ぎっくり腰になりやすい生活習慣

ぎっくり腰は重たい荷物の持上げ方だけを学習しても対策できることはたかが知れており、本格的な対策にはコンディション作りが必要となる。そのためには生活習慣が大きく関係している。特に日常の座る姿勢が大きく、床に腰掛ける生活は立ち上がったり腰掛けるときの上下移動が大きく足腰の負担となる。また、姿勢を保つことがつらいのでついつい横になってしまい気がつくと寝たきりのように過ごすことになりうる。寝たきりでいると筋肉や関節が固まってぎっくり腰の原因となりうる。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は重たい荷物の持ち方だけを学んでも対策としては不十分

ぎっくり腰と申しますとほとんどの方は重たい荷物をお持ちになられてなったり、パチンコ屋さんの従業員さんのように球箱を持上げたり、引越しの荷物運び、さらには土木工事などの作業員さんに起こるものだというイメージがございます。

したがいまして、様々なぎっくり腰や腰痛の文献を拝見させていただきますと至るところで『腰を落として持つ』、『膝を曲げる』、『胴体に密着させる』などということを訴えられております。もちろんこの通りにしていただきますと腰の負担が軽減することは確かです。

しかしそれで十分な対策なのかといいますと、それだけでは不十分なところが多いです。なぜならば荷物の持ちあげ方を学習された方はそのときは大丈夫ですが、ふとした腰を屈めた拍子になったり、軽いクズ籠程度の荷物を持上げた程度でもぎっくり腰になってしまうこともありますし、こればかりはどこまで気をつけたら良いのか?というぐらいウンザリするほど気をつけることだらけになってしまうことです。

※スポンサーCM

日常で気をつけることがコンディショニング

ではどういうことに気をつけるべきなのかと申しますと少しでも腰のコンディションを高めることで少々のことではぎっくり腰に陥らぬようにすることが大切です。全てを注意することは難しいですから特に気をつけるところだけ意識的にとりくんでそれ以外は体調のよさでカバーしたほうが精神的にも楽です。

コンディショニングで気をつけるべきことが日常の生活習慣

ではコンディションを保つ上でどういったことに気をつけるべきなのでしょうか?食事や睡眠、運動などあげればキリがありませんから一つだけ皆様に実践していただきたいことを御伝えしますとやはりできるだけ生活習慣として毎日何気なく行っていることを気をつけるようにすることが良いです。

日常生活動作では座り方。出来るだけイスに腰掛ける。

ではどういった生活習慣に気をつけるべきなのかと申しますと日常動作として毎日実施している座り方になります。床に腰掛けたりクッションに寄りかかったり、胡坐をしたり、ソッファーだったり、そしてイスに腰掛ける暮らしをされる方もおります。

ここではできるだけイスを用いて腰掛けるようにしていただくことをオススメしたいです。テーブルもできるだけ椅子に合わせて高さのあるものを用いてください。

理由①上下の移動が少ないため膝や腰の負担が少ない。

では理由の一つ目ですが、イスを用いていただきますと立ったり座ったりという上下の移動が少なくなりますので足腰の負担が少ないことが上げられます。どうしても体が衰えてしまいますとこういった動作を面倒に思ってついつい起き上がらなくなってしまいます。弱まった足腰でも痛めないためにはやはり急激な負担の掛かる立ち上がりやしゃがみこみなどを楽にこなせるようにすることが必要です。

理由②床だと姿勢を保つことが困難なため寝転んでしまう。

※スポンサーCM

また、イスに腰掛けたときには背もたれに寄りかかったりと比較的に姿勢を保つことが楽です。

ところが床に腰掛けたときには姿勢を保つこと自体が困難です。背もたれもありませんし膝も深く曲げなくてはなりません。正座では膝を深く曲げますからとてもではありませんがリラックスできません。したがってついつい楽な姿勢をとってしまい気がつくと常に寝転んで立て肘をしてテレビを見ていたりとほとんど筋肉を使わず、家事以外の時間を寝たきりで過ごしてしまっているようなことがあります。

寝たきりで過ごすと筋肉・関節が固くなる。できるだけイスを用いる。

ではこれがどういった支障があるのかと申しますとやはり人の体は常に動かしていないと適度な柔らかさを保つことができません。次第に体を動かさないことで筋肉や関節が固くなってしまい不意に体を動かすと固まった箇所が妨げとなってぎっくり腰を頻発させてしまうのです。今現在頻繁にぎっくり腰を繰りかえされている方ではそういった日常をお過ごしになられている方は多いです。イスなどは立った数千円で立派なものが変えますし、10万円ぐらい掛ければ相当機能性の優れたものが手に入りますからそういったものを用いていただきますと腰部の健康状態を保つことには向いております。

