荘A[NX̉@

病的心理による坐骨神経痛のメンタル調整法

坐骨神経痛は病的な心理によって自律神経の機能を損ねてしまい交感神経が亢進することで引き起こされる。病的心理は決して精神科医でなければ改善できないものではない。脳細胞の機能が低下することで引き起こされ、脳も筋肉も内臓も同じくして血液からの栄養供給を受けており、筋肉が少ない痩せ型だと血液が冷えてしまうため、細胞のエネルギー生産活動が停滞し、脳の機能を損ねる。運動をして血液循環を改善すると供に筋肉量を増加させて熱産生を増やすと脳の働きが活発化し病的な思考と供に生産性も高まり坐骨神経痛も改善される。

※スポンサーCM

坐骨神経痛は病的な心理によって引き起こされる。

坐骨神経痛とは病的な心理や精神的ストレスが原因で引き起こされることがあります。辛いこと精神的に苦しいことがあると脳の働きに変調が起こり自律神経の失調が引き起こされるのです。自律神経の交感神経が亢進することで体表や末梢の血管が収縮し、体温が低くなることで正常な細胞活動が妨げられてしまい細胞がエネルギーの生産をすることができなくなります。するとその部分に分布している神経が過剰に興奮性を高め痛みを感じるようになります。こういったメカニズムに関してはこれまでに様々なページで触れていることですから詳しくは他のページをご覧になっていただければお分かりいただけると思います。

逆に言えば坐骨神経痛が病的な心理を引き起こすこともあります。痛みや体の不調があれば精神的にも辛くなります。当然のことですが病的な心理に陥ることもあるはずです。

病的心理を改善する方法はある。

病的な心理と言いますと如何にも心理学などに精通した医師でないと何もできないと思えてしまうものです。ところが意外なことかもしれませんが病的な心理状態を改善する方法はとても簡単なものでもあります。

※スポンサーCM

脳の仕組みに着目していただきたいのです。

脳も筋肉や内臓と同じく血液の供給を受けている臓器のひとつ。十分な血流によって正常に保たれる。

早い話をしますと心理だとか精神構造だとか難しい世界を理解することは私達がこれから一生をかけて学んでも覚えきれるものではありません。薄っぺらな心理学の話や感情論・精神論をお話してもそれほど皆様の暮らしの役に立つことはないと思います。

しかし、簡単に申し上げますと人は物事を考え思考を巡らしたり、様々なものに思いを寄せたりするのは全て脳細胞の活動によって行われているのです。脳細胞も筋肉の細胞も他の内臓の細胞もそうですが血液からの酸素や栄養の供給を受けているから正常に活動することができます。これらが正常に機能するためには十分な血流が保たれていなければならないのです。

病的な心理・思考は冷え切った血液によって引き起こされる。

十分な血流が不足してしまうと当然のことですが病的な心理に陥ります。ここで特に着目していただきたいのは血液が運んでいるものです。酸素や栄養素を運んでいることも確かですが、私達が正常な細胞活動を営むために必要な熱も血液は運搬しております。十分な熱が細胞に送り込まれるから細胞がエネルギーの産生をすることができるのです。このエネルギーの生産が停滞するとエネルギーの需要を供給が満たすことができなくなり、結果的に神経の興奮性が上昇して坐骨神経痛などの神経痛を引き起こしてしまいます。

坐骨神経痛は下半身後面の坐骨神経支配領域に生じるエネルギー生産活動の停滞によるものです。

脳の病変は坐骨神経痛とは発生する場所が異なり脳神経・脳で起こるものですが現象としては全く同じです。脳細胞が活動するための十分な熱量が不足して冷え切った血液が脳へ巡るため脳細胞がきちんと機能しなくなり病的な心理や思考を引き起こしてしまうのです。

精神病は比較的に痩せ型に多く、熱を作り出す筋肉量が少なくなるため

もしも皆様の周囲の方、もしくは皆様自身が病的な心理状態や精神病などを患っており、それと同時に坐骨神経痛もあるようでしたら体型が痩せているのか?という部分に着目してみてください。太っている方でも精神病は当然ありますが、筋肉量が少ない人ほど精神病に罹患している確率は高いはずです。

これは熱を作り出す働きは主に筋肉によるものだからです。筋肉量が少ない人ほど熱産生が低下しますので結果的に熱が不足して脳の働きが鈍り、正常な思考回路が働かなくなってしまうのです。

精神疾患を患っている方に3週間山でポスティングを手伝ってもらったらすっかり病態が改善して元気になった・・・・

※スポンサーCM

ちなみに私も患者様への治療の一環として精神的な持病をお持ちになられている方には理学療法と称して道を歩いたり運動をしてもらうことがあります。私の場合はただ歩くだけだと手間も時間も勿体無いので患者様にお店のチラシのポスティング(ポストにチラシを投函する仕事)をお手伝いしていただいたりしたものです。とある山間の道を患者様と一緒に歩き続けて途中3日ぐらいの休養を何度もはさみながら3週間かけて山道を歩き続けると大抵の患者様は精神病や内面的な不調などはすっかり改善してとても元気になって退院されたものです。

