?術後数年経過すると手術を受けたのも受けないのも差はない。
  4. 手術は最後の手段なのか?手術はあくまでも対症療法であり、本質的な改善には自分の努力が必要です。術後10年経てば受けても受けなくてもどちらも術後成績に差はありません。
  5. 狭窄症患者の手術の現状手術は最終手段であり、治る見込みが高く他に治せる方法がないときに行うものだが、狭窄症患者は一般的な手術とは異なる現状がある。
  6. 坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群手術を考えている方は必ず知っておくべき失敗のリスクについて
  7. aaa原因を特定しない腰痛手術は治らない原因が分からないまま手術をし、無責任な対応を受けることもある
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

手術は最後の手段なのか?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

原因を特定しない腰痛手術は治らない

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)