慢性腰痛は手術が必要なの?

慢性腰痛患者では腰の痛みが煩わしくて面倒だから手術を受けたいと願う方がいるが、手術の対象となるものは画像検査などで構造的な問題が明らかになるものだけ。多くの体の痛みは体の機能低下からもたらされる酸素欠乏によるものであるため手術の適応とはならない。

※スポンサーCM

腰の慢性的な痛み『う・・・まただ・・こんなに辛いんだったらいっそのこと手術でも受けたいよ』

ぎっくり腰は幅広い腰部疾患の概念でどちらかというと腰部の局部的な炎症の強いものを意味します。そのため慢性的に腰が優れない方がイスから立ち上がったきっかけに不意に腰に激痛が発したりするものも当然のことながらこの概念に含まれます。

こういった慢性腰痛はとてもしぶといのが特徴で、数年間腰の不具合を持ち続けている方がいらっしゃることは事実です。そしてちょっとした油断をするたびに腰に激痛が再燃するためときとして陥った方が『こんなに辛いのならばサッサと手術を受けて治してもらいたい』などとおっしゃられることもあります。ではこういったお考え、実際には可能なのでしょうか?

明らかな構造的な問題が見つからないと手術はできない。

ではお答えして参りますと結論から申し上げますと『面倒だから』という理由で手術を実施することは基本的にはできないものであると思っていただければ良いでしょう。今現在の病院などの医療は国民の税金によって賄われる公費を使って運営しているものですから皆様がそういった保険財源を利用して医師の治療をお求めになられる場合には手術を受ける対象にはならない可能性が高いです。

※スポンサーCM

仮に全て皆様の自己負担だけで行う場合は私立病院などでしたらお受けしてくれるケースもあることだと思います。しかし、そういった金銭面の問題だけではなく手術をするに当たっては決定的な手術をする根拠である構造的な問題を見つけないとそれを実施することはできないのです。

例えば腰椎椎間板ヘルニアで飛び出したヘルニアの塊が腰部の神経を明らかに圧迫していたり、腰椎が砕けており粉々になっているため骨の変わりにセラミッグをいれないといけない状態だったり、腰椎の配列が滑ってズレテしまいボルトでつなぎ合わせないといけなかったりと構造的に破壊されているものをそういった別の材料を用いて補うことを目的とします。そのためまず構造的な問題が発見できなくては手術をする根拠がありません。

何の問題も見つけられないものを補おうとしてもどこにも問題がないのですから補いようがありません。手術と言えば万能で最後の砦のように思えてしまうものですが、結局は本来人の体が持っている構造を補うだけであり、構造的な問題だけしか扱うことは一切できないのです。

人の体の痛みの多くは機能的な問題から生じる。酸素の欠乏した部分に痛みが生じる。

ところがこういった構造的な問題が腰部の痛みの原因となるケースは全体で言えば珍しいです。手術が必要となる腰痛のケースは全体の1%以下です。例えば腰椎椎間板ヘルニアのような病気であったとしても自然治癒などで治ってしまうものがほとんどであり、手術を要するものは全体の7%であるという数値があるほどです。人の体の痛みとは構造的な問題が原因となるものは珍しく、ほとんどのものは体の正常な機能が低下することで生じるものだと思ってください。例えば腰部の筋肉がしっかりと活動して血流の循環を作り出していれば腰周りの骨や筋肉など全ての組織が強い状態が保たれているのですが、デスクワークなどで常にイスに腰かけた状態が続きますと腰部の代謝が停滞してしまいやがて血流が悪くなった部分の酸素が欠乏して痛みを生じるようになってしまうのです。

別の方法があれば決して取らないことが普通

基本的には手術とは最後の手段として用いることが一般的です。なぜなら一旦行ってしまえば後で取り返しがつかないからです。普通は他に方法があればその方法を用いることはありません。例えば高齢者で足腰が不自由だったとしても時間を掛ければ日常に問題がなければそのまま過ごしてもらうこともありますし、杖などを用いれば足腰の痛みが軽減するのでしたらもちろん手術はしません。また筋力を強化したり、物理療法などで痛みが緩和できるものもあります。そういった方法を試してみて他に方法が無いときに用いることが一般的なのです。

また、手術をしないといじるしく痛みが強くて日常生活が困難なとき、プロスポーツ選手や日常の労働が出来なくなるようなレベルのものなど早期の復帰を望むときにやむを得ず行うものであると考えていただくことが大切です。

※スポンサーCM

面倒くさいからサッサと切ってもらって治そうという投げやりな考えではなくなぜその状態に陥ってしまったのか?きちんと専門家にアドバイスを受けていただくことがまずは大切であると言えます。

手術を受けて仮に症状が治まっても原因が不明であれば別の腰部疾患を引き起こす。

また、仮に手術を行って無事に腰の痛みが完治したとしましょう。しかし、そもそもなぜ腰部疾患に陥ってしまったのかという原因が明らかにされておりませんと手術が成功してもそう遠くない将来にまた別の腰部疾患に陥る可能性があります。例えば腰部の4番と5番の間にヘルニアができたとして、その部位を手術で除去したとしましょう。しかし、もともと持っている筋力不足や悪い日常姿勢を改善せずに過ごしておりますと今度は隣接する5番と仙骨の間の椎間板がつぶれてしまったりと根本原因は改善しておりませんからまた別の腰痛を引き起こしたりと延々と手術を繰り返す羽目に陥ってしまうのです。

手術その他

  1. 重篤なケースの手術判断慢性腰痛患者様の手術の判断について。複数名の医師によるセカンドオピニオンについて。
  2. Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?ヘルニアを起こすと背骨の隙間が狭まると言いますが、背骨の隙間は加齢現象によって生じるもの。歳相応の狭まりが合った方がむしろ機能性が優れており、腰痛の発生は統計的には少ないぐらいです。狭まりと腰痛は無関係で、むしろ別の要因を疑う必要があります。
  3. どうしたら手術が受けられるか?手術は①画像検査での明らかな根拠、②複数名の専門医の所見の一致、③他の療法での改善が得られぬとき、の3条件を満たして初めて受けることができます。最終的な判断は専門医に委ねられ、希望すれば受けられるわけではありません。手術というものは取り返しが付かぬものですから手軽に試せる民間療法を利用してみましょう。
  4. 手術後のお酒はいつから?椎間板ヘルニアの手術後の飲酒は半年後からが良い。詳しくは担当医まで。しかし、ヘルニアを再発させたくないのならばお酒をやめることがもっとも対策となる。
  5. 腰痛の手術の3条件①画像と診察の一致、②手術以外の治療効果がない、③患者の理解
  6. 手術を受けられない絶対条件感染症や受ける体力が無い人、受けることでデメリットの方が大きくなる人
  7. 患者都合で手術が仕方ないケース本当ならば安静にすることで良くなるけれども手術を受けることもしょうがないだろうというケース
  8. 手術をおすすめする人人には価値観の違いがある。主体的な努力を放棄するなら最初から早めに白旗を揚げて手術を受けた方が傷口を広げずに済むこともある。
  9. 慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?もう鬱陶しい腰の痛みをサッサと治してもらいたいという考えの方のページ
  10. 病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?画像所見で明らかな異常を認めるものでも緊急性がなければ手術を急ぐ必要なない。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

手術その他

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

腰痛の手術の3条件

手術を受けられない絶対条件

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)