荘A[NX̉@

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

スポーツシューズ

結論:固い革靴からスポーツシューズに変えると衝撃吸収により足腰の負担が減る

ページ概要:
坐骨神経痛では運動療法や食事療法、心理療法などがある。
さまざまなセルフケアがある。
ところがどれも根気が必要。
根気が無くて続けられない場合はスポーツシューズを履く。
高齢者では、労働から解放されている。
にも関わらず革靴を履いているケースがある。
地面から受ける衝撃力によって筋肉に負担を掛けてしまう。
そして坐骨神経痛を起こしているケースは多い。

※スポンサーCM

坐骨神経痛患者にせめてこれだけは取り組んでもらいたいこと

坐骨神経痛患者にせめてこれだけは取り組んでもらいたい。
こういったことについてお話しましょう。
現在では坐骨神経痛をお持ちになられる方は大勢おられます。
しかし、病院に通院したときには
「運動をしてください。」
「水中ウォーキングが良いですよ」
「散歩が良いですよ」
「食事療法をしてください」
「ストレスがダメなんです」
このような様々な指摘をされてしまうものです。
中には
「ご高齢によるものだから仕方ありません」
と言われてガックリした方もおられるはず。
年のせいだからとあきらめきれない。
また地道な努力も根気が無くて取り組めない。
このようにお困りになられる方もおられるはず。
でもせめてこれだけでも取り組んでもらいたい。
そうすれば多少の緩和にはなるはず。
整体治療には及びませんが多少マシになることは間違いないことでしょう。

内容:
革靴からスポーツシューズ(スニーカー)に変えること

では根気が無くても続けられる。
そして、それなりに効果が高いもの。
これは何なのか?
一番オススメするのは靴です。
スニーカーやスポーツシューズなど歩く専門の靴に変える。

問題点:
労働から解放されている高齢者でも革靴を履いていることが多い

このようなとても簡単な方法です。
それこそ1万円もあれば立派なスポーツシューズが買える。
それに履き替えることができる。
なぜかあまり着目はされておりません。
多くのご高齢者が昔サラリーマンをされていた。
その頃からご愛用されている革靴がある。
老後もそれを履き続けていることが多いです。
すでに定年を迎えている。
労働から解放されている。
ならば革靴を履くことにこだわる必要hないはずです。

必要性:
歩くときの足の着地の瞬間に着目する。
足の裏には数百キロの力が働く。
衝撃を吸収するために筋肉を酷使する。

ではどうしてスポーツシューズが良いのか?
革靴ではダメなのか?
これは私たちが道を歩いているときに着目しましょう。
地面に足が着地をしたとします。
その瞬間に大きな衝撃力が働きます。
この衝撃力は大きいです。
それこそ瞬間的に数百キロの力が働きます。
そのため衝撃吸収のために足や腰周りに多大な負担が加わる。
骨盤や股関節周辺には着地の瞬間に反発力が働く。
この反発力に対抗してたくさんの筋肉が働きます。
足の豊富な筋肉は全てこの反発力に供えるためのもの。
歩くときにはさほど推進力を得るのに力を使いません。
ですが、着地の瞬間に強い衝撃が働きます。
ですのでその反動を抑える必要がある。
そのためにたくさんの筋肉が酷使される。
ときとして坐骨神経痛の下半身に負担が加わる。
例えば、
お尻、ふともも、ふくらはぎ、脛の筋肉。
これらを酷使してしまうのです。
それが痛みを発するわけです。

靴を履き替えることは衝撃吸収に優れたソールが有効に作用します。
瞬間的に働く数百キロという力を靴が受け止めてくれる。
筋肉や関節ではなく靴の素材で受け止められる。
これによって体に加わる負担を受け止めることができます。
れは靴底が丈夫で磨耗していない状態ならば常に持続されます。

これならば根気の無い人にも出来る。
食事療法や運動療法、メンタル療法は無理でも取り組めることでしょう。
肝心なのは靴は消耗品だということ。
磨り減ってしまうと衝撃吸収が働かなくなります。
すぐに足腰の痛みの原因となってしまうのです。
痛みが日常を妨げる。
筋力低下や体の故障を招いてしまいます。
悪循環になる。
そのため磨耗を小まめにチェックしましょう。
古い靴は新しいものに履き替える。
小まめな交換が求められます。
「古くなった靴を履き捨ててしまうのが勿体ない」
そうお思いでしたら新しい靴と交代で履いてください。
例えば、古い方は1回の使用を30分にする。
使用時間を限定する。
こうすることで負担が体に加わり過ぎないように調整することが良いでしょう。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書