荘A[NX̉@

腰痛患者が沢山話をしたり極端な行動を取りたがる原因

ぎっくり腰患者では重症患者ほど思考が停止状態に陥り、軽症や中等度の方が思考が巡るため過度な不安からの極端な言動をとりがちである。回避的な意味合いの行動であり、不安な気分を少しでも紛らわそうという意味合いがその背景にある。

※スポンサーCM

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

さて、本日はぎっくり腰に陥ってしまわれた患者様が、なぜか沢山お話をするような性格に変化したり、腰に激痛があるにも関わらずマラソンをしたりという極端な行動をとってしまう原因について述べさせていただきたいと思います。

重症患者よりも軽症~中等度の人に多い

このような極端な行動をとってしまう方とはどちらかというと重症な患者様よりも軽症や中等度ぐらいの方に多いことが顕著です。

例えば重症な患者様の多くは横になったまま身動きができず
『イテテ・・・』
とうずくまるようにして横になっております。

ところが軽症患者様や中等度の方になりますと起き上がって身動きができるにも関わらず
『先生、私はどうなるのですか?やはり手術が必要になるのでしょうか・・・?』
などと詰め寄られたり、
『先生、ホームページはすごい良い出来ですね。私もコンピューターをしているんです。』
などと施術とはまったく関係のないお話を延々と切り出してきたりされます。また、注意を呼びかけて
『あと2・3日は安静に過ごしてください。』
などと指示をくだしてもそれを無視してマラソンなどをされることもあります。

※スポンサーCM

強い痛みは思考を停止させる。

おそらくはこういったものには痛みと思考になんらかの関係があるのではないかと考えられるのです。例えば重症患者では変な行動や言動をされる方が少ないのはきっと強い痛みがその人の思考回路を完全に停止させてしまうことが関係しているのではないかと考えられます。激痛でその先のことなど考えず今現在の痛みを我慢することで精一杯なのです。したがって意外なことかもしれませんが本人は至って冷静なことが多く、それよりも周囲の方が不安に陥ってしまいご主人がぎっくり腰に倒れたときには奥様がパニックを起こしてしまうことの方が圧倒的に多いぐらいなのです。

痛みが弱いほど思考が巡るため、過度な不安が生じやすい

むしろ、このように痛みが弱い軽症~中等度の方が、日常に支障をきたさず、動き回ることができますので自分の不憫さを感じることが多く、思考も巡りますのでその後の先行きに不安を抱かれてしまったり、病気や怪我のことを気に病んでしまうことが多いのです。

患者が極端な言動を取りたがるのは逃避行動の一種

このようなことから、患者様がぎっくり腰に陥ってしまわれたときに極端な言動や行動をとりたがるのはおそらくは逃避行動の一種なのではないかと考えられるのです。少しでも気分をまぎらわしたいという心理が働くために気分を紛らわすために一生懸命に我を忘れて何かに取り組もうとされるのではないかと考えられるのです。

私ども治療家は術後に患者様に対して安静の指示を出したりすることがありますが、ここには患者様のそういった心理の思惑が背景にあって気分を紛らわすための過剰な行為を抑制するためにあえて釘を刺す意味でそういった思考に陥り易いことについてもあえて付け加えて説明するようにさせていただいているわけです。

※スポンサーCM

スポーツ大会前の選手などでも同様のものがある。

こういったものはある意味でスポーツ大会などでも同じことが当てはまります。あまりの緊張や不安によって我武者羅にウォーミングアップをされている方は不安の裏返しであることが多く、体の運動性能を高めるために体を動かしているというよりも少しでも不安を紛らわしたいという欲求を抑えるためにそのようにしていることがほとんどと言ってよいぐらいなのです。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書