荘A[NX̉@

なぜ病院では詳しく腰痛を診てくれないのか?

患者の症状を良くするためには、詳しい日常動作など職業についてお話を聞く必要がある。現代の病院医療ではお体の外観を画像で判断するぐらいしか見ておらず。

※スポンサーCM

施術を終えるとご自分の足で立ち上がれるようになりこのようにおっしゃられるのです。

赤ちゃんの抱っこによるぎっくり腰。これからは腰掛けて抱っこするというが・・・・

「先生、ありがとうございます。私のぎっくり腰の原因は赤ちゃんの抱っこが原因してたのですね。これからは腰に無理が掛からないように抱っこするときには腰掛けるようにしてみたいと思います。もうあの子ったら泣けば抱っこしてもらえると思ってるから本当に大変なんです。」

壁に寄りかかったり、赤ちゃんの重さを腰で受け止めぬようにすると良い。

「そうですね。赤ちゃんは未発達ですからね。どうしてもお母さんが傍にいなければおお泣きしてしまうものです。ですから抱っこしながら壁により掛かっていただいたり、イスに腰掛けて背もたれに寄りかかったり、ときには台の上に赤ちゃんを乗せて重さを腰で受け止めずに済むようにして両手で抱き寄せるだけにするなど、上手く赤ちゃんの気をそらさなくてはなりませんね。また、抱っこだけでなくおんぶを利用するなども大切でしょう。」

なぜ病院では細かな指導をせず紙を一枚渡すだけなのか?

※スポンサーCM

「本当に助かります。病院では、先生のように細かい指導はしてくれませんから・・・・治療を終えたあとにパンフレットを一枚渡されて、細かい指導はそれを読めって言う感じなんですよ。どうなってるんでしょうか?」
ということでこれについて以下に述べさせていただきたいと思います。

日本の医師不足の現状では十分な対応は難しい

正直なところ現在の医師不足の状態では今回のような不十分な対応になってしまうことは致し方ないと私は思っております。

整形外科で行われる画像診断をしても機能性を評価せねばほとんど意味がない。

A様のように整形外科系の疾患とは本来は画像診断などを行ってもほとんど意味がありません。整形外科疾患のほとんどのものは機能的な障害がその原因の殆どを占めるのです。したがいまして実際に患者様が動いている場面を見なくてはその機能性を評価することは不可能であるのです。また、機能性を評価する上では、患者様の職業などを充分に考慮する必要があります。

医師のほとんどは医師以外の職場経験を持たぬため患者の仕事の様子を判断できない。

しかし、病院に勤務されている医師のほとんどは学生時代からガリ勉生活で、アルバイトなどもそれほど経験がなく、クリニックや整形外科、など病院での経験しか持ち合わせておりませんので、患者様から実際の仕事の様子を聞かねばその状況を判断することが殆どできぬわけです。

※スポンサーCM

細かな部分のケアに着手するために我々民間療法が評価されている。

ところがそういった詳しいお話を1人ひとりの患者様から伺っていたのでは病院がパンクしてしまいます。したがいまして、そういった細かい部分のケアに着手できる我々民間療法が多くの患者様から評価を受けているわけです。私どもでしたら、患者様に日常のご様子などをお伺いするだけでなく、実際にどういう動作をしてるのかということをシュミレーションで再現してもらったりすることも可能ですし、場合によっては患者様の日常のご様子を拝見することも可能なわけです。

より詳細な原因についてアプローチすることが整体には可能である。

より詳細に原因についてアプローチすることができるのです。ちなみに今回の患者様の場合は抱っこのし過ぎで腰が常に反っているために、仙腸関節が機能不全に陥り、それが原因となって腰椎が固くなってしまわれていたわけです。

救急車

結論:ぎっくり腰は救急車を呼ぶものではない。

ぎっくり腰で救急車で運ばれた後はどうなるの?

カラーフラッグによる救急車の優先順位

ぎっくり腰では救急車は呼べない

どうしてこんなに痛くて重症なのに救急車を呼んではダメなの?

最も緊急性のあるものについて

救急車は?

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

腰が痛くて病院に行けない

病院で治らない理由

なぜ病院では詳しく見てくれないのか?

痛いのに病院で原因が見つからないのは?

