荘A[NX̉@

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

ぎっくり腰になったときの松葉杖は一人暮らしなど必要性があれば用いることも良い。サポート力が高いため、介護者の負担も軽減できるし、緊急などのときでも身動きをとることが可能。

※スポンサーCM

Qぎっくり腰など、腰が痛いときに松葉杖は使うのですか?

ぎっくり腰に初めてなられてしまわれた方からのご相談となります。痛くて身動きがとれないのでどうしたものかとお悩みになられており、松葉杖の使用をお考えになられたそうです。しかし、骨が折れているわけでもありませんし、大げさな気がしてしまいどうしても抵抗があるそうです。使うべきなのか?というご相談となります。

使わずに済むのでしたら使わなくても大丈夫です。

※スポンサーCM

両手で1本づつ持つことができ、サポート力が高いので腰痛をはじめ脚の骨折、膝の損傷、足首の痛みなど下半身全般の痛みに対応することができます。

これを使うべきかどうか?お悩みになられており、どうしても使うことに抵抗があるのでしたら、使わずとも生活が成り立つのでしたら使わない方が良いと言えます。

使うべき①:身の回りのお世話をしてもらえないとき

これを用いる良い例としましては、一人暮らしをされていて、身の回りのお世話をしてくれる人が誰もいないときなどにはとても助かるはずです。ご家族の方などご一緒に暮らされている方でしたら食事のお世話や、買出し、料理、着替え、お手洗いなど色々とお手伝いしてくれますので、こういったものは要りません。しかし、一人暮らしならばたとえ身動きが取れなくても何とかして生活を成り立たせなくてはなりませんよね。衣食住・排泄ぐらいはなんとかしたいものです。こういったときには残念ながら用いていただく以外の方法はないと思います。

②介護の負担を少しでも軽減したいとき

二つ目としましては介護者であるご家族の負担を少しでも軽減したいと思われるときです。ぎっくり腰とは余りの痛みによって動き回ることができなかったりすることがあります。そういったときにかぼそい奥様がお一人でご主人のお体を介助してトイレやお風呂のお手伝いをすることはいくらご家族でも骨が折れる思いをされるはずです。年頃の娘と2人暮らしでしたら、お手洗いなどを補助してもらうことは双方ともに心理的な苦痛を味わうことでしょう。ぎっくり腰で身動きがとれぬときでもこういったものがあればある程度のことはお一人で何とかできますので、周囲の方も助かるはずです。

③症状が軽い場合、僅かにでも痛み避けたい。

他には症状が軽いときなど、使わずとも日常にまったく支障を来たさないようなときには当然のことですが、必要はありません。ぎっくり腰とは症状の感じ方は人それぞれです。

また、ご婦人で痛みに慣れておらぬ方などでは、ぎっくり腰になられてしまわれたときには、常人ならば些細な痛いであっても、激痛であると感じることで気を失って倒れてしまうことも考えられます。このように心理的な影響が懸念されるときには用いていただくことはとても紳士的な対応であると言えるでしょう。

目安:1週間以上身動きが困難なとき

ではこれを用意するにあたってはどれぐらいの症状で用いることが適切でしょうか?ここでは大まかな目安としましては1週間ほどであるとお思いになってください。

1週間以上の寝たきりは、体の廃用を招く

1週間経過しても満足に身動きが取れない場合に関しましてはご家族の方も介護の疲労によって心身が疲弊しております。また、ご本人も心理的にも肉体的にもふさぎ込んでしまうことです。体の機能も著しく障害されてしまう可能性が高いです。これ以上の期間の寝たきり生活は体の廃用を招いてしまいますので、松葉杖などを用いてでも必要最低限、屋内を動きまわる程度の動作を再開できることが望ましいです。

緊急のためにも何らかの身動きをとる手段があることは良い。

確かにぎっくり腰に陥ってしまわれたときには、痛みが治まるまでひたすら寝てすごしていただければ、多くの場合が済んでしまいます。しかし、大事な予定が入っていたり、緊急の事態が発生したときなどまるっきり身動きがとれないことは不利になります。たとえば火災や地震などの自然災害のような事態に陥っても自力で非難することができませんよね。

無いよりは有った方が良い

ということで結論から申し上げますと、やはり無いよりはあった方が良いに決まっております。特に社会的な身分の高い人ほど、こういったものの必要性はあるはずです。ご自分のご自宅に必ずしもある必要はありませんが、いざというときにすぐに用意できる場所に備えてあれば助けられることは間違いないでしょう。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書