ぎっくり腰の発生を抑える誰にでもできる方法

結論:家庭で仕事の話をせず、接客業をする人に仕事話を聞いてもらうといい。

ぎっくり腰は偶然なってしまうものではなく、日頃の肉体疲労にストレスが加わることで生じる。
ストレスとは仕事の特性上避けることはできず、他人の面倒を請け負うのが仕事であるためどうしてもストレスが溜まる。
他人に話を聞いてもらうだけでも随分と体の疲労が抜ける。
だが聞く方もストレスが溜まるためお金を支払う客と店の関係を築ける場所でできるだけストレスを発散することが良い。

※スポンサーCM

ぎっくり腰といいますと重たい荷物を持上げて不意になってしまうイメージがあってどうしても防ぎようのないものと思われがちです。ところが決してそういったものではありません。実際には疲労などの蓄積によって生じるものなのです。

ぎっくり腰は疲労が背景になるためストレスを溜めないようにすること

疲労が蓄積すると筋肉は固くなる特性を持っているため腰部の運動を制限してしまい結果的にぎっくり腰を招いてしまいます。ではなぜ疲労が蓄積するのかともうしますとやはりそれは精神的なストレスの影響が大きいのではないでしょうか?例えば同じ体の疲労であっても仕事の疲労はストレスになりますが、スキーやスノーボード、ゴルフなどの疲れはそれほど気になりませんよね。むしろ楽しかったと翌日も張り切って働くことができます。このようにストレスの有無が人にはダメージのように蓄積されて体を蝕むこともあれば逆に人によっては元気にすることがあります。つまりストレスを溜めないようにしていただくことがぎっくり腰の最大の防止であるのです。

※スポンサーCM

ところが仕事は他人が面倒に思うことを請け負うものだからストレスは付き物

ところがそういったストレスが体を蝕むことは分かっているのですが、私達の仕事はその特性上他人が嫌がること、他人が複雑で難解に思うこと、他人ができないほど繊細にものごとを遂行すること、などと書く他人が面倒に思われることを一手に請け負います。そういった作業ですからストレスが蓄積することはどうしても避けられないものなのです。自分が楽しくて行っているようなことを他人に任せてまで行ってもらいたいとは思いませんよね。誕生日などでケーキのろうそくの火を他人に「フ~」と消してもらいたいとは思いませんよね。結婚式のケーキの入刀を他人に行ってもらいたいとは思いませんよね。そういったものではなくて単調で面倒な仕事だから他人にお任せするのです。そしてそれを請け負うから賃金が得られるわけです。私達が仕事でストレスを溜めないようにすることは理論上不可能であると言えます。また、食事やお酒などでストレスを発散する方法もありますが、どうしてもカロリーの過剰摂取によって太ったり病気の原因にもなります。

ストレスは整体で発散することが良い。愚痴も聞いてもらえる。

ではどうしたら良いのかと申しますとそこでオススメするのが他人にいろいろと自分の身の上話をしていただくことです。自分のことを他人に話してそれを誰かに聞いてもらい「うんうん、分かるよ」などと言って共感していただけると随分と気持がすっきりするはずです。人に話を聞いてもらえるということはとても心が軽くなるものなのです。

ただし、皆様どなたも忙しい毎日を過ごされております。当然そういったお話をお聞きするのも無料ではなりたちませんし、身内の方にそういったお話をしますと今度は身内の方がストレスを溜められて体を壊してしまいます。

※スポンサーCM

ではどうしたら良いのかと申しますとそこで多くの方がご利用されるのが整体なのです。整体は体のケアということでお酒を飲むわけでもありませんし、過剰なカロリー摂取を心配する必要もありません。それどころか全身の血流が良くなって体の調子が改善して翌日も元気に働けます。また先生に日頃の愚痴まで聞いてもらうことができます。

ストレスの発散には整体が一番オススメです。身内に愚痴をこぼして奥様とケンカばかりしたり、奥様との仲が冷えるのを防止するためにも是非皆さまは私どもを利用してみてください。

