数週間続く腰痛は自然治癒しない

結論:治療でないと治らないものがある

〔目次〕

※息抜きコラム

概要:腰痛は寝ていて治るものもあれば治療を受けないと治らないものもある。

  1. 息抜きコラム数週間続くぎっくり腰で気をつけるべきこと
  2. 気をつけること寝て様子を見ることで2週間経っても軽減しない場合は痛みが慢性化している可能性がある。
  3. 慢性化とは?常に腰が曲がって痛みを訴える高齢者のよう
  4. 対策整体で筋肉に蓄積された発痛成分を除去すると良い

ぎっくり腰は2週間ほどで痛みが治まることが一般的であるが数週間痛みが持続するときには痛みが慢性化している可能性があり、高齢者の曲がった腰のように自然治癒が得られなくなっていることがある。患部に蓄積された発痛成分を手技によって排泄することが良い。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は余りにも激しい痛みによって身動きが取れなくなってしまうものですが、ほとんどのものは何もせず寝てすごしているだけでも2週間ぐらいで痛みが治まってくるものです。

メニューに戻る

気をつけること:寝て様子を見ることで2週間経っても軽減しない場合は痛みが慢性化している可能性がある。

注意していただきたいことはやはり2週間寝て様子を見ているにも関わらず痛みが軽減しないときです。2週間ほど経過しても痛みが一向に治まる気配がないときには慢性化している可能性があります。

メニューに戻る

慢性化とは?常に腰が曲がって痛みを訴える高齢者のよう

※スポンサーCM

こういった痛みが慢性化しているものは腰が曲がって杖をついているような高齢者に多く見られる腰の痛みの訴え方です。高齢者の場合は背骨が曲がり始めて痛みが治まらなくなっているわけですが、若者で数週間経過しているときには筋肉が硬直しており、血流が悪くなって発痛成分が蓄積している可能性があります。安静にして寝て過ごしておりますと疲労成分などは次第に抜けてゆくわけですが、発痛成分が抜けることはありません。

メニューに戻る

対策:整体で筋肉に蓄積された発痛成分を除去すると良い

どういったことをすると痛みが緩快されるのかと申しますと、整体を受けていただくことで筋肉に蓄積された発痛成分を除去することが望ましいです。ご自分で出来るセルフケアとしましては痛みの伴わない範囲で体を少しずつストレッチするなどして体の動かせる範囲を広げていっていただきますと痛みが和らぐこともございます。コルセットなどで腰部を補強することも痛みが治まるケースがあります。

メニューに戻る

※スポンサーCM

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

  1. 時間経過と腰痛関節弾力による腰痛は時間が経過しても治らない。
  2. 一ヶ月腰痛が治らない原因すでに慢性化が起こっている。
  3. ぎっくり腰何日かかる?軽い筋肉の炎症なら3日、関節の硬直なら整体で1回で治る。1ヶ月以上痛いものは精密検査を受けよう
  4. ぎっくり腰の仕事復帰一般的には痛みが収まったら復帰されますが、腰をどの程度酷使するのか?そして仕事の考え方にもよります。
  5. 数週間続く腰痛は自然治癒しない慢性化している可能性があるため治療を受けないと治らないこともある。
  6. 3週間続くぎっくり腰は慢性化している自然治癒が期待できるぎっくり腰は発生後1~2週間まで
  7. スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安スポーツでは人が持っている力の100%の発揮を目指す故に一旦ぎっくり腰を発症したらベストパフォーマンスには3ヶ月ほど要することもある。
  8. ゴルフの再開は?ぎっくり腰からのゴルフの再開は、多くの症例に共通する腰椎の椎間板ヘルニアの突出したヘルニアの誘導操作によって多くの場合痛みが治まるが、結果の良し悪しに関わらず低下した腰部の運動性をリハビリによって克服せねば安全性の補償はできません。
  9. 1ヶ月以上続く腰痛の原因1ヶ月以上腰痛が続くと骨折や悪い病気をイメージしますが、自然治癒メカニズム(血流が悪い)だけのこともあります。寝ていないでキチンと治療を受けましょう。
  10. 安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由痛いときには注意するが治まると同じ動作を繰り返すから。
  11. 腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期最も痛みが強い時期ではなく意外なことに痛みが治まった直後
腰痛の検査・慢性期判断

腰痛の検査・慢性期判断

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

腰痛の検査・経過判断関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)