生活場面での腰痛対策

  1. 腰痛持ちの自転車は?妥当なのは電動自転車
  2. 腰痛持ちにディズニーは?心理学的には非常に厳しい。
  3. 腰痛持ちにクロスバイクは?腰痛の度合いにもよる。
  4. 雪かきの腰痛は?雪かきと全く関係ない東京都民が考えたいと思います。
  5. 腰痛持ちに飛行機は?飛行機で不安があるなら、海外や旅行先はもっと不安があると思いますよ。
  6. 靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす高頻度で見かけるぎっくり腰患者の家庭の光景
  7. 読書によるぎっくり腰の防止のコツぎっくり腰の防止にはできるだけ下をうつむかないようにすることが大切
  8. カートを押したら腰が痛い手の力だけで押すと腰に負担を与える。体重を使って全身で押し出すようにすると良い。
  9. 寝起きのぎっくり腰の防止法布団の中で簡単な体操をして体をほぐしてから起き上がる
  10. ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける発生率を簡単に激減させる方法は確かに存在する。たった一つの配慮をするだけでよい。
  11. 腰を痛めずに顔を洗う中腰になって顔を洗面台に近づけると腰を悪くするため、洗面器にお湯を入れて顔に近づけて腰をかがめない。
  12. 犬を飼う腰痛の効果意外な予防法は犬を飼うこと。散歩など楽しみながら世話することで体を鍛えることにつながる。
  13. 気をつけるべき生活習慣姿勢に気をつけ、規則正しい生活と睡眠、食事と入浴をしましょう。
  14. 対策で習慣付けることはフィードフォアード。ブレーシングをしてから動作をするようにクセ付けて腰椎を守りましょう。
  15. 画面の位置を変えるだけで腰痛は治る綺麗な姿勢になって顔の正面に画面が来るようにすると姿勢が楽に保たれます。
  16. 若者はタクシー習慣を止めようついつい歩くことが面倒くさくてタクシーに乗ったりするものだがお金も掛るし、足腰の衰えを招きます。若い方でしたら1時間ぐらいの徒歩移動は良い運動だと思って積極的に体を動かすようにし、タクシー代を節約しましょう。
  17. 自転車に乗るときの腰の負担強く蹴り出すほど反作用を受けて体がぶれるため姿勢を安定させるために腰の力を沢山必要として腰痛になる。
  18. 防止のために心がけたい日常習慣ぎっくり腰になり安い猫背姿勢は日常習慣として対策すべきものであるが、人体の最大の弱点である内臓を外気や外敵から守るために背を丸めるという防衛本能によるものであり、手のひらでお腹をさするクセをつけると内臓が活発化して猫背が矯正されるため日常でお腹をさする習慣をもつことが良い。
  19. 気をつける日常習慣重たい荷物の持上げ方だけでなく日常の体のコンディションにも気をつけるべき
  20. 床暖房で腰痛リスクを減少腰痛患者の多くが裸足で屋内で過ごすことが多い。スリッパや靴下を履くことで体の熱の漏出を防ぐと腰痛のリスクを減らせるが、これらの履物は足裏の感覚を衰えさせる要因ともなり、安定力を損なわせる。そのため床暖房で裸足でも屋内で過ごせるように出来ることが腰痛対策では理想
  21. 車から降りるときのぎっくり腰の防止車から降りるときには腰を捻って降りようとすると痛めてしまう。到着前に背筋を真っ直ぐに保って骨盤ごと数回の動作に分けて向きを変えることが良い
  22. 規則正しい生活のぎっくり腰防止効果人にはバイオリズムがあり、不規則な生活をしていると調子のムラがどうしても出来てしまう
  23. 怠惰な人でもできるぎっくり腰対策どうしても努力したくはないという方はともかくグリップ力のある靴を履きましょう。
  24. 椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法立ち上がるときに先にお尻を持ち上げてから腰をかがめると良い。お尻をくっ付けたまま腰を深く屈めたり腰を動かすと痛めてしまう
  25. 朝早くのぎっくり腰は洗顔や歯磨きの中腰に気をつける片足を踏み台の上にのせると中腰の負担が減る
  26. 関節可動域を高めるために必要な動き関節は真っ直ぐな動きでストレッチをしても可動域を高めることはできず捻る動きを取り入れることが良い。
  27. 腰痛を防ぐには関節を動かす正常な関節は存在を感じないもの
  28. 帰省の長時間の運転でのぎっくり腰対策2時間に1回サービスエリアに立ち寄ること
  29. 慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター筋肉には筋紡錘というセンサーがあり、過剰な伸張反射を招くと腰痛を悪化させる。とくに気をつけるのがエレベーターの落下のタイミング
  30. 自動車運転によるぎっくり腰前方に進むときの力によって常に後ろに体が引っ張られるため体の前面の筋肉が固まることが多い

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちの自転車は?

腰痛持ちにディズニーは?

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

雪かきの腰痛は?

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

カートを押したら腰が痛い

寝起きのぎっくり腰の防止法

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

腰を痛めずに顔を洗う

犬を飼う腰痛の効果

気をつけるべき生活習慣

対策で習慣付けること

画面の位置を変えるだけで腰痛は治る

若者はタクシー習慣を止めよう

自転車に乗るときの腰の負担

防止のために心がけたい日常習慣

気をつける日常習慣

床暖房で腰痛リスクを減少

車から降りるときのぎっくり腰の防止

規則正しい生活のぎっくり腰防止効果

怠惰な人でもできるぎっくり腰対策

椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法

朝早くのぎっくり腰は洗顔や歯磨きの中腰に気をつける

関節可動域を高めるために必要な動き

腰痛を防ぐには関節を動かす

帰省の長時間の運転でのぎっくり腰対策

慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター

自動車運転によるぎっくり腰

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)