これまで何人もの患者様がそういった心理的に病的な状態に陥っておりましたが私自身は最も楽な治療で尚且つ確実性を感じております。タダでチラシを配ってもらって尚且つお礼まで言っていただけるのですから本当にありがたい話です。

心理的な病気が原因で坐骨神経痛を患っている方は取り組むことができる運動をしましょう。

ということで心理的に病的な状態に陥ってしまい坐骨神経痛を患っていらっしゃる方はどうかご自分の出来る範囲の運動に着手していただければと思います。最初は無理なく出来る運動に取り組んでいただき少しずつ筋肉量が増加すれば坐骨神経支配領域のエネルギー生産も高まります。それと同時にメンタルの働きも良好になります。私自身も毎日マラソンを1時間~2時間ほど手がけておりますが忙しい合間を縫って時間を費やしてもそれでも運動をした方がしないよりも生産性が高いと思っております。運動は面倒だと思えてしまうものですが私達の生産活動を高める潤滑剤のようなものでもあるのです。

(注意:運動は必ず専門家の直接の指示の下で実施してください。自己判断で実施しますと転倒・怪我・体調不良など思わぬ事故につながる可能性があります。万が一のことがありましても一切の責任を負いかねます。)

腰痛と考え方

腰痛は気持ちが変われば治るか?

腰痛持ちにボクシングは?

腰痛持ちは治らないのか?

腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方

虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策

坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーション

痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ

腰痛治療は何事もほどほどに

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

腰痛習慣は分かっていても変えられない

腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス

腰痛の根本治療に絶対必要な考え方

腰痛とモチベーション

腰を大切にするとは?

腰痛対策の心がけについて

慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼

防止するための考え方、未病について

考え方・捉え方

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神状態と腰痛の関係

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

無知から起こる「腰痛は体質」のせいだという考え

腰痛とストレス

腰痛とストレス反応

ストレス腰痛を減らす処世術

ストレス反応説

子育てストレスによる腰痛

ストレス腰痛の代表的な随伴症状

ストレスを受けると痛みは強くなる

ストレス反応と腰痛

被暗示状態とストレス腰痛

正直者は腰痛になる

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

腰痛対策でのストレスとの向き合い方

精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法

ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性反応と腰痛

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ストレス腰痛は競争に蝕まれて起こる

心因性腰痛の特徴

腰を曲げて痛ければヘルニア、反らして痛ければ狭窄症は嘘

心因性腰痛の種類

心理腰痛の発生タイミング

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性腰痛は力みによって起こる

心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動

普段は全く痛くないのは心理腰痛

本当は心因性腰痛なのでは?

腰痛患者の症状自慢について

心因性のものの特徴

心因性腰痛の性差は?

根拠の無い不安

心因性のぎっくり腰の特徴

心理的な腰痛の判別

腰痛の心理的影響

心因性腰痛は甘えているのか?

腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚

精神的緊張と腰の痛み

ぎっくり腰と心身

良いということはすべて試したが治らない

感受性によるもの

心の囚われと腰痛の関係

心理的な腰痛を招く思い込みについて

慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」

ぎっくり腰と心理・社会的要因

いつまでも満たされない思いが腰痛を招く

腰痛心理学

慢性腰痛は自信を失っている

心身の不調との関係

精神的な要因が影響している頻度は3割

腰痛患者にみられる自己肯定

腰痛治療の考え方

治療の取り組みの姿勢について

働きすぎて疲れたときの考え方

どんな病気をも治す大事なこと

治療に望む考え方

考え方は?

従来の医療の考え方

ぎっくり腰は、他人事ではない

陥りがちな排他的活動

心理腰痛治療の心がまえ

生活習慣病改善の心構え|①基本3要素

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

短絡的な対策を望む背景にあるもの

着目するべき考え方

体の悩みについて

思考回路・思考パターン

認知行動療法は腰痛にどうなの?

慢性腰痛患者の思考傾向

ぎっくり腰と思考パターン

危険回避思考

自動思考に着目しよう

心理的傾向

認知の歪み

認知の歪みによるもの

慢性腰痛の思考

慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考

思想・主義・価値感

腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観

根本的な原因は価値感

姿勢の価値観

価値観の溝

完璧主義と腰痛

完全主義はストレス腰痛に苦しむ

腰痛治療におけるパターナリズムの弊害

仕事で忘れてはいけない価値観

ストレス

ストレスで筋肉がなくなるの?

BS-POP

フィーリンググッド効果

子供の最大のストレス

原因であるストレスの軽減について

パレイドリア

病院で精神的なストレスが原因と言われるケース

家庭のストレスを減らす方法

ストレスとの関係

ストレスロスに着目しよう

ストレスが背景となるもの

最大のストレスとは

精神的ストレスとの関係

ストレスの考え方

家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

怒り対策

精神的にイライラしたときの改善法について。

疲れるとキレやすい理由

イライラする病気

すぐにカリカリして疲れない方法

仕事を抱え込んでカリカリすると腰痛になる

対人関係

人間関係における4つの役割

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

自己治癒論による依存症と腰痛

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

クレッチマーの類型論

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

脳医学

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

⑤-1坐骨神経痛①

⑤-2坐骨神経痛②

⑤-3坐骨神経痛③

⑤-4坐骨神経痛④

持上げ動作

力学

筋肉

内科

高齢者

その他

心理

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門