意識だけで出来る腰痛対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

  1. 腰痛予防とは健康を高めること腰痛予防とは専門家が行うものではなく、自分で取り組むもの。些細な積み重ねによる
  2. 小まめな換気はぎっくり腰を減らすチリによる掃除の手間を減らすと、腰を痛める可能性を低くできる。
  3. 意識するだけの手軽な防止法コンディション不良が背景となっているが、日常の仕事が忙しくて満足な時間をとることができず、中々体のメンテナンスに着手できないことが多い。意識するだけで防止できる方法としては背骨の自然な彎曲であるフィジオロジカルカーブをイメージし、背骨の彎曲を常に正すことが良い。
  4. 老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を座って過ごす習慣は足腰の衰えを招くため腰痛を防止したいなら立って過ごす趣味を持つことが良い。
  5. 簡単に防止できる装備について足元を見直す、スリッパは踏ん張りが利かないため腰の負担となる。
  6. 簡単な対策は室温を温めることストーブなどで体を温めると腰の筋肉の緊張を生じさせずに安全に作業ができます。
  7. ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき個別の特有の動作に着目してもぎっくり腰は防げない。何事にも共通する内容こそぎっくり腰対策では着目するべき。
  8. テレビゲームは腰痛治療に良いか脳内のやる気ホルモンの分泌を促して痛みを軽減する
  9. aa腰痛防止のブラウン効果温度と分子運動は比例関係にあり、温度が高いほど分子運動は滑らかになるため腰痛は減る。
  10. a家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法出来るだけ若者が階段を使う階上で暮らし、高齢者が階下で暮らすことが良い
  11. 防止するための未病についての考え方重たい荷物の持上げ方など物理的な要因だけに着目しても改善にはならないため
  12. aaa腰痛治療では主体的な受診が大切主体的に腰痛について学ぶ姿勢があると腰痛は治っていく。
  13. aa正しい動作学習で慢性腰痛は治る長期間、動かないと本来の動きを体が忘れてしまう。
  14. aぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方腰は消耗品と考える。大切に使うこと
  15. 発生を抑える誰にでもできる方法日頃の肉体疲労にストレスが加わることで生じる。ストレスとは仕事の特性上避けることはできず、他人の面倒を請け負うのが仕事であるためどうしてもストレスが溜まる。他人に話を聞いてもらうだけでも随分と体の疲労が抜けるが聞く方もストレスが溜まるためお金を支払う客と店の関係を築ける場所でできるだけストレスを発散することが良い。
  16. ぎっくり腰の簡単な防止の考え方腰部は駄菓子屋のチューペット(氷棒)、硬直+無理な動作で生じるもの。
  17. ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なことしっかりご飯を食べる
  18. ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナルお腹が鳴ったら、食事を食べよう。
  19. ぎっくり腰を忘れないことが最大の防止となるぎっくり腰は忘れたころに起こる
  20. ぎっくり腰防止で着目するべきことなぜ腰に無理を重ねる日常を避けられないのかに着目する
  21. いつ起こるかわからないぎっくり腰を防止するには?片時もぎっくり腰のことを忘れない
  22. 使用度の低い部分を意識する必要性日常生活の中で意識が薄れてしまっている動作や正しい動作を教えて出来る範囲のことをやっていただくことが大切な考え方となる。
  23. 腰痛治療における最も大切な考え方腰の病気のことを知ろうとすることよりも健康な体が本来どのように機能するかを知る

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

小まめな換気はぎっくり腰を減らす

意識するだけの手軽な防止法

老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を

簡単に防止できる装備について

簡単な対策は室温を温めること

ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき

テレビゲームは腰痛治療に良いか

腰痛防止のブラウン効果

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

腰痛治療では主体的な受診が大切

正しい動作学習で慢性腰痛は治る

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰を忘れないことが最大の防止となる

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

いつ起こるかわからないぎっくり腰を防止するには?

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)