不足している栄養素を知る方法|坐骨神経痛

食物不足

著作者: jordia.sintes

坐骨神経痛患者にとって物理療法や運動療法はどうしても取り組むのに抵抗が大きいため、テレビ番組も抵抗無く取り組める食事療法を提案し、視聴者の不安に蓋をするような食品や食材の紹介に帰結する番組構成をしている。しかし情報を得るのに時間を掛け過ぎると返って活動性が損なわれてしまうため筋力の低下や活力の低下を招き坐骨神経痛の悪化につながる。不足している栄養素だけを知る方法として誰もが簡単に取り組むことが出来るものは体が無性に特定の食品を求める食物渇望に着目することである。食物渇望は不足している栄養素を反映しており渇望を満たす食品の摂取によって栄養素の補給は十分となる。ただし、食物渇望は欠点もあり①未知なる食材には働かない。②糖質と脂質には過剰に働く、③渇望に完全に従うと経済的負担が大きい。そのため知識として日本人が不足しがちな①ビタミンB1、②カルシウム、③鉄分は意識的に摂取を心がけると良い。

※スポンサーCM

健康番組の着地点は全て食品や食材の紹介に帰結し、それを知ることで不安に蓋をしている

健康番組

近年ではテレビ番組で健康に関する番組がとても増えてきました。従来でしたら働き盛りの若い男性のように健康に無関心・無頓着な方はひたすらバラエティー番組を見て過ごしたものです。ところが最近ではゴールデンの時間帯にも関わらず健康や食事に関する番組が放映されていたりします。

坐骨神経痛を患っておられる多くの方もきっとそういった番組をご覧になられることでしょう。

ところがこういった番組を見ていてきっと多くの方はこのようにお思いになられたはずです。
『何を食べれば良いの?』
『もったいぶらずに早く食材を教えて!』

そうです。番組の進行途中にも関わらず番組の帰結する着地点が食材や食品の紹介であることに想像が巡るのです。
つまるところを言えば皆様は最後に食材を知ることで日頃抱えた健康に対する不安に蓋をするようにご満足されるわけです。そして紹介した食材をさっそく翌日の晩御飯のおかずの一品に加えることで健康欲求が満たされ、また何事も無かったように日常を送り続けます。

※スポンサーCM

坐骨神経痛患者はとくに食事に対しての影響力が大きい

こういった影響はとくに坐骨神経痛の患者様には著明に見られます。坐骨神経痛を患っている方は食事に対してのこだわりは強く、多くの方は心の中では『治療法を知りたい』と思いつつも無意識に食事療法をお求めになられている傾向があります。

食事療法にしか活路を見出すことが出来ないため、テレビも食品だけを紹介している。

坐骨神経痛の治療法とはいろいろありますが、やはり多くの方が挫折せずに取り組み続けることができるのは唯一食事療法であると言えるはずです。運動療法や物理療法とは人それぞれ向き不向きがあります。また運動が元々苦手な方ですと3日坊主になってしまうこともしばしば・・・

ところが食事療法とは私達が毎日生きて行く上で絶対に必要な食べる行為による療法なのでさほど苦にならずに取り組み続けることができます。運動とは1年に1回もやらなくても死ぬことはありません。しかし、生きるためには毎日食べないと死んでしまいます。だからこそテレビ番組も視聴率を稼ぐために皆様にとって最もハードルの少ない食品や食材に帰結するようにわざと働きかけて不安に蓋をする方法を提案し続けているわけです。

視聴者をがっかりさせないための方法が食品や食材の方法を提供することなのです。

見れば見るほど活力が失われ坐骨神経痛は悪化の一途を辿る。

テレビ番組は視聴率を稼ぐために存在し、スポンサーが提供するCMを皆様にご覧になっていただくことが一番の目的です。坐骨神経痛の治療のためにはご存知の通りだと思いますが、自らの足で立ち、歩き、そして手足の筋肉に活力を与えることが必要です。

植物のようにテレビの前に腰掛けて見続けるほどに活動性が損なわれ、筋力が失われ活力を損なって悪化の一途を辿ってしまうのです。坐骨神経痛の治療は知識を身につけることではなく行動を起すことによってのみ解決される問題であると言えます。そういった意味で言えば活動性を高める一環として食材のお買い物に出かけたり、調理をしたり、お召し上がりになっていただくという食事の全てにおける工程が坐骨神経痛の治療に役立つと言えることでしょう。

テレビ番組などで『あれが良い!これが良い!』と食材を提案するのは皆様にスーパーに足を運ばせ、キッチンに立たせるという肉体の活動を与えることが一番の目的でもあります。

余計な時間のロスを抑え、活動性を保ち、必要な栄養素だけを知るには?

