荘A[NX̉@

股関節石灰にジグリングは効果ある?

股関節の悪い女性

結論:最初から患部を鍛えず、不安の少ない部分を動かす。段階的に患部を動かすようにする。

※スポンサーCM

※スポンサーCM

おそらく、股関節の病気を
お持ちで、病院でレントゲンを
撮影したのでしょう。
レントゲン

このときに股関節の
部分にぼんやりと白い
ものが描写されており

このことを「股関節石灰」
と呼んでいるのだと
思います。

関節部分が弱っている方
では、このように石灰像が
レントゲンで描写される
ことがあります。

例えば、股関節の関節
軟骨が弱ることで、

弱ったところから
擦り切れてしまい、
炎症を起こします。
股関節の炎症

出血した部分や、
炎症したところには、
多少なりとも、
カルシウム成分が
集まってきます。

このカルシウムが
レントゲン撮影時に
エックス線を吸収して
ぼんやりとカスミが
掛かったように描写される
わけです。

カルシウムが患部に
見られることを石灰化
と表現します。

今回のご質問者様の
意図は、

この石灰化を起こした
股関節にジグリングを
することはどうなのか?

ジグリングとは
貧乏ゆすりの
ことです。
ジグリング

自分が不安なことは
推奨できない。

まず、ご質問者様が
股関節を動かすこと自体
に不安をお感じになられて
いるわけです。

自分の体は、
だれよりも自分が一番
よく分かっているはずです。

体のことを
分かっている自分が
不安を感じているなら
ジグリングを周囲は無理に
勧めることはできません。

そして、私自身も、
ご質問者の現状が良く分かり
ません。

質問者様の状態を見たことも
なければ、

どういった人物なのか?

年齢層はどうなのか?

まったく情報提供が
ありません。

僕のところに寄せられて
いるのは、

たった一文です。

「股関節石灰に
ジグリングは効果ある?」

これだけですよ。

これっぽっちの
情報で状況を判断しろと
言う方が無理な相談
です。

※スポンサーCM

ご質問者様が、
ジグリングですら不安
を抱かれるなら、
不安がある
少なくとも、
周囲の人は、
「大丈夫だよ」
とは言うことはできません。

運動はどんな些細な
動作であっても体を
動かします。

体を動かせば、
体を傷つけるリスクは
少なからず伴います


体を傷つけるリスクは
自分で自己管理して
取り組む必要があります。

例えば、
100回ジグリングを
して股関節が痛くなれば、

次からは50回にする。

痛みが強くならなければ、
150回にする。

こういった微調整は
実際に体験しないことには
判断できません。

実践することで、
多少、股関節を傷つける
ことはあるでしょう



でも、安全な運動量を
把握するためには、
ある程度の失敗は
許容しないと、何も
運動に取り組むことが
できません。

運動量が減ることで
股関節が弱まる

運動をすることに
不安をお持ちですが、

そもそも、どうして股関節が
弱るのかというと、

多くの場合は運動量が
減少することで起こります。

もともとの日常習慣に
体を動かす量が不足
している背景があります。

ご自分では普通に
過ごしている
つもりですが、

他の方と比較したときに、

健康な方と
比較したときに、

明らかに股関節の運動が
不足している傾向
があります。

運動不足が股関節の
病気を招くことはたびたび
あります。

不足した運動を、
体を動かして補う
必要があります。

でも、股関節が弱りすぎて
いると、動かすことが
どうしても不安材料に
なってしまいます。

動かしたくても動かせなく
なります。

動かさないからさらに
股関節が弱ります。

悪循環が
股関節に生じます。
悪循環

ジグリングが股関節を悪化
させる可能性はあります。

でも、何らかの方法で
運動をしなければ、
もっと悪くなるでしょう。

結局は安全な方法を、
自分の責任で見つける
しかないわけです


きちんとした情報提供が
なければ、私どもも
まったく判断が出来ませんし、

一人で悩み続ける
ことにもなります。
不安があってできない女性

悩んでも解決には
つながりません。

一度、
相談の仕方
をご覧になって、
専門家で質問を受け付けて
くれるところに相談される
べきでしょう。

今のところ言えるのは、
自分の責任の範囲で、

痛くない運動量、

痛くない力加減、

こういったものを手探りで
見つけながらやってみる
しかないと思います。

仮に痛みが出るようだったら
運動量を減らしてみる。
もっとゆっくりジグリングする。

こういった工夫をしましょう。

※スポンサーCM

最初は不安がない
運動をする

また、無理に最初から
患部を動かそうとは
思わない方が良い
です。

股関節にめぐる
血流が良好になれば
関節の治癒が促進されます。

血流を良好にするのは、
両手を動かしても可能
ですし、

股関節とは関係のない
足首の運動でも可能です。

座った状態で、
股関節を動かさないように
配慮しながら足先だけを
動かしてみましょう。

それならば
股関節の不安は
ありませんよね。

ペットボトルに水を入れた
ものをダンベルにして

ダンベル体操をするのも
良いです。
ダンベル体操

股関節ではなく、
両手の運動をしても
全身の血流が良くなります。

結果的に股関節にめぐる
血流量も少しは増加
します。

不安があるなら
不安がない運動を
しましょう。

体の血液は
全身をくまなく巡って
います。

どこか一部分でも
動かせば、全体の流れが
良くなります


僅かな効果かも
しれませんが、
結果的に股関節の
血流量も
増加するはずです。

運動に数か月取り組んで
体が慣れたのを
見計らって段階的に
運動を強くします。

少しずつ弱った患部に
負荷を掛けて鍛えるよう
にします。

こういった地味な作業の
繰り返しによって
僅かずつ股関節が良くなる
のだと思いますよ。

短絡的に、やれば良くなる
と思って取り組むのではなく、

段階的に取り組むこと。

手順を踏んで取り組めば
どなたにも効果がある
はずです。

内転筋が固くなるとぎっくり腰になる

結論:O脚となり、膝や腰の負担が増える

内転筋が固くなるとO脚となる。
歩くときに効率的な力を使えなくる。
また、膝を痛めたりする。
膝の力を酷使して足が棒になってしまうこともある。
すると、腰痛を患いやすくなる。
内転筋を伸張させることで和らぐぎっくり腰も多い。

腰痛と股関節の障害

腰痛は股関節の栄養循環が滞って起こる

股間と腰が痛い病気は?

腰痛になり股間も痛くなった

股関節アライメントとぎっくり腰

腰痛と股関節拘縮

股関節内旋拘縮とぎっくり腰

屈曲・外転・外旋拘縮とぎっくり腰

股関節疾患の症状

股間が引っ張られた感じがする病気

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

ズキンとした股関節の痛みの

股関節痛の原因

股関節が破壊される単純な原因

足底筋の拘縮と股関節痛

股関節対応

股関節が悪くお尻のほっぺが痛いどうしたらいい?

股関節疾患の解消のために心がけるべきこと

股関節の可動域を劇的に高める仙腸関節法について

股関節可動域改善の簡単な方法

内転筋が固くなる原因

股関節患者の運動

大腿骨壊死に自転車こぎは良い?

股関節石灰にジグリングは効果ある?

股関節リハビリにジグリングはどうか?

股関節痛の室内運動におけるエアロバイクの有効性について

どうしても辛いのが嫌で鍛えることに抵抗があるという方へ

変形性股関節症患者の筋トレの問題点

股関節その他

うつ伏せで足が上がらない、反らない

医者は股関節の手術以外、何もしない

部位別

「部位別」カテゴリーを、さらに区分します。

① お尻A

② お尻B(症状)

③ お尻C(症状)

④ 股関節

⑤ 下肢1(腰痛と下肢)

⑥ 下肢:2(下肢個別)

⑦ 骨格①(脊椎)

⑧ 骨格②(骨盤)

⑨ 頭・アゴ

⑩ 上肢

⑪ 

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門