荘A[NX̉@

インソールによる腰痛予防

足裏のアーチは衝撃を吸収して、踏ん張る力を増幅し、下半身の筋力を有効に発揮させる。柔らかい足首の動作やつま先の動作で縦アーチと横アーチを鍛えよう。短気的な改善のためにはインソールを土踏まずや足裏に入れても良い。ただし、トレーニングと平行してもちいねば依存によるアーチの廃用を招くので注意が必要

※スポンサーCM

整体によって無事に急性期の腰部の激痛を抑えることができました。

「先生、助かりましたよ。ここまで私の腰の痛みを軽くしてくれて本当に感謝しております。」
「A様、本当に良かったですね。」

ぎっくり腰防止のためのつま先を使ったトレーニングについて

「ところで先生、術前のご説明では今後のケアとしてつま先を使ったトレーニングをする必要があるということですが、できれば読者の皆様のためにももう一度最初からご説明をしていただき、対処法などについて教えていただければと思います。あと、筋力トレーニングだと結果が出るまでに少し時間が掛かってしまうと思いますので、筋肉が着くまでの応急処置としての方法を幾つか教えていただきたいのですが。」

腰の筋力は十分にあるのにぎっくり腰になる。座り仕事なのに異様な足裏のタコがある。

このようにおっしゃられるわけです。では、途中のお話を完全に省略しておりますので、最初からお話をさせていただきますと、今回のぎっくり腰のA様の整体をするにあたって事前の徒手検査をしたのですが、そのときに腰部の筋力は充分にあるにも関わらず腰を痛めておられましたので、腰以外の部分に原因があるのであろうと想定し、原因箇所を探してゆくとどうやら座り仕事で一日中ほとんどあるかぬA様なのに異様なほどに足裏にタコができていたわけです。

土踏まずの機能不全、つま先の開帳足と扁平促

通常ならば何か特定のスポーツをしていたり、靴に異常があったり、体重がおもすぎったりしなければそこまで大きなタコができることはありません。そこで足裏の土踏まずが機能不全に陥っているものであると想定して足裏の高さをチェックしたところA様の場合はつま先が開帳足となり、足の土踏まずの隙間が狭まる扁平足にも陥っていることが分かったのです。

足裏の機能は2つ、グリップ機能と衝撃吸収(バネ)機能

では偏平足になることがなぜいけないのかと申しますと、それは足裏のアーチには主な機能が2つあって1つがグリップ性つまり踏ん張って地面に体を固定することで力の伝達を増やす作用、そして、踏み込んだときや着地したときの衝撃を吸収してバネのように押し返す作用となるのです。

足裏のアーチが発達しているほど力強く蹴りだすことができる。足裏の機能不全は腰の負担を増加させる。

したがいまして、マラソン選手のように体の軽い人で脚筋力があってアーチが発達している方だと着地したときにガシっと地面を踏みしめて力強く蹴り出すこと可能にするのです。ところが足裏の機能不全によってそれが妨げられてしまうからこそ、足の筋力を発揮しきれずに腰の負担となってしまっていたわけです。

アーチを鍛えるためにはつま先と足首の運動が必要。

ではどうしたらアーチを元通りに復元できるのかと申しますと、それがつま先の運動と足首の柔軟な運動になるわけです。歩くときや自転車をこぐときなどにつま先で地面を押し出す。そして、しっかりと足首を曲げ伸ばしすることを意識していただき、地面をきちんと踏みしめることが大切となるわけです。

短期間での症状の改善のためにはインソールがおすすめ

では、アーチの筋力が改善するまでしばらくの期間をどうしたら良いのかと申しますと、基本的には正しくトレーニングを積んでも筋力がつくまでには2~3ヶ月の期間が掛かりますのでその間はインソールというものを使ってアーチを作ります。インソールとは靴底などに入れていただくことで足の土踏まずや足の一指し趾から中趾、薬趾の根元付近にあてがう事で縦アーチと横アーチを補います。

インソールの利用は必ず筋力トレーニングと平衡しましょう。

ただし、注意していただきたいことは、これを使うに当たっては必ず筋力トレーニングを平衡しておこなうことが必要となるということです。筋力を鍛えずにこれに依存してしまいますと余計にアーチの筋肉が使われませんので足裏が余計に衰えてしまうことが考えられます。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書