しかし、現実にテレビをご覧になられるといろいろと不足している栄養素についてお話をされることです。これを知らないで過ごしていると不安が余計に募ってしまうことでしょう。

ではどうしたらこういったテレビ観賞に割く時間を抑えつつ私達が不足しがちな栄養素を知ることができるのか?ここが最大のポイントになるはずです。

難しい薬学や栄養学の専門知識を持たずとも必要な栄養素だけを知ることができればテレビに膨大な時間を割くこともありませんし、活動性が損なわれることもありませんよね。

※スポンサーCM

食物渇望に着目することが良い

では、このために有効となり、皆様にオススメするのが『食物渇望』と呼ばれる体が発するシグナルです。

食物渇望

著作者:
DIO@Taiwan

食物渇望は、ときどき無性に
『あっ!ラーメンが食べたい!』
とか
『マクドナルドのポテトが食べたい!』
とか、
『たまにはフレッシュなサンドウィッチが良いな・・・』
などのようにその時々に無性に食べたくなる食品のことを呼びます。

これは皆様が思考することでそのように意図しているわけではありません。体が不足している栄養素を脳に知らせ、そういった情報を脳が統合することでその不足している栄養素を補うために体が『あれが食べたい!』とシグナルを発するわけです。

食物渇望に着目すれば必要な栄養素を不足させずに済む

つまり、テレビをご覧になって大切な時間を沢山浪費せずとも食物渇望に着目していただき、そのときどきの自分の不足している栄養素を満たすようにしていただければ基本的には常にテレビでそういった情報を入手せずとも治療のための物理療法や運動療法に専念すれば坐骨神経痛は自然と治まって行くものなのです。

食物渇望の注意点①未知なる食材を想起することはできず

食物渇望は『あぁ~これが食べたい!』とお思いになられる簡単な尺度で取り組みやすく、誰にでも取り組むことのできる方法なわけですがこれにも幾つかの欠点があることは事前に把握しておかなくてはなりません。

ではどういったことが欠点であると言えるのかと申しますと、やはり未知なる食材が多いとシグナルが発生しないということです。私達は知識として知っていることにしか想像をめぐらすことができません。知らないものを食べようとは食物渇望は働きかけません。例えば多くの方は日本食や中華、洋食を食べたことがありますが、ベトナム料理、インド料理、南米料理など世界中の食材を食べたことがあるわけではありません。そういった国々の料理に用いる食材や調味料などを知りませんし味わったこともありません。したがって仮に欠乏している栄養素があったときには『あぁ~何か美味しいものがないだろうか?』と常に渇望を抱き、心の中がモヤモヤしているのですがそれが何によるか分からずあれこれと食材を求める食物探訪を続けてしまうことがあるということです。グルメ雑誌をご覧になったりインターネットの美味しいお店の情報をお求めになり、遠い他県にまで足を運んで食べ歩きをしたりするような方の多くは食物探訪による病的な食物渇望を抱き続けていたりするのです。

そしてそういった方は一緒にお店に食事に行ったときなど
『アッ!それいいなぁ~!一口頂戴!』
と強い食材への好奇心を抱きます。

したがって日頃から色んな食材をバランス良くお召し上がりになって、偏食にならないようにしてみると良いでしょう。食材のバラエティーが少ないほど食物渇望が起こりにくくなったり、起こった食物渇望がモヤモヤしたものになってしまいます。

糖質と脂質は食物渇望が過剰に発される

また、坐骨神経痛の患者様にはとくに注意していただきたいのが糖質と脂質です。多くの方はメタボリックシンドロームや糖尿病、肥満症などを患っていたりするのですが、糖質や脂質はエネルギー源として利用することができますので脂肪細胞に貯蓄することができます。したがって食物渇望として糖質や脂質を抱くときにはそのシグナルは過剰に発されることがあり食事を食べてもなかなか食物渇望が消失しないことがあります。

したがって油をたっぷり使ったポテトやお砂糖タップリのシュークリームやショートケーキなど炭水化物や脂肪はどうしても過剰に摂りがちなので意識的に控えるようにすることが大切です。

③知識として日本人が不足しがちな栄養素を知っておくことでそれを意識的に補う。

また、食物渇望は具体的な食品を想起することが特徴です。サプリメントや栄養補助食品を想起することはありません。ところが食品はどうしてもコストがかさんでしまいますので食物渇望を頼りにして毎日『ハンバーグが食べたい!』、『ステーキが食べたい!』、『お刺身が食べたい』などと食物渇望のままに食品を食べておりますとどうしても経済的に厳しくなってしまいます。

したがって食物渇望だけに頼らずに私達が日常でどういった食材を不足しがちなのかを把握しておくことが大切です。

不足しがちな栄養素①鉄、②カルシウム、③ビタミンB1

では特に不足しがちな栄養素は何なのかと申しますとそれが血液の赤血球の成分であり、女性がとくに不足しがちな鉄分、さらには骨の原材料であり骨粗しょう症など高齢者の多くが欠乏しているカルシウム、そして糖質の代謝に関わるビタミンB1です。

カルシウムに関しては牛乳や卵、小魚。
鉄はレバーやパセリ、貝類、
ビタミンB1なら豚肉や麦などに含まれております。

こういったものは日頃から意識してサプリメントなどを有効に利用することが良いでしょう。

オススメするのは特殊なミネラルを高濃度に含んだ海洋深層水で培養したスピルリナです。あらゆるミネラルやビタミンなど体にとって必要な栄養素が豊富に含まれておりますのできっとこれまでモヤモヤしていた漫然とした食物渇望の衝動も抑えられ坐骨神経痛の方々の食事への強い囚われも改善されることです。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)