坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは必須である。

膝

著作者: adifansnet

結論:グルコサミンは外国では薬として処方されるほどである。

坐骨神経痛にグルコサミンやコンドロイチンは必須である。日本ではサプリメントに留まっているが諸外国では病院でお薬として処方されるほどの実績をもつ。坐骨神経痛になると足腰の痛みによって身動きが取れなくなるが、関節軟骨に圧力変化が起せなくなるため軟骨に栄養供給が滞ってしまい軟骨が次第に弱くなって失われる。軟骨が失われると衝撃吸収ができなくなるため骨がゆがんで変形性関節症を起す。腰部脊柱管狭窄症などの坐骨神経痛患者では高い頻度で変形性股関節症による大腿骨頭置換手術を受けることからも関節症防止の意味合いでグルコサミンやコンドロイチンを摂取しよう。関節軟骨が強化されると関節がしなやかになり体に加わる衝撃に強くなるため慢性腰痛患者にもおすすめできる。

※スポンサーCM

ジョギング

著作者:
Thomas Rousing

グルコサミンやコンドロイチンは諸外国では病院で処方されるほど必須の成分として取り入れられている。

坐骨神経痛にはグルコサミンやコンドロイチンなどテレビCMでバンバンご紹介されている関節成分は重要なものであり、坐骨神経痛治療として諸外国では病院でこれらの成分のサプリメントはお薬として処方されているほどです。日本国内ではサプリメント(栄養補助食品)に留まっているだけのグルコサミンやコンドロイチンですが諸外国では膝の治療としてだけでなく、関節のあらゆる痛みにそれがいくつも著明な実績を上げております。

日本の医師では反対派の意見を仰られる方はとても多いです。「そんなので治ったら苦労はしない・・・」、「あなたの気の済むようにしなさい」など飲んで納得するなら試してみると良いぐらいのニュアンスでこういったものをご紹介されていることが大部分です。

ところが実際にクチコミなどをご覧になっていただくと実に多数の「良くなった」、「関節の痛みが軽くなった」、「自由に歩けるようになった」などの投稿があることに驚かれるはず。それはそのはずです。実際に諸外国ではお薬のように保険適応と同等に扱われるほど有効性が明らかにされているのですから。

プラセーボ(偽薬効果)などではなく、実際に多くの方が!

※スポンサーCM

きっと貴方は、そのようなグルコサミンの効果は偽薬効果(プラセーボ)ではないだろうか?とお考えになられたはず。プラセーボとはいわば心理的効果のことを言います。人は常に何らかの不安を持っており、その不安に蓋をしたいという願望を抱くものです。不安に蓋をしたいからサプリメントやお薬を毎日これでもかと言わんばかりに沢山お召し上がりになられ不安に蓋をすることができると願望が満たされそれが体の痛みを軽くする効果につながっているとお思いになられたのでは?不安が満たされればそれだけ痛みに対しての執着が軽くなります。結果的に治癒には至っていないけれども痛みが治まったと認識するというのがプラセーボの心理的効果です。

ところがそうではないのです。私の周囲にいらっしゃる中高年患者様の多くがそれを毎日摂取し、実際に痛みが軽くなったという体験談をおっしゃられるのです。それも一人や二人ではなく何百、何千という方がおっしゃられるのですから間違いはないのかもしれません。

坐骨神経痛では必ず関節痛を引き起こし変形性関節症に移行する。

今現在坐骨神経痛を患っている方で膝裏、太腿、お尻など主にお肉がたっぷり付いている箇所に痛みをお感じになられている方は大勢いらっしゃることだと思います。坐骨神経痛は下肢の後面の広範囲に分布する神経のこと。したがって神経痛なのだから関節が痛くなることなどありえないと思えることです。ところがそうではなく、ほぼ例外なく長期的な経過として坐骨神経の神経痛は関節痛を引き起こし、年月の経過とともに変形性関節症を引き起こすといわれております。その確率は高く、腰の曲がったおじいさんやおばあさん、膝が悪くて杖をつく方、外反母趾など様々な変形性関節疾患を合併されている方が実は坐骨神経痛からそれらの症状が由来していることがあるのです。

実際に腰部脊柱管狭窄症などから由来する坐骨神経痛をお持ちになられる方では高確率で将来的に股関節の置換手術を受けられるといわれるほど坐骨神経痛は変形性関節症を合併しやすいことが明らかになっております。

変形性関節症を引き起こす最大の原因は関節軟骨が損なわれてしまうから。

ではどうして変形性関節症を引き起こしてしまうのでしょうか?坐骨神経が障害されているだけなのに関節が歪んでしまうのはちょっと違うだろうと思えてしまいますが、これには理由があります。

関節はそもそも骨と骨の連結部分ですが、この連結部分の表面は骨同士がゴチンゴチンとぶつかり合って磨耗することを防止するために関節軟骨というものが表面を覆っております。この関節軟骨が衝撃を吸収して摩擦を軽減するから骨と骨がこすれあって障害されずに済みます。関節軟骨の摩擦を軽減する能力は高く、私達がアイススケートなどで氷の上を鉄製のソリで滑るときの摩擦係数を0.05とするならば、軟骨の表面同士が滑りあうときの摩擦係数は一般的に20代の方であれば0.005と呼ばれております。つまり人工的にできる摩擦緩和処置の10倍ほど抵抗を少なく抑えることができるわけです。これだけの緩衝・摩擦軽減作用を持っている関節軟骨が加齢による年月の経過と供に弱くなってしまうのですが坐骨神経痛をお持ちになられている方ではさらに進行が早くなり関節軟骨が損なわれてしまうため、膝や股関節、背骨などあらゆる部分に関節痛を引き起こしやすくなってしまうのです。坐骨神経の支配範囲が神経障害によって痛みを来たしている場合もありますが、そうではなくて末端の関節部分が関節炎を起して単独で痛みを発することもありますので注意が必要となります。

