ぎっくり腰の施術依頼はこちら
050-5329-8626
電話1本で緊急出張します。
24時間対応

ぎっくり腰専門ユークル整体院

※おまけコラム

土木工事のぎっくり腰の対策は?

※スポンサーCM

土木工事の現場のぎっくり腰の対策では、まず第一に図っていただきたいことは「冷え」対策です。

土木工事では、土を掘ったり、

土砂を運んだり、セメントを運んだりと、腰への負担が大きいです。本来ならばこういった、力作業を軽減できることがぎっくり腰対策では理想でしょう。一般的には以下の方法を取ります。

しかし、やれることには限度があります。どの方法を選んでも「コスト」が掛かります。コストを一切掛けずにぎっくり腰の対策を図ろうとするのは土台が無理な話です。 また土木作業では、重たい荷物の運搬は避けられません。力仕事をせずに工事はできません。

冷え

こういったときに選べる方法は「冷え」を防止することです。力仕事は減らせませんけど、冷えの影響は工夫しだいで減らせます。土木作業は、寒い屋外で常に過ごします

冷えは常に体力を奪います。足腰の疲労を招いて、ぎっくり腰の発生を増やします。

したがって冷えないように工夫するだけでもぎっくり腰の対策には大きな効果があります。人の細胞は冷えると、エネルギーを生産できなくなります
細胞
エネルギーが不足すると筋肉が硬直して腰を痛めやすくなります。

熱漏出

土木作業をする方でしたら多くの方が、腹巻をしたり、タイツを履いたり、寒さ対策には工夫をしているはずです。
しかし、どれほど工夫を凝らしても、それでも体温は損なわれてます。「熱伝導」によって体の外の空気に絶えず熱が漏出し続けるからです。熱漏出があるからどうしても屋外での仕事は体力消耗が激しいです。

例えば、温かい屋内飼育のペットと、寒い屋外飼育のペットの寿命を比較しても屋外の方が短いです。
ペット
私の身近な人の話だと屋外飼育は長くて7年が寿命です。ところが屋内飼育になると、10年以上は軽く生き延びます。寒い中で暮らしていると、細胞分裂が活発化しします。早くに細胞が寿命を迎えてしまいます。

土木作業は給料が高いでしょうけど、それでも多くの方はやりたがりません。多くのオフィスワーカーは、温かい屋内で過ごせるのが体力消耗せずに済むことを知っているからです。

※スポンサーCM

では、熱漏出の影響を可能な限り減らすにはどうしたら良いのでしょうか?このときには防寒効果の高い部位が2つあります。それは足と頭です。

足は冷えた土の上にありますから冷気の影響を受けやすいです。
足からの熱の漏出
体温が足から地面に漏れて行きます。熱は温かい側から冷たい側に動いて伝わる特性があります。そのため知らないうちに気が付くと体温が足から地面に漏れて行きます。足から地面に伝わる冷気の影響が大きいです。

また、足は靴や靴下などの簡易な防寒しかできませんよね。体温が漏出して足腰の筋肉の疲労を招きます。やがて疲労した筋肉がコチコチにコリ固まって傷つくとぎっくり腰が起こります。

足の防寒は手段が限られます。また、土木現場では「安全クツ」を履くように義務付けられている場合もあります。安全クツとは、足先に鉄板が入ったクツです。仮に足先が落下した重量物や、車輪の下敷きになっても足が潰されずに済みます。こういった靴の制限があるため、土木現場で足の防寒を図るのは難しいでしょう。

足の冷え対策では、休憩中に極力、靴を脱いで足を温めてください。
靴を脱いで足を温める

こうやって足の損なった体温を補うと、足腰の働きが元気になります。また、勤務中の休憩だけでなく、朝の出勤前に足を温めたり、仕事から帰って来てから足を温めたりするのも効果的です。

足の体温を補えばぎっくり腰の発生は軽減することです。坐骨神経痛や足腰の病気も緩和されます。

次に着目していただきたいのが頭です。頭も防寒を怠りがちです。
ヘルメットでの熱の漏出

頭も熱漏出の多い部分です。仮に足が地面に接していない状態ならば体温の60%は頭から損なわれる説もあります。防寒では見逃せない部位です。
頭の防寒は意識している方はほとんどいませんよね。土木作業ではヘルメットが必須です。多くの方が頭部をヘルメットで守ります。ヘルメットの装着は工事現場では、法令で義務付けられているはずです。仮に義務が無くても命を守るために装着したいアイテムでしょう。

ところがヘルメットには断熱作用がほとんどありません。バイクなどのヘルメットは中に発砲スチロールなどの断熱作用のある材料が使われています。しかし、工事関係のヘルメットでは、プラスチックの一枚板の構造だけです。内部には断熱材がありません。

そこで、頭にタオルを巻いてみてください。タオルを巻いた上からヘルメットを装着します。

頭にタオルを巻くと熱の漏出を防げる
こういった簡単な対策で体温を損なう状況を大幅に減らせます。足腰の調子も良好に保たれます。体は一部でも冷やすと、そこから熱が伝わって次々と体温を失い続けます。頭と足の熱漏出に気を付けてみてください。きっとぎっくり腰の発生も減るはずです。

※スポンサーCM

お皿洗いでの腰痛対策

結論:最終的には食器洗浄機を買う。

お皿を洗うとき肩や腰が痛くならない方法

キッチンの流し台が低くて腰が痛い、何か良い方法ありませんか?

シンクが低くて腰が痛い、対処法は?

ラーメン屋の皿洗いで腰痛になりませんか?

食器を洗うときどうしたら腰痛を予防できますか?

腰に負担が掛からないお皿洗いの方法

作業場面での腰痛対策

結論:中腰にならないこと

土木現場でのぎっくり腰対策は?

雪かきの腰痛は?

腰に負担をかけない乗車

日常業務で気をつけること

掘土での防止法

腰痛の一般防止策

腰痛持ちの釣りは?

腰痛持ちの長距離バスは?

腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの

腰痛防止には律動的な動き

腰痛の防止は?

声を出す効果は?

無意識で行うフィードフォワード制御によるもの

相反性神経支配

腰痛で最も世界的な治療法

腰痛防止のために意識的に改善するべきもの

なりにくい体質をつくるには?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

ぎっくり腰中のリュックは?

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

カートを押したら腰が痛い

気をつける日常習慣

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開