腰痛ケアの考え方

結論:全てのケアはリラックス状態で行われるもの。

  1. 急性期でも腰に負担をかけない運動は筋力低下の防止によい炎症がある時期も動かずにいると筋肉は衰えてしまう。
  2. 腰を痛めない方法腰の使い方の3つのポイントに着目する。正しく使う、使いすぎない、怠けすぎないこと
  3. 腰痛は急性期の対処がその後を左右する腰の痛みの激しいときには無理をせずすぐに背中をよりかけたり寝転ぶことで腰を休めよう
  4. aaぎっくり腰の痛みの緩和で気をつけること心身両面が楽であること。心と体どちらかが力んでいると慢性化につながる。
  5. aaぎっくり腰は全体的な治療を必要とする腰だけを施術しても改善は得られない。
  6. aぎっくり腰の治癒の判断の目安腰にとって一番苦手な動作をすることで調子を見る
  7. a痛みの治療法の種類の違いについて①対症療法:その場の痛みを改善する。②根本療法:引き金となる原因を取り除くこと
  8. aぎっくり腰の保存療法の適応範囲大部分は保存療法の適応範囲となる
  9. 良くなったり悪くなったりする腰痛の付き合い方多くの方がセルフケアに着手している。色んな健康法がある。これらのものを生活の中へと応用化を図れると根治につながる。
  10. ぎっくり腰防止は腰部のコンディションに着目する何をしたらぎっくり腰になるという短絡的な対応ではなく、腰を万全な状態にケアしておくことが大切。
  11. 腰のセルフケアは主体的に取り組めること頭ごなしにあれが良いコレが良いというよりも、本人の主体的に取り組める範囲のことが良い。
  12. 慢性腰痛がセルフケアで治らない理由原因に即したことをしないと治らないから
  13. aaa腰痛のセルフケアは継続性が大切誰でも着手できるものが着目される
  14. aa腰痛ケアと周囲の協力腰痛をケアするときには食事療法など自制が必要となるため周囲の理解が必要になる。
  15. オーバーホールの必要性仕事の過渡期を過ぎたらオーバーホールを取り入れること。
  16. 腰痛セルフケアの理想自分の腰痛の原因を正しく理解して、治療家に任せずとも自分で管理していけるようになること。痛みが出てから対処せずとも未然に日頃から良い状態をキープできるようになること