トリガーポイントの発生原因

常に体の片側ばかりが辛くなってしまうのには体の優位側と劣位側による使用度の偏りや偏った姿勢が関係している。特に重心を傾けてしまう利き足と軸足の関係、軸足に体重を偏りすぎることで体の左右の筋力の均衡が崩れる。

※スポンサーCM

『なぜぎっくり腰患者は体の片側にばかりトリガーポイントが現れるのか?』

皆様もぎっくり腰などになられたことがあるとは思いますが、日常的に体の右半身や左半身ばかりが辛くなってしまうことでしょう。

トリガーポイントとは痛みの引き金

この辛くなっている部分のことをトリガーポイントと呼ぶことがあるのです。厳密にはトリガーポイントとは痛みや辛さが出たときの引き金のようになっているもののことを言います。

痛みの原発部位と離れた部分にあるので引き金の部分を見極める必要がある。

例えば足に痛みは出ているのですがトリガーポイント自体はお尻や背骨にあって、痛みの原発部位だけにアプローチしても痛みは解消されません。したがいまして引き金になる部分を見極めることでそこから離れたところの主訴の症状を鎮めようとするのがトリガーポイント療法となるわけです。

※スポンサーCM

片側ばかりが辛くなるのは重心が偏っているから。

しかし、皆様も不思議に思うはずですが、例えば右半身がいつも辛くなるとしましょう。すると右側の腰はもちろんですが、お尻や膝、それだけでなく肩も辛くなることでしょう。どうして右半身ばかりが辛くなるのかと申しますと体の重心が偏っているからなのです。

トリガーポイントがいつも片側ばかりに現れるのは重心の偏り、その理由に優位側と劣位側がある。

なぜ多くの場合片側ばかりが辛くなるのかと申しますとそこには体の優位側と劣位側が関係しております。利き手とか利き足とかいう言葉がありますがあれのことだと思っていただければ分かり安いと思います。私たちの多くは常に右側で物を持ったり文字を書いたりと使用が多くなることでしょう。

普段良く右を使えば脳は左側が活用される。すると他の部位も右優位となる。

このときというこのは脳は左側が活用されます。左の脳から出された命令が右半身にくだされて右側ばかりを使っているわけです。したがいまして、いつも右手ばかりを使っていると脳は左側ばかりが活用されて、右半身の手はもちろん腕や肩、膝腰など全てが右優位で活用されるわけです。

偏りはオーバーユース、もしくはディスユーズを招く

この片側偏重の使用に偏ることでその部位がオーバーユースを生じてしまい痛みを発してしまうわけです。もしくは、劣位側が衰えてしまいディスユーズ型(衰え・廃用)の疼痛を発してしまうわけです。

人間は真っ直ぐの姿勢を保つためには左右から正中線の軸を挟みこんで支える必要がある。

また、こういったものは日常の使用度の偏りだけの問題ではありません。私たちの体とは立位姿勢や座位姿勢を保ったときは円柱の筒が立っているときのように一定の状態で静止することはできません。正中線を一つの軸として捉えたときにその軸を左右から挟みこんで真っ直ぐに保つようにしているから姿勢を真っ直ぐに保つことができるわけです。つまり真剣白羽取りのように左右から押し付け合う力が働いているために真っ直ぐの状態を保てるわけです。

左右で対向する力が偏ることで片側に負担が集中する。

ところがこの左右から挟みこむ力が均衡しないことがあるのです。それが例えば立位姿勢における休めの姿勢だったり利き足と軸足のどちらかに体を預けるような体の使い方になるわけです。皆様も例えば立位になって休めのポーズを取ってみてください。片足を前にだしてもう一方の足に体重を預けるわけです。すると楽に立つことができますよね。このときは後ろ側になる軸足の大腿骨と脛骨が完全に一直線になり杖のように働きますので筋肉が働かずに済むのです。

片足を杖のように使うことで筋力の衰えてしまう。膝関節の構造体の変形や足底の変形などにより片側の脚長差を生じさせる。

※スポンサーCM

ところがこの状態とは膝の内部に存在する半月板が常に膝関節に挟み込まれてしまうために半月板の変形を招いてしまったりして常に姿勢が傾いてしまったりするのです。また、片足に体重を預けておりますと筋力が著しく落ちてしまいます。本来ならば足の力で骨盤を左右から挟みこむようにして立位を保持するのですが、杖のように足を使うために筋力が働かず筋肉が衰えてしまうわけです。

片側に体重が乗ると偏平足となり片側に脚長差による偏りを生み出す

また、常に片足に体重が乗っておりますとそちら側の足裏の土踏まずが引き伸ばされて偏平足になりますのでその分だけ片側に偏りを生み出してしまうわけです。

これらの脚長差が常に重心の偏りを生み出してしまい、常に同じ側ばかりが酷使されてぎっくり腰などを生じさせてしまうわけだったのです。

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い
  1. トリガーポイントブロックが効かないトリガーポイントブロックを用いる開業医の多くは単なる局所麻酔のことをトリガーポイントブロックと表現していることが多い
  2. トリガーポイントを生じるぎっくり腰について腰の筋肉の辛い所を指で押すと痛みが離れたところに伝わっていく現象、引き金を引くように痛みが現れる。
  3. トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い筋肉は区画を構成し、その区画内部で生じる痛みがトリガーポイントであるため、区画内部は遮られた場所なので痛みの成分が抜け難く、自然治癒を待っていると痛みが長期化しやすいです。
  4. トリガーポイントについて軟部組織の変性によって生じる筋肉のシコリであり、活性TP、潜在TP、波及TPがある
  5. ぎっくり腰とトリガーポイント脊柱起立筋の中でも多裂筋と横突間筋・棘間筋・腰方形筋のコンパートメント症候群であり、コンパートメント(区画)内圧の上昇によってもたらされる痛みをトリガーポイントと呼ぶ
  6. 腰方形筋のトリガーポイントの発生機序お尻を先生2人掛りでマッサージしてもなおらぬケース、お尻に原因があるわけでなく腰方形筋の攣縮による関連痛であった。
  7. 腰方形筋のトリガーポイントと関連痛尻の痛みは、直接出ている部位に硬結などの異常所見が見られぬことがある。そのトリガーポイントの多くが腰方形筋である脊柱近傍よりもたらされる
  8. 坐骨神経痛のトリガーポイントに関してお尻の部分に痛みを呈するものでは従来は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などといわれているが梨状筋トリガーポイントによるものが多い。
  9. トリガーポイントの発生原因軸足と利き足の偏り
  10. トリガーポイントの考え方痛みを取り除くこと以上に、その原因となる患者の日常にアプローチすることが不可欠である。
  11. アナトミートレインに対してのアプローチの重要性についてトリガーポイント部分を基点に筋の硬結が上下に路線を広げるように展開されることがあるアナトミートレイン全体に対して処置を手がける
  12. ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察罹患部位を指で押すとジンワリとする圧痛点があれば筋・筋膜性疼痛とする説があるが、圧痛点がないものでも筋・筋膜の治療効果は十分にみられる
  13. aaa慢性腰痛の背後にはトリガーポイントがあるトリガーポイントが関連痛をつくり、広がっていく
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い

トリガーポイントブロックが効かない

トリガーポイントを生じるぎっくり腰について

トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い

トリガーポイントについて

ぎっくり腰とトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイントの発生機序

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛

坐骨神経痛のトリガーポイントに関して

トリガーポイントの発生原因

トリガーポイントの考え方

アナトミートレインに対してのアプローチの重要性について

ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察

慢性腰痛の背後にはトリガーポイントがある

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)