コーヒーのぎっくり腰防止効果とは

コーヒーブレイク
写真著作者:
Michael Thomas

ぎっくり腰は忙しくてあわただしい朝方に、血流の不十分な腰に無理な動きをして腰をグキッと痛めてしまうもの。したがってコーヒーブレイクで一息ついてノンビリと一日のルーティーンワークに取り組んで行くと結果的に腰を痛めずに済む。起き抜けの体が冷えて血流の悪い時間帯に急に動くことがぎっくり腰を招くため、コーヒーを飲んでゆったりするという心理的効果がぎっくり腰を防止することにつながる。

※スポンサーCM

ぎっくり腰はとても辛いものです。陥ってしまうと僅かな体の動きによって飛び上がるほどの激痛を発することもあります。
一度陥ってしまった方ですと「もうコリゴリ」だと思えるのがぎっくり腰です。
ところでこんな辛い思いを二度としないように簡単に防止できる方法、簡単に防止できるアイテムがあると助かりますよね。

※スポンサーCM

皆さんが簡単に取り組むことが出来るもの。今回ご紹介するのはコーヒーです。
朝起きたときに温かいコーヒーを一杯飲む。それから家事や身の回りの準備をして仕事に出かけるようにする。そうするとなぜかぎっくり腰の発生が激的に減るといわれております。
これはコーヒーが持っている効能とかそういうことではありません。
ぎっくり腰の発生そのものは朝方に多いことが統計的に分かっているのですが、朝のあわただしさが無理な動作やミスを招いたり、血流の滞った腰部に急な動きを強いているわけです。朝のあわただしさは「戦争」と表現される方もいるほどですからね。したがってコーヒーブレイクを挟んでから一日の作業へと入って行くと心が穏やかで慌てませんので腰に無理を招かないという心理効果を期待できるわけです。1杯のコーヒーで毎日の健康を保てたら理想的です。

※スポンサーCM

メンタルケア

  1. 病的心理によるもののメンタル調整法発生には病的な心理状態が大きく関係している。もしも生きて行くのも辛いとき、またそういった方が周囲にいたときに簡単にメンタルを調整する方法について
  2. 治すために必要なたった一つの条件人のメンタルが病に陥ってしまうメカニズムには帰属意識がもっとも大きく関係する。
  3. ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素現代人は幾ら方法論を説いても無駄になることが多く実現可能なことに着目する必要がある。
  4. バリスアプローチ痛みを止めることに着目する従来の医療とは異なる運動機能の回復に着目した療法であるバリスアプローチについて(参考文献:「腰痛は頭で治す。著者 伊藤和磨)
  5. 簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?コーヒーそのものの効果ではなく、コーヒーブレイクで朝の慌しい時間に一息つくことで落ち着きを取り戻すことがぎっくり腰の発生を減らしてくれる。
  6. アクティブリスニングについて他人に心の悩みを聞いてもらう方法、気持ちがスッキリすると心と体が癒される。
  7. 思い悩んだときにやるべきこと「何をしたら良いのだろうか?」思い悩むことは誰しもあることです。そんなときには既存のアイデアを拝借して良いこと・役に立つことを世の中に発信して行こう
  8. 腰痛治療に必要な多面性腰痛に良いと言われる療法には様々なものがあるがその量が膨大なため「これだけやれば良い」という単一的な療法を求める人が多い。慢性腰痛治療はスクラップ&ビルドの原則によって成り立っているため単一的な取り組みで治癒に至ることはない。安易な方向性に流されずにそれぞれの優先順位に応じて多面的に取り組んで行けることが大切
  9. 根性がない人でも出来る腰痛対策やはり姿勢に気をつけたり、健康的な食事を心がける。
  10. 心弱った重症患者のケア方法何をするのかという方法論ではなく、本人の気力に応じたものを提案する必要がある。
  11. 腰痛とメンタルケア心理的な影響は痛みの3分の1を占めるためリラックスすると良い
  12. 胎内回帰療法子供の頃にだれもが遊んだ秘密基地、狭くて誰も知らない場所にいることで不思議な安心感をい抱くことが出来る。冒険心と共に誕生前の母胎の中で過ごした懐かしさが安心をもたらす。
  13. 朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因発生は朝方に多いが十分な血液循環ができていない眠ったままの体の状態が関係しており、体の状態と供にメンタル的な部分も上手く機能していないため、一時的に気分が沈んでおり仕事に集中できておらずミスを誘発しやすい。筋肉量を増やすことが大切で、筋肉を朝方に動かすことで血流を良好にすることも心身の調子を高めてぎっくり腰を防止する上で良い。
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然