ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

タンパク質

結論:プロテインは長期的な筋肉づくりを手助けするもの

※スポンサーCM

プロテインとは、
大豆や肉、卵などから
タンパク質を抽出したもの。

パウダー状にして、
プロテイン
それを牛乳や水に溶かして
飲んで、効率よくタンパク質を
摂取します。
プロテインドリンク

タンパク質は筋肉の材料です。
筋肉

プロテインを摂取することで
効率的に筋肉に栄養を得る
ことができます。

仮に肉や卵、牛乳などから、
タンパク質を摂取しようと
すると、膨大な量から、
わずかにしかタンパク質は
取れません。

大量の脂肪を食べたり、
タンパク質以外の不必要な
ものまで食べることになって
しまいます。

つまり、プロテインの目的は
タンパク質を効率的に摂取
するためのものなのです。

トカゲの尻尾ではない。

患者さんの多くはぎっくり腰に
なったときに何かの
誤解をします。

人の体はトカゲの尻尾
のように生え変わることは
絶対にありません。
トカゲのしっぽ切り

ぎっくり腰を患ったときに
痛みに襲われます。

この痛みの正体は
腰に生じた炎症です。

炎症は知覚過敏
を起こします。

些細な刺激に
敏感になります。

ぎっくり腰では、
腰の組織を
傷めてしまいます。

傷めた組織から
炎症物質が出てそれが
痛みをもたらします。

ぎっくり腰発生から数週間
経過すると、腰の痛みが
減ります。

でも、それは炎症が治まった
だけです。

傷めた組織は、多くの場合が
そのままです。

壊れた組織はトカゲの
しっぽのように生え変わって
くれることはありません。

残された組織や、
筋肉によって
弱ったところを補う
必要があります。

自然治癒力はありますが、
それは遅いです。

プロテインを飲むことで
筋肉の材料にはなるでしょう。

でも材料がいくら豊富に
あろうとも壊れた組織だけを
都合よくすぐに治しては
くれません。

※スポンサーCM

プロテインは
筋トレする人
だけ

プロテインの考え方は、
基本的には、日常の
食事でのタンパク質摂取を
補うためだけのものです。


仮に毎日、肉や卵、
タンパク質食材をきちんと
食べていれば、
普通に生活する分には
まったく支障はきたしません。

タンパク質は体内でも合成
しています。

毎日きちんとした
食事を摂取すれば、
あえてプロテインを
取らなくてもタンパク質
不足には陥りません。

ただし、激しい運動をして
筋肉を積極的に鍛えると、
腹筋運動
タンパク質の必要量
が増えます。

激しいトレーニングをする
学校の部活動では、
しばしば食事だけでは
タンパク質が不足します。

こういった人の
タンパク質摂取を
補うのがプロテインです。

つまり、
運動習慣のない
サラリーマンや、
OLが一生懸命に
プロテインをとっても
お金の無駄です。

運動をしない人は、
食事のたびに、卵や
肉、お魚などタンパク質
食品を1品含めるだけで
十分でしょう。

むしろ、
むやみにプロテインを
取りすぎると肝臓に
負担をかけます。

必要量を上回ると

タンパク質には必要量が
あります。それは成人男性で
体重1キログラムあたり、
1グラムだとか
2グラムだとか、
諸説があります。

でも、必要量を上回る
ほどのタンパク質を
摂取しても、お金の無駄ですし
内臓にも負担をかけます。
お腹が痛い女性
体脂肪が増えます。

体重が無駄に増加して
健康上良くありません。

プロテインは運動によって
体を酷使する人が、
不足分を効率的に
補うためのものです。

何年もプロテインを
摂取して筋トレを続けると
筋肉がやがてモリモリに
なります。
筋肉がモリモリの人

でも、誤解しないでください。

プロテインを飲むから
筋肉がモリモリになる
わけではありません。

運動する人が、
男性ホルモンを活発化
することで筋肉の合成が
促され、それによって
タンパク質を得ると
筋肉が発達します。

筋肉が発達するには

そして、一般的に筋肉が
発達するには期間が
ある程度必要です。

筋トレをする人がプロテインを
摂取した場合、3か月
経過してようやく自分で
変化を実感できます

はた目から見て、

「この人筋肉モリモリだ!」

