荘A[NX̉@

読書による腰痛の防止のコツ

読書

結論:本は下をうつむかずに読もう。

読書中は下をうつむく姿勢をとる。
背中が丸く撓んでしまう。
丸くなると背骨の隙間で関節が押しつぶされてしまう。
下を出来るだけうつむかないようにする。
本を顔の正面に持ってくると良い。

※スポンサーCM

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

読書によるぎっくり腰の防止のコツについてです。
ぎっくり腰は力仕事の人が陥るイメージがあります。
力仕事
例えば
工事現場で働く人や、
引越し屋さん、
運送屋さん、
宅配業など、
があげられます。

しかし、じっと身動きをとらずに過ごされる
デスクワークにも多いです。
デスクワーク
じっとしたまま動かないため
筋肉が緊張しており、
血液循環が滞ってしまうから。
腰の血流が停滞すると、
腰に疲労が蓄積しやすくなります。
疲れた腰はぎっくり腰が発生しやすくなります。
デスクワークのぎっくり腰
筋肉は、動きに伴って循環が
増える特徴があります。

そして、参考書を読む受験生や、
本をご覧になることが趣味のご高齢者にも
ぎっくり腰の発生が多いです。
座って疲れた高齢者
これも姿勢との関係が大きいと言えます。

※スポンサーCM

読書中は下をうつむく姿勢をとる。
骨盤が後傾して背中が丸くなるから。

ではどうして読書をすると
腰痛の発生リスクが増えるのか?
先のデスクワークのところでも述べたとおりで、
動かずに同じ姿勢をとることが関係しておりますが、
それと供に読書特有のことが関係します。

読書中は下をうつむく姿勢を余儀なくされてしまいます。
下をうつむくと背骨が丸くたわみます。
背を丸める人
背中も丸くなります。
そして骨盤が後傾するのです。
この状態は上半身の背面の筋肉に
大きな負担が加わります。

丸く撓んだ背骨の隙間で腰部の関節が障害されて潰れてしまう

骨盤後傾、背骨が丸くなると何が問題になるのか?
背骨の椎間が狭まってしまうからです。
背骨の隙間
図では、背骨が上下に重なってます。
この重なった一つ一つには隙間があります。
この隙間にあるのが軟骨の椎間板です。
背骨の隙間にある椎間板
そして、腰椎の椎間板が押しつぶされるのです。
椎間板ヘルニアを作ってしまうこともあるでしょう。
椎間板が飛び出してヘルニアを起こす
椎間板ヘルニアでは椎間板が大きく飛び出して、
腰の神経に当たることで腰に痛みをもたらします。
他にも、さまざまな腰の病気をもたらします。
例えば、以下のものがあります。

  • 腰椎症:腰骨が老朽化して傷む病気
  • 腰部椎間板症:椎間板が劣化して傷んでしまう病気。
  • 椎間関節症:背骨の連結部の椎間関節が劣化する病気
  • 筋・筋膜性腰痛症:腰の筋肉が炎症を起こす病気

など多岐に渡る腰部疾患の引き金となってしまうのです。
丸くたわんだ背骨の隙間で、
腰部の関節が押しつぶされて
障害を起こしてしまうのです。
そのため出来るだけ
綺麗な背筋のまっすぐな姿勢を
心がける必要があります。
綺麗なまっすぐの姿勢

下をうつむかずに本を読むには書見台を使う

※スポンサーCM

では実際にはどうやって腰痛を予防するのか?
できるだけ下をうつむかないようにしましょう。
例えば、10分に1回ほど両手を持上げてみます。
本が顔の正面にくるように構えてください。

両手がどうしても疲れてしまう方は、
楽器演奏のときに用いる書見台を使います。
書見台
書見台とは本を固定する台のこと。
実際に本をセットすると図のようになります。
書見台に本をセットした状態
本を開いたまま固定できます。
これならば高いところに台をセットすることで、
下をうつむくことなく本が読めます。
背骨が綺麗な配列に保たれれば
自然と腰痛は起こりません。

お皿洗いでの腰痛対策

結論:最終的には食器洗浄機を買う。

お皿を洗うとき肩や腰が痛くならない方法

キッチンの流し台が低くて腰が痛い、何か良い方法ありませんか?

シンクが低くて腰が痛い、対処法は?

ラーメン屋の皿洗いで腰痛になりませんか?

食器を洗うときどうしたら腰痛を予防できますか?

腰に負担が掛からないお皿洗いの方法

作業場面での腰痛対策

結論:中腰にならないこと

雪かきの腰痛は?

腰に負担をかけない乗車

日常業務で気をつけること

掘土での防止法

腰痛の一般防止策

腰痛持ちの釣りは?

腰痛持ちの長距離バスは?

ぎっくり腰の防止法

腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの

腰痛防止には律動的な動き

腰痛の防止は?

声を出す効果は?

無意識で行うフィードフォワード制御によるもの

相反性神経支配

腰痛で最も世界的な治療法

腰痛防止のために意識的に改善するべきもの

なりにくい体質をつくるには?

ぎっくり腰の予防の重要性

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

カートを押したら腰が痛い

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

気をつける日常習慣

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門