風邪・感染症と腰痛

  1. 風邪などの内科疾患の原因ともなる。激痛によって寝たきりで過ごすことで寝ている姿勢によって気道が狭まり口呼吸をするなど喉の粘膜の炎症を引き起こすことがある。炎症部分に風邪の菌が感染することで風邪を引き起こすことがあるのでできるだけ早期に激痛を改善し寝たきりで過ごす期間を短くすることが必要。
  2. 風邪による関節炎風邪による関節痛をぎっくり腰だと勘違いされるケースは非常に多い。患部よりも心臓に近い部位の誘導手技療法が有効となりうる。
  3. 腰痛と勘違いされ易い感染症による関節炎風邪を引いたときやインフルエンザなどでも腰が痛くなることがあります。
  4. 発熱を伴うぎっくり腰はインフルエンザによる関節痛クシャミや発熱などが見られるときにはインフルエンザなどの内科疾患による関節痛の疑いがあります
  5. 感染症による腰痛高齢者で糖尿病などを持っているときには簡単に感染症を患い、体力が失われることでぎっくり腰にも陥りやすくなる。
  6. 風邪を防止するには境界層を守ること体をとりかこむ安定した温度の空気の層のこと。これを失うと体調をすぐに崩す。
  7. 免疫力とぎっくり腰ぎっくり腰や風邪は体温が低下したときに起こりやすい
  8. 風邪とぎっくり腰体力が消耗していると身動きが取れないため関節液の流れが停滞し関節軟骨が軋みやすくなる
  9. 風邪ひきとぎっくり腰運動をして基礎体温を1度高めるだけで風邪は引かなくなる。
  10. 病み上がりの腰痛病気や風邪などの病み上がりは体力を消耗しており筋肉がコチコチなのでぎっくり腰を患いやすいので注意しましょう。
  11. ぎっくり腰 熱風邪を引いて発熱しているときなど筋肉がエネルギーを使い果たすと腰に痛みを来たす
  12. 風邪とぎっくり腰風邪を引いたときに腰が痛くなることがあるが、体力が低下しているとぎっくり腰にも風邪にもなりやすい
  13. 免疫力の関係繰り返す痛みと不安などの睡眠障害が免疫力を低下させる。