病的心理による坐骨神経痛のメンタル調整法

坐骨神経痛は病的な心理によって自律神経の機能を損ねてしまい交感神経が亢進することで引き起こされる。病的心理は決して精神科医でなければ改善できないものではない。脳細胞の機能が低下することで引き起こされ、脳も筋肉も内臓も同じくして血液からの栄養供給を受けており、筋肉が少ない痩せ型だと血液が冷えてしまうため、細胞のエネルギー生産活動が停滞し、脳の機能を損ねる。運動をして血液循環を改善すると供に筋肉量を増加させて熱産生を増やすと脳の働きが活発化し病的な思考と供に生産性も高まり坐骨神経痛も改善される。

※スポンサーCM

坐骨神経痛は病的な心理によって引き起こされる。

坐骨神経痛とは病的な心理や精神的ストレスが原因で引き起こされることがあります。辛いこと精神的に苦しいことがあると脳の働きに変調が起こり自律神経の失調が引き起こされるのです。自律神経の交感神経が亢進することで体表や末梢の血管が収縮し、体温が低くなることで正常な細胞活動が妨げられてしまい細胞がエネルギーの生産をすることができなくなります。するとその部分に分布している神経が過剰に興奮性を高め痛みを感じるようになります。こういったメカニズムに関してはこれまでに様々なページで触れていることですから詳しくは他のページをご覧になっていただければお分かりいただけると思います。

逆に言えば坐骨神経痛が病的な心理を引き起こすこともあります。痛みや体の不調があれば精神的にも辛くなります。当然のことですが病的な心理に陥ることもあるはずです。

病的心理を改善する方法はある。

病的な心理と言いますと如何にも心理学などに精通した医師でないと何もできないと思えてしまうものです。ところが意外なことかもしれませんが病的な心理状態を改善する方法はとても簡単なものでもあります。

※スポンサーCM

脳の仕組みに着目していただきたいのです。

脳も筋肉や内臓と同じく血液の供給を受けている臓器のひとつ。十分な血流によって正常に保たれる。

早い話をしますと心理だとか精神構造だとか難しい世界を理解することは私達がこれから一生をかけて学んでも覚えきれるものではありません。薄っぺらな心理学の話や感情論・精神論をお話してもそれほど皆様の暮らしの役に立つことはないと思います。

しかし、簡単に申し上げますと人は物事を考え思考を巡らしたり、様々なものに思いを寄せたりするのは全て脳細胞の活動によって行われているのです。脳細胞も筋肉の細胞も他の内臓の細胞もそうですが血液からの酸素や栄養の供給を受けているから正常に活動することができます。これらが正常に機能するためには十分な血流が保たれていなければならないのです。

病的な心理・思考は冷え切った血液によって引き起こされる。

十分な血流が不足してしまうと当然のことですが病的な心理に陥ります。ここで特に着目していただきたいのは血液が運んでいるものです。酸素や栄養素を運んでいることも確かですが、私達が正常な細胞活動を営むために必要な熱も血液は運搬しております。十分な熱が細胞に送り込まれるから細胞がエネルギーの産生をすることができるのです。このエネルギーの生産が停滞するとエネルギーの需要を供給が満たすことができなくなり、結果的に神経の興奮性が上昇して坐骨神経痛などの神経痛を引き起こしてしまいます。

坐骨神経痛は下半身後面の坐骨神経支配領域に生じるエネルギー生産活動の停滞によるものです。

脳の病変は坐骨神経痛とは発生する場所が異なり脳神経・脳で起こるものですが現象としては全く同じです。脳細胞が活動するための十分な熱量が不足して冷え切った血液が脳へ巡るため脳細胞がきちんと機能しなくなり病的な心理や思考を引き起こしてしまうのです。

精神病は比較的に痩せ型に多く、熱を作り出す筋肉量が少なくなるため

もしも皆様の周囲の方、もしくは皆様自身が病的な心理状態や精神病などを患っており、それと同時に坐骨神経痛もあるようでしたら体型が痩せているのか?という部分に着目してみてください。太っている方でも精神病は当然ありますが、筋肉量が少ない人ほど精神病に罹患している確率は高いはずです。

これは熱を作り出す働きは主に筋肉によるものだからです。筋肉量が少ない人ほど熱産生が低下しますので結果的に熱が不足して脳の働きが鈍り、正常な思考回路が働かなくなってしまうのです。