関節軟骨が損なわれる原因は関節液(滑液)浸潤の不足

ではどうして関節炎などを来たす関節軟骨の損なわれる状態に陥ってしまうのかと申しますとそこには関節軟骨の栄養供給の仕組みが関係してきます。

関節軟骨とは以下のように骨の端を覆っております。

関節軟骨この関節軟骨が衝撃を吸収したり、関節の動きを滑らかにしたりします。

関節の仕組み関節の周囲は関節包という袋が付いており、袋の中には滑液という潤滑液が入っております。関節軟骨には血管が存在せず一般的にはこの滑液から栄養を受けているのです。

関節から古い滑液が出て行く関節軟骨に滑液が供給される仕組みは図のように最初に関節軟骨同士が押し付け合うことで軟骨の内部に染み渡っている古い滑液を外に押し出します。

新しい滑液が関節軟骨に引き込まれる押し付けあった関節軟骨が引き離されるときにスポンジが水を吸い込むように新たな滑液が関節軟骨に染み渡って浸潤します。

このことから関節軟骨に十分な栄養素を循環させるためには関節軟骨に常に一定の圧力の変化が必要になることがお分かりいただけることでしょう。坐骨神経痛や慢性腰痛を患った方は遅かれ早かれ何らかの形で膝や股関節、腰椎などに変形性関節症を発するのは坐骨神経痛の足腰の痛みによって身動きが取れないことで関節軟骨に十分な栄養供給を保てなくなってしまうためなのです。循環不良に陥った関節軟骨は少しずつ損なわれてしまいます。きっと皆様が通院されている坐骨神経痛の病棟の別の患者様で、腰部脊柱管狭窄症などを患っている方では変形性股関節症の大腿骨頭置換手術を受けられているが方が珍しくないと思いますが、これはまさに坐骨神経痛の痛みが関節動作を障害して関節軟骨が栄養素の循環障害を引き起こして関節機能不全を起していることが原因といえるのです。

坐骨神経痛や慢性腰痛を患っている方は総じて言えることなのですが関節に存在するこの関節軟骨の機能が著しく低下しており、十分に衝撃を吸収できなくなっていることがあります。したがって腰椎の椎間板を破壊したり、骨が歪んで骨棘ができたりと関節や腰部の骨格に変形を来たす原因となります。

※スポンサーCM

慢性腰痛や坐骨神経痛患者はどんなに日常生活や姿勢を注意しても発生を防止できないのは関節軟骨が失われているから。

腰痛の原因に「姿勢が悪い」とか「運動不足だから」とか「遺伝的に肥満傾向だから」とか、「デスクワークだから」とか様々な意見があります。しかし、患者様が治療家の先生の言いなりになって100%指示に従っているにも関わらず全く改善が得られないようなケースもあります。はご本人が意図するしないという問題ではなく、この関節軟骨のクッション性が損なわれているため腰部に負担が集中して腰を悪くすることがあるのです。全身には無数の関節があるのですがその全ての関節軟骨がクッション性を失っているために歩いたりするたびに腰に衝撃が直撃して腰を悪くします。腰部の坐骨神経の促通を著しく障害するのも全て関節軟骨が関係しているのです。

関節軟骨を強化する方法、運動をして関節に圧力変化を与えること。

では坐骨神経痛の改善のためにはどうしたら良いのかと申しますとやはり全身の関節軟骨を強化することで腰部に衝撃を直撃させないように全体の関節で分散することが大切です。また坐骨神経痛の痛みによって関節機能を低下させないように関節に一定の圧力変化を与えて軟骨に栄養を与えることが必要です。

軟骨に栄養を与えるためには運動をして関節に圧力変化を与えましょう。激しい運動や苦しいトレーニングは必要ありません。関節に1時間に1回ぐらいの定期的に圧力を与えて関節に呼吸をさせれば良いのです。

しかし、それだけでは十分な変形性関節症の防止には不十分、ここで大切なのがグルコサミンやコンドロイチンなのです。関節軟骨は滑液から栄養を受けているのですが、軟骨の材料とは主に4つから構成されております。

  1. 水分
  2. コラーゲン
  3. 軟骨細胞
  4. 軟骨基質(グルコサミン・コンドロイチン、プロテオグリカンなどの糖たんぱく質

この4つの構成物質の中で軟骨細胞がグルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンなどの糖たんぱく質を作ります。この糖たんぱく質がロウソクをぬってスベリを良くするように関節に滑らかさを与えます。そしてこの糖たんぱく質が付着するのがコラーゲンなどの繊維たんぱく質です。

ところが加齢の影響などこれらの糖たんぱく質やコラーゲンの合成をするための軟骨細胞の働きが低下していることがあります。これでは幾ら一生懸命に運動をして関節に圧力変化を与えても軟骨細胞は糖たんぱく質を作り出せません。軟骨細胞がこれらのものを十分に作り出すためにはその構成材料を外からサプリメントとして補うことが必要になるわけです。

驚きの結果が!

ということで皆様も是非ともグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントのクチコミをご覧になってみてください。多くの反響のお声があり、驚かれるはずです。サプリメントは毎日の摂取によって確実に体内に取り込まれるものですから試してみる価値はあることでしょう。以下は特にオススメしたいグルコサミンです。

それでは本日も最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)