ぎっくり腰専門ユークル整体院

痛み止めは気分が落ち込む|腰痛

痛み止め

※スポンサーCM

ぎっくり腰や腰痛を患ったときに出来るだけお金を掛けず、尚且つ通院の手間も掛けずに痛みを治そうと多くの方が「鎮痛薬」に考えが至ります。痛みを抑える効果は人それぞれ個人差があります。また副作用として胃腸の障害などについて多くの本で述べられております。一般にあまり知られない副作用には「気分の落ち込み」が上げられます。

気分の落ち込み

※スポンサーCM

また、痛みを薬で抑えておりますとお薬を飲むのをやめたときに離脱症状を起すことがあります。

痛みの活発化離脱症状とは急にお薬を止めることで痛みが活発化することです。この離脱症状によって痛みがぶり返しますので中々薬を手放すことができず、薬による薬害の方が次第に大きくなっていってしまうわけです。

離脱症状から、痛みに対しての無力感を抱くようになると痛みが増幅したような感覚や、痛みの誇張、囚われなどの破局的思考を抱くようになると言われます。

破局お薬に依存して根本的な対策を図らずにいると、破局的思考によって「いずれ寝た気になってしまうだろう」という発想の飛躍が起こってしまうので注意したいものです。自分の考えに誇張した側面が見られるときには処方されているお薬を見直すことも大切な選択肢であると言えます。

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

ぎっくり腰、湿布を貼ったら痛いところが散るのは?

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

外用薬

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

痛み止めは気分が落ち込む

鎮痛剤が効かないのはどうして?

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

腰痛治療の神経ブロックの効果

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開