精神疾患を患っている方に3週間山でポスティングを手伝ってもらったらすっかり病態が改善して元気になった・・・・

※スポンサーCM

ちなみに私も患者様への治療の一環として精神的な持病をお持ちになられている方には理学療法と称して道を歩いたり運動をしてもらうことがあります。私の場合はただ歩くだけだと手間も時間も勿体無いので患者様にお店のチラシのポスティング(ポストにチラシを投函する仕事)をお手伝いしていただいたりしたものです。とある山間の道を患者様と一緒に歩き続けて途中3日ぐらいの休養を何度もはさみながら3週間かけて山道を歩き続けると大抵の患者様は精神病や内面的な不調などはすっかり改善してとても元気になって退院されたものです。

これまで何人もの患者様がそういった心理的に病的な状態に陥っておりましたが私自身は最も楽な治療で尚且つ確実性を感じております。タダでチラシを配ってもらって尚且つお礼まで言っていただけるのですから本当にありがたい話です。

心理的な病気が原因で坐骨神経痛を患っている方は取り組むことができる運動をしましょう。

ということで心理的に病的な状態に陥ってしまい坐骨神経痛を患っていらっしゃる方はどうかご自分の出来る範囲の運動に着手していただければと思います。最初は無理なく出来る運動に取り組んでいただき少しずつ筋肉量が増加すれば坐骨神経支配領域のエネルギー生産も高まります。それと同時にメンタルの働きも良好になります。私自身も毎日マラソンを1時間~2時間ほど手がけておりますが忙しい合間を縫って時間を費やしてもそれでも運動をした方がしないよりも生産性が高いと思っております。運動は面倒だと思えてしまうものですが私達の生産活動を高める潤滑剤のようなものでもあるのです。

(注意:運動は必ず専門家の直接の指示の下で実施してください。自己判断で実施しますと転倒・怪我・体調不良など思わぬ事故につながる可能性があります。万が一のことがありましても一切の責任を負いかねます。)

メンタルケア

  1. 病的心理によるもののメンタル調整法発生には病的な心理状態が大きく関係している。もしも生きて行くのも辛いとき、またそういった方が周囲にいたときに簡単にメンタルを調整する方法について
  2. 治すために必要なたった一つの条件人のメンタルが病に陥ってしまうメカニズムには帰属意識がもっとも大きく関係する。
  3. ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素現代人は幾ら方法論を説いても無駄になることが多く実現可能なことに着目する必要がある。
  4. バリスアプローチ痛みを止めることに着目する従来の医療とは異なる運動機能の回復に着目した療法であるバリスアプローチについて(参考文献:「腰痛は頭で治す。著者 伊藤和磨)
  5. 簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?コーヒーそのものの効果ではなく、コーヒーブレイクで朝の慌しい時間に一息つくことで落ち着きを取り戻すことがぎっくり腰の発生を減らしてくれる。
  6. アクティブリスニングについて他人に心の悩みを聞いてもらう方法、気持ちがスッキリすると心と体が癒される。
  7. 思い悩んだときにやるべきこと「何をしたら良いのだろうか?」思い悩むことは誰しもあることです。そんなときには既存のアイデアを拝借して良いこと・役に立つことを世の中に発信して行こう
  8. 腰痛治療に必要な多面性腰痛に良いと言われる療法には様々なものがあるがその量が膨大なため「これだけやれば良い」という単一的な療法を求める人が多い。慢性腰痛治療はスクラップ&ビルドの原則によって成り立っているため単一的な取り組みで治癒に至ることはない。安易な方向性に流されずにそれぞれの優先順位に応じて多面的に取り組んで行けることが大切
  9. 根性がない人でも出来る腰痛対策やはり姿勢に気をつけたり、健康的な食事を心がける。
  10. 心弱った重症患者のケア方法何をするのかという方法論ではなく、本人の気力に応じたものを提案する必要がある。
  11. 腰痛とメンタルケア心理的な影響は痛みの3分の1を占めるためリラックスすると良い
  12. 胎内回帰療法子供の頃にだれもが遊んだ秘密基地、狭くて誰も知らない場所にいることで不思議な安心感をい抱くことが出来る。冒険心と共に誕生前の母胎の中で過ごした懐かしさが安心をもたらす。
  13. 朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因発生は朝方に多いが十分な血液循環ができていない眠ったままの体の状態が関係しており、体の状態と供にメンタル的な部分も上手く機能していないため、一時的に気分が沈んでおり仕事に集中できておらずミスを誘発しやすい。筋肉量を増やすことが大切で、筋肉を朝方に動かすことで血流を良好にすることも心身の調子を高めてぎっくり腰を防止する上で良い。
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然