こう思えるのは
3年かかります。

テレビに登場する
ボディービルダーでは
10年以上体を鍛えています。

皆さんがぎっくり腰に
なったときに、
プロテインを摂取して
筋肉をモリモリにし、
すぐに治したいと思っても、
そんなすぐに効果を実感
することはありません。

仮に、プロテインで
効果を短期間で実感できる人は、
タンパク質が高度に欠乏
している人です


例えば妊娠や出産で、
赤ちゃんに沢山の栄養素を
取られてしまうママさんが
あげられます。

ママさんは、
プロテインを飲むことで
短期間で腰痛が治まる
可能性はわずかにあります

そういった特殊な方ですね。

くれぐれも承知して
いただきたいのは、
デスクワークをするビジネスマン
で、毎日3食を普通に食べて
いる人なら、

一生懸命プロテインを飲んで
腰痛が治ることは
ありえません。

※スポンサーCM

腰痛には原因が
ある。

また、ぎっくり腰を起こす人、
慢性腰痛を起こす人、
腰が痛くなる人には
様々な人がおられます。

プロテインを摂取して
腰痛が治るのは、
タンパク質が日ごろから
不足している人だけに
限定されます。

プロテインによって筋肉が
モリモリになるから腰痛が
撃退できるわけではありません。

そもそも筋肉量があるから
腰痛にならないわけでも
ありません。

タンパク質が
欠乏していると、
腰痛の原因となります。

腰痛診療ガイドラインでも
気を付ける患者さんとして、
栄養不足の患者さんを
上げているほどです。

※抜粋

重篤な脊椎疾患の合併を疑うべきred flags(危険信号)

  • 発症年齢<20歳、 または>55歳
  • 時間や活動性に関係のない腰痛
  • 胸部痛
  • 癌、ステロイド治療、HIV感染の既往
  • 栄養不良
  • 体重減少
  • 広範囲に及ぶ神経症状
  • 構築性脊柱変形
  • 発熱

出典:腰痛診療ガイドライン、監修:日本整形外科学会、日本腰痛学会、2012、第三章 診断 P27

出典でいうところの、
栄養不良や体重減少などに
当てはまる人はプロテイン
摂取が有効な可能性が
あります。

栄養失調ではないか?

上記の出典は腰痛の
患者さんの中でも危険性
の高い人を取りまとめた
ものです。

そもそも、栄養不足によって
腰痛を引き起こすレベル
になると栄養失調で死ぬ
可能性があります


体重減少が急激に起こって
腰が痛くなるレベルだと、
癌に侵されている
可能性があります。

でも、今回の質問は
プロテインについての
ご相談です。

プロテインは
いわば嗜好品
のようなものです。

常識的に考えると
毎日3食の食事にありつける
人が不足したタンパク質を
補うものです。

そういった意味では
死ぬほどの栄養失調の
方はプロテインについての
相談をされることは
そもそもありません。

常識的に栄養失調の
方ではないと想定しています。

でも、中には誤解されている
方もおられるはず。

あまりにも栄養が乏しくて
腰痛が起こった人、

痩せすぎて腰痛が起こった
人は病院に行ってください。

点滴で栄養を補給したり、
生活保護の申請に
お医者さんの診断書が
必要になることも
あるはずです。

該当する方は、安易に
プロテインを検討されずに
医療機関を受診することです。

まとめ

プロテインを飲んで
腰痛が治るのは
日ごろからタンパク質が
高度に不足している人だけ

短期間で腰の痛みが治る
ことはない。

プロテインは、
長期的な筋肉作りを
手助けするもの

腰痛対策の体の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

動作経済4原則について

腰に負担の掛けない起き上がり方

防止のためのマザーハンドの考え方

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

使用度の低い部分を意識する必要性

食事

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

ぎっくり腰のときの食事

ぎっくり腰に野菜ジュース

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開