荘A[NX̉@

ぎっくり腰になりにくい体質をつくるには?

結論:日常の腰部に与える負担に着目する。

ゴルフなどの1回の動作での発生だけに着目するのではにく日常の腰部に与える負担に着目する。①運動や食事コントロールによって肥満体型に気をつけ腰部の関節の負担を減らす。②日常の姿勢を意識して傾きをなくして腰部の倒壊を防止する。

※スポンサーCM

「ふ~仕事がしんどい・・・この企画書を作って、今度はこっちのレポート、その次は顧客とのメール・・・あぁ~腰が辛い」

どうでしょうか?皆様毎日腰が痛いのを我慢してデスクワークをされているのではないでしょうか?こういった腰に負担を蓄積する毎日ではいつぎっくり腰になっても無理はありませんよね。

毎日の負担の蓄積が相まって無理な動作で生じる

ぎっくり腰とはゴルフのスイングだったり大掃除で重たい荷物を運んだりという腰に無理を強いることで生じてしまうイメージが強いです。

多くの方は1回の大きな動作にだけ着目されます。したがって腰の調子の悪いときにだけゴルフを控えたり、重たい荷物を持たないようにしたりと気をつけます。しかし、そういった動作はぎっくり腰にとっては最後の一押しの弾みのようなものです。

私達がそれ以上に着目してゆかなければならないのはゴルフのたった1回のