荘A[NX̉@

ぎっくり腰防止のためのマザーハンドの考え方

結論:利き腕と反対側を意識するとバランス安定し、腰の負担を防止できる。

ぎっくり腰でいつも腰の片側ばかりに痛みを生じるのは利き腕(ファザーハンド)ばかりを意識していることによるものがある。
使っていない側のマザーハンドをどのように上手く使うかを意識すると力が、
左右でバランスの均衡が保たれ偏った負担を防止をできる。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を患ったでは
『うぎゃ!腰が!腰が痛い!』
と冷静さを失ってしまい、兎に角腰が痛いということで身動きが取れなくなってしまうものですが、冷静になって腰部の状態を観察してみると痛みがありながらもできる動作が残されていることがあります。例えば起き上がると痛いけれどもなんとかハイハイでトイレまで行けたり、腰の右側に痛みがあり、その部分に体重が乗らなければ何とか日常を過ごせたりとか、痛みの出方に特徴がある場合があります。冷静さを失っているとほんの僅かな刺激が体に加わっただけでも『痛い!』と叫んでしまったりすることがありますが、冷静に患部を分析できれば痛みの度合いが10段階でいうところどれぐらいなのかなど自己評価できることもあります。案外自己評価ができると冷静になって痛みがそれほど苦痛に思えなくなることもあります。

そして、ぎっくり腰の中ではいつも右側ばかりが痛くなるとか、体の左右どちらかにばかり痛みが発生する場合がございます。こういった偏ったぎっくり腰の発生を防止するために必要になるのがマザーハンドの存在となるのです。

※スポンサーCM

マザーハンドは、空いている手のこと。バランス取りの役割を持つ。

ではマザーハンドとはどういったものなのかと申しますとそれは空いているもう一方の手のことです。例えば金槌で釘を打つときなどハンマーを持つ手も重要ですが、それ以上に釘をどれだけ真っ直ぐに保つことができるのかが重要ですよね。ハンマーを持つ手は真っ直ぐに振り下ろせばそれだけで良いのです。力が弱くても何度も叩いていればいつかは釘が十分に刺さってゆくはずです。ところがマザーハンドがしっかりと機能しておらず、釘をキチンと真っ直ぐに保つことができなければ釘は板からそれてしまい絶対に刺さることはありませんよね。物事において渡し立ちは主となるファザーハンドに注目しておりますが、それと同じぐらい着目しなくてはならないのがマザーハンドの存在なのです。技術の上手い人は総じてマザーハンドを器用に使いこなしているはずです。

マザーハンドの働きが悪くなることで体の片側が痛くなる。

ところがこのマザーハンドの存在を忘れてしまいファザーハンド(利き手)ばかりに心囚われてしまいますとせっかくの力が空回りしてしまい、右半身に力が入りすぎてしまい結果的に体の片側に痛みを発するようになってしまうのです。私たちは技術を一定以上に高めるためには利き手と反対側の手の両方を意識しなくてはなりません。反対側の手がバランス取りに働くことで左右の均衡が保たれるようになり、結果的に片側に負担が集中することを防止できるのです。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書