病院での腰痛治療の必要性

医療機関による対応の違いについて

治療機関による診察の違い

気をつけたい医療機関での診断

病院は?

すぐに病院に行く必要のあるものとその理由

最新医療が精神論に帰結する理由

病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから

医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由

ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?

病院治療の利点と欠点

ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ

病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている

腰痛治療の病院での考え方

病院に通っても中々腰痛が治らない

坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける

病院の医療では腰痛治療が難しい現状について

西洋医学的にみた腰痛治療の限界

ぎっくり腰で入院することはあるか?

ぎっくり腰で入院するメリットは?

ぎっくり腰の入院のデメリットは?

ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?

腰痛と整形外科

腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割

ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?

ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?

ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違い

整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?

整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した

整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?

医者

結論:医者はレントゲンで骨を見るだけで治療はしない

医者選びの間違い

ぎっくり腰で専門医の診察が必要なもの

医者や医療関係者もぎっくり腰になる

医者が腰痛に対応できない理由

セカンドオピニオンとは?

レントゲン・MRI・画像検査

結論:レントゲンには骨しか写らない。痛みは撮影できません。

椎間板造影について

腰痛にMRIを用いるべきか?

レントゲン検査のメリット

医者が画像検査を使う理由

レントゲン検査で腰痛の原因が分からないのに治療できるのか?

画像診断の限界について

腰痛はレントゲンで腰を観察しても無意味

なぜ画像検査よりも整体なのか?

腰痛の原因が画像で見つけられない理由

レントゲンに写らない微小骨折

画像検査は受けないといけないのか?

レントゲンやMRI検査で見落とされ易いお尻の痛み

レントゲンでは原因の分からない腰痛について

ベテランの治療家ほど画像所見を信じない

腰痛治療における画像診断の必要性

腰痛検査でのレントゲン撮影の種類

ぎっくり腰のレントゲン評価について。

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

救急車

結論:ぎっくり腰は救急車を呼ぶものではない。

ぎっくり腰で救急車で運ばれた後はどうなるの?

カラーフラッグによる救急車の優先順位

ぎっくり腰では救急車は呼べない

どうしてこんなに痛くて重症なのに救急車を呼んではダメなの?

最も緊急性のあるものについて

救急車は?

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

腰が痛くて病院に行けない

病院で治らない理由

なぜ病院では詳しく見てくれないのか?

痛いのに病院で原因が見つからないのは?

病院での腰痛治療の必要性

医療機関による対応の違いについて

治療機関による診察の違い

気をつけたい医療機関での診断

病院は?

すぐに病院に行く必要のあるものとその理由

最新医療が精神論に帰結する理由

病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから

医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由

ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?

病院治療の利点と欠点

ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ

病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている

腰痛治療の病院での考え方

病院に通っても中々腰痛が治らない

坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける

病院の医療では腰痛治療が難しい現状について

西洋医学的にみた腰痛治療の限界

ぎっくり腰で入院することはあるか?

ぎっくり腰で入院するメリットは?

ぎっくり腰の入院のデメリットは?

ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?

腰痛と整形外科

腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割

ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?

ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?

ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違い

整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?

整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した

整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?

医者

結論:医者はレントゲンで骨を見るだけで治療はしない

医者選びの間違い

ぎっくり腰で専門医の診察が必要なもの

医者や医療関係者もぎっくり腰になる

医者が腰痛に対応できない理由

セカンドオピニオンとは?

レントゲン・MRI・画像検査

結論:レントゲンには骨しか写らない。痛みは撮影できません。

椎間板造影について

腰痛にMRIを用いるべきか?

レントゲン検査のメリット

医者が画像検査を使う理由

レントゲン検査で腰痛の原因が分からないのに治療できるのか?

画像診断の限界について

腰痛はレントゲンで腰を観察しても無意味

なぜ画像検査よりも整体なのか?

腰痛の原因が画像で見つけられない理由

レントゲンに写らない微小骨折

画像検査は受けないといけないのか?

レントゲンやMRI検査で見落とされ易いお尻の痛み

レントゲンでは原因の分からない腰痛について

ベテランの治療家ほど画像所見を信じない

腰痛治療における画像診断の必要性

腰痛検査でのレントゲン撮影の種類

ぎっくり腰のレントゲン評価について。

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書