ぎっくり腰のときの動き方

結論:ぎっくり腰のときには、痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰のときの動き方

ぎっくり腰ではしばらく休むと痛みが和らいでしまうことがある。
一見すると治ったような感じになる。
だが、無理に勢い良く動くと悪化させてしまう。
腰に痛みがあっても無くても関係なくゆっくり動く。
発症から10日間はゆっくりと両手で体を支える。
そうしながら動くと腰の痛みの再発を防止できる。

※スポンサーCM

ぎっくり腰コラム:ぎっくり腰のときの動き方

ぎっくり腰に陥ったときの動き方について考えてみましょう。
不意に腰に痛みが走った。
この瞬間には患部に炎症が起こっております。
患部には電子顕微鏡以下のミクロなレベルで変化が起こる。
ナトリウムイオンが蓄積して電気が生じている。
このため、動くと強烈な痛みを生じる。
したがって、ぎっくり腰の発生から6時間ほど安静にしてみる。
そうすることで徐々に患部に蓄積したナトリウムイオンが抜けて行きます。
痛みが緩和されることもあります。

※スポンサーCM

このとき寝転んで痛みがなくなると
「よし!治ったぞ!」
と勘違いされてしまうことがあるようです。
そして、治ったとばかりに重いっきり勢い良く体を起こす。
起こした拍子に
「グキッ」
と腰に痛みが走る。
「まだ早かったか!」
と後悔されてまた、床につく。
このようなことを繰返される方もおられます。
しかし、痛みが収まることと治癒することは全く異なります。
痛みが治まるのはただ炎症物質がその場からなくなること。
治癒は損傷部位が完全に元通りになること。
和らいできた炎症箇所を刺激すると腰に何度も痛みが発生してしまいます。

※スポンサーCM

したがって、ぎっくり腰の発生から10日間はユックリ動くこと。
立ち上がるとき、
寝ているところから起き上がるとき、
このときには両手で体をしっかりと支える。
そうしながら少しずつ体を起こす。
決して勢い任せや反動をつける動作は慎むべきです。
ゆっくりと動く。
そうしているうちに損傷箇所が自然に治癒します。
10日間もすれば再発することなく完治することが多いです。

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

  1. 一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?安易に救急車を呼ばず、知り合いに助けを求める
  2. 足が持ち上がらないのは背中の緊張による。背中の力を抜くと足が前に出るようになる。
  3. ぎっくり腰で立てない理由脊柱が硬直し、柱のようになる。背中を丸められないと、体がテコでいう不利な状態になってしまう。足に体重移動ができないため立てない。
  4. 腰痛を起こさない立ち上がり方腰痛を起こしたときには手で支えながらお辞儀を補助して体重移動をし、立ち上がるときに動作を分解して行うと腰の負担を軽減出来る。
  5. ぎっくり腰のときの車の運転について運転は逃避反射の起こらぬ二次痛までにしましょう。一次痛が生じる場合は多少の出費は掛かりますがバスやタクシーなどの公共交通機関を利用しましょう。
  6. ぎっくり腰は動いた方が良いの?短絡的な考えを抱いてしまうのは冷静さを失っている証拠です。先ずは専門家を受診しましょう。
  7. 腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?痛みに左右差があることが多いです。寝返りや起き上がりのときには痛みが少ない動作を選択しましょう。左右差に気が付かないと痛みが悪化して寝たきりになります。
  8. 腰が痛いときの起き上がり方元気なときはグイッと腹筋の力で起き上がれるが、陥ったときには腰を悪くするため一旦四つんばいになって起きるようにすると良い
  9. ぎっくり腰の屋内の移動ぎっくり腰のときにはハイハイをすると腰の負担が軽減されます。
  10. ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順仰向けからうつ伏せ、それから四つんばいになり、正座を目指す
  11. 腰痛患者は腕の力を使って起きる寝ている状態から起き上がるときには仰向けで上半身をグイッと起こそうとすると腰の痛みが悪化するため両手の力を使ってうつ伏せから体を持上げて起きる。
  12. 腰痛改善のための動作療法動作療法とは痛いときに敢えて動くことで痛みの特徴を知ろうとすること。知れば日常に与える影響を少なく工夫できる。痛みは安全な動作を教える最大の教科書でもある。
  13. 腰痛患者の布団からの立ち上がり方ハイハイで手摺や壁まで移動して手で上半身の重量を支えながら立ち上がろう
  14. 腰が痛いときの歩き方腰が痛いときにはつい背中を丸くして歩きたくなるが丸くなると膝や骨盤周りの筋肉を酷使するためやがて腰痛が悪化します。
  15. ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動くしばらく横になって寝て痛みが鎮まったことを完治したと勘違いして勢い良く動いてしまい動いたとたんに腰を更に痛める人もいる。
  16. aぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動患部の炎症箇所を出来るだけ刺激せず安静を保つことが良いが腰椎を出来るだけ動かさないことが大切。
  17. aギックリ腰でハイハイは?ハイハイは両手両足で体重を支えるためある程度腰が悪い人でも動けることがある。腰の筋肉が疲れて上半身を起こせないときには仕方ない。
  18. aぎっくり腰、自力で動けないときにはどうしたらいいのか?腰に痛みが出ない範囲で手足を軽く動かす。血流の循環を作ると良い。
  19. aぎっくり腰で歩くのは?恐怖心が強いときに歩きまわると痛みが強くなって動けなくなることもある。
  20. ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。ぎっくり腰になったときの痛みの少ない動作を覚えること
  21. aaぎっくり腰のときは反動を使って動かないこと反動を使わずに普段の3倍ぐらい時間を掛けると腰の負担が少ない。
  22. ぎっくり腰は防御反射によって痛みが起こる状況に比例した反応ができるように慣れること。
  23. ぎっくり腰のときの移動手段で絶対ダメなものバイク、なぜなら風で体温を奪われて腰の痛みが悪化するから。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰痛患者の布団からの立ち上がり方

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ギックリ腰でハイハイは?

ぎっくり腰、自力で動けないときにはどうしたらいいのか?

ぎっくり腰で歩くのは?

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

ぎっくり腰のときは反動を使って動かないこと

ぎっくり腰は防御反射によって痛みが起こる

ぎっくり腰のときの移動手段で絶対ダメなもの

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)