荘A[NX̉@

トリガーポイントの発生原因

常に体の片側ばかりが辛くなってしまうのには体の優位側と劣位側による使用度の偏りや偏った姿勢が関係している。特に重心を傾けてしまう利き足と軸足の関係、軸足に体重を偏りすぎることで体の左右の筋力の均衡が崩れる。

※スポンサーCM

『なぜぎっくり腰患者は体の片側にばかりトリガーポイントが現れるのか?』

皆様もぎっくり腰などになられたことがあるとは思いますが、日常的に体の右半身や左半身ばかりが辛くなってしまうことでしょう。

トリガーポイントとは痛みの引き金

この辛くなっている部分のことをトリガーポイントと呼ぶことがあるのです。厳密にはトリガーポイントとは痛みや辛さが出たときの引き金のようになっているもののことを言います。

痛みの原発部位と離れた部分にあるので引き金の部分を見極める必要がある。

例えば足に痛みは出ているのですがトリガーポイント自体はお尻や背骨にあって、痛みの原発部位だけにアプローチしても痛みは解消されません。したがいまして引き金になる部分を見極めることでそこから離れたところの主訴の症状を鎮めようとするのがトリガーポイント療法となるわけです。

※スポンサーCM

片側ばかりが辛くなるのは重心が偏っているから。

しかし、皆様も不思議に思うはずですが、例えば右半身がいつも辛くなるとしましょう。すると右側の腰はもちろんですが、お尻や膝、それだけでなく肩も辛くなることでしょう。どうして右半身ばかりが辛くなるのかと申しますと体の重心が偏っているからなのです。

トリガーポイントがいつも片側ばかりに現れるのは重心の偏り、その理由に優位側と劣位側がある。

なぜ多くの場合片側ばかりが辛くなるのかと申しますとそこには体の優位側と劣位側が関係しております。利き手とか利き足とかいう言葉がありますがあれのことだと思っていただければ分かり安いと思います。私たちの多くは常に右側で物を持ったり文字を書いたりと使用が多くなることでしょう。

普段良く右を使えば脳は左側が活用される。すると他の部位も右優位となる。

このときというこのは脳は左側が活用されます。左の脳から出された命令が右半身にくだされて右側ばかりを使っているわけです。したがいまして、いつも右手ばかりを使っていると脳は左側ばかりが活用されて、右半身の手はもちろん腕や肩、膝腰など全てが右優位で活用されるわけです。

偏りはオーバーユース、もしくはディスユーズを招く

この片側偏重の使用に偏ることでその部位がオーバーユースを生じてしまい痛みを発してしまうわけです。もしくは、劣位側が衰えてしまいディスユーズ型(衰え・廃用)の疼痛を発してしまうわけです。

人間は真っ直ぐの姿勢を保つためには左右から正中線の軸を挟みこんで支える必要がある。

また、こういったものは日常の使用度の偏りだけの問題ではありません。私たちの体とは立位姿勢や座位姿勢を保ったときは円柱の筒が立っているときのように一定の状態で静止することはできません。正中線を一つの軸として捉えたときにその軸を左右から挟みこんで真っ直ぐに保つようにしているから姿勢を真っ直ぐに保つことができるわけです。つまり真剣白羽取りのように左右から押し付け合う力が働いているために真っ直ぐの状態を保てるわけです。

左右で対向する力が偏ることで片側に負担が集中する。

ところがこの左右から挟みこむ力が均衡しないことがあるのです。それが例えば立位姿勢における休めの姿勢だったり利き足と軸足のどちらかに体を預けるような体の使い方になるわけです。皆様も例えば立位になって休めのポーズを取ってみてください。片足を前にだしてもう一方の足に体重を預けるわけです。すると楽に立つことができますよね。このときは後ろ側になる軸足の大腿骨と脛骨が完全に一直線になり杖のように働きますので筋肉が働かずに済むのです。

片足を杖のように使うことで筋力の衰えてしまう。膝関節の構造体の変形や足底の変形などにより片側の脚長差を生じさせる。

※スポンサーCM

ところがこの状態とは膝の内部に存在する半月板が常に膝関節に挟み込まれてしまうために半月板の変形を招いてしまったりして常に姿勢が傾いてしまったりするのです。また、片足に体重を預けておりますと筋力が著しく落ちてしまいます。本来ならば足の力で骨盤を左右から挟みこむようにして立位を保持するのですが、杖のように足を使うために筋力が働かず筋肉が衰えてしまうわけです。

片側に体重が乗ると偏平足となり片側に脚長差による偏りを生み出す

また、常に片足に体重が乗っておりますとそちら側の足裏の土踏まずが引き伸ばされて偏平足になりますのでその分だけ片側に偏りを生み出してしまうわけです。

これらの脚長差が常に重心の偏りを生み出してしまい、常に同じ側ばかりが酷使されてぎっくり腰などを生じさせてしまうわけだったのです。

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?

ヘルニアの手術後、予後が悪いか?

ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?

ヘルニア、手術後に気をつけること

ヘルニアの手術後の予後は良いのか?

ヘルニアで筋力低下した。手術は?

ヘルニアの手術後に痛みが悪化した

ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める

ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?

椎間板ヘルニア手術後の生活

椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない

椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?

椎間板ヘルニア手術後に再発するの?

ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?

ヘルニアの手術の必要性

ヘルニア手術後にぎっくり腰になった

ヘルニア手術後 立ち仕事

ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?

ヘルニアで手術後の引越し

ヘルニアのレーザー治療は?

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?

ヘルニア患者の手術の判断

坐骨神経痛手術

結論:手術は無駄だった

坐骨神経痛、手術を受けて治ったと勘違いしやすいもの

坐骨神経痛、手術を受けたほうが良いケース・良くないケース

坐骨神経痛、手術はなぜ難しいのか?

坐骨神経痛、手術によって治るか?

狭窄症や変形性脊椎症の神経圧迫は手術しか対処方法はないの?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

手術その他

腰の手術後のコルセットの目的

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

腰にシップを貼るとお腹が痛くなる

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

湿布は痛みが強くなるのか

湿布はいつまで貼るの?

外用薬

アレルギーで湿布が貼れない

湿布を貼ったら痛みが悪化した

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

サロンパス貼った後 腰が痛い

湿布が染みる

湿布が痛い|ヘルニアは湿布で悪化する

ぎっくり腰シップを貼ると痛みが増す

湿布薬

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

モーラステープを痛みに貼ったら余計痛くなった

ぎっくり腰モーラステープ

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

ぎっくり腰治療の薬、ドラッグストアは?

痛み止めは気分が落ち込む

痛み止めの効き目は?

整形外科で用いる薬物療法がなぜ効かない?

鎮痛剤が効かないのはどうして?

慢性化しているぎっくり腰で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

腰が痛いときの痛み止め

ぎっくり腰痛み止めが効かない

慢性腰痛で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰対処:抗炎症剤を用いるデメリット

ぎっくり腰の鎮痛剤のデメリット

その他飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?

慢性腰痛に漢方薬は?

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

ブロック注射の副作用

注射VS飲み薬

腰痛治療の神経ブロックの効果

筋弛緩剤の副作用

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い

トリガーポイントブロックが効かない

トリガーポイントを生じるぎっくり腰について

トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い

トリガーポイントについて

ぎっくり腰とトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイントの発生機序

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛

坐骨神経痛のトリガーポイントに関して

トリガーポイントの発生原因

トリガーポイントの考え方

アナトミートレインに対してのアプローチの重要性について

ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?

ヘルニアの手術後、予後が悪いか?

ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?

ヘルニア、手術後に気をつけること

ヘルニアの手術後の予後は良いのか?

ヘルニアで筋力低下した。手術は?

ヘルニアの手術後に痛みが悪化した

ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める

ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?

椎間板ヘルニア手術後の生活

椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない

椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?

椎間板ヘルニア手術後に再発するの?

ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?

ヘルニアの手術の必要性

ヘルニア手術後にぎっくり腰になった

ヘルニア手術後 立ち仕事

ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?

ヘルニアで手術後の引越し

ヘルニアのレーザー治療は?

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?

ヘルニア患者の手術の判断

坐骨神経痛手術

結論:手術は無駄だった

坐骨神経痛、手術を受けて治ったと勘違いしやすいもの

坐骨神経痛、手術を受けたほうが良いケース・良くないケース

坐骨神経痛、手術はなぜ難しいのか?

坐骨神経痛、手術によって治るか?

狭窄症や変形性脊椎症の神経圧迫は手術しか対処方法はないの?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

手術その他

腰の手術後のコルセットの目的

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

腰にシップを貼るとお腹が痛くなる

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

湿布は痛みが強くなるのか

湿布はいつまで貼るの?

外用薬

アレルギーで湿布が貼れない

湿布を貼ったら痛みが悪化した

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

サロンパス貼った後 腰が痛い

湿布が染みる

湿布が痛い|ヘルニアは湿布で悪化する

ぎっくり腰シップを貼ると痛みが増す

湿布薬

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

モーラステープを痛みに貼ったら余計痛くなった

ぎっくり腰モーラステープ

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

ぎっくり腰治療の薬、ドラッグストアは?

痛み止めは気分が落ち込む

痛み止めの効き目は?

整形外科で用いる薬物療法がなぜ効かない?

鎮痛剤が効かないのはどうして?

慢性化しているぎっくり腰で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

腰が痛いときの痛み止め

ぎっくり腰痛み止めが効かない

慢性腰痛で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰対処:抗炎症剤を用いるデメリット

ぎっくり腰の鎮痛剤のデメリット

その他飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?

慢性腰痛に漢方薬は?

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

ブロック注射の副作用

注射VS飲み薬

腰痛治療の神経ブロックの効果

筋弛緩剤の副作用

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い

トリガーポイントブロックが効かない

トリガーポイントを生じるぎっくり腰について

トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い

トリガーポイントについて

ぎっくり腰とトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイントの発生機序

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛

坐骨神経痛のトリガーポイントに関して

トリガーポイントの発生原因

トリガーポイントの考え方

アナトミートレインに対してのアプローチの重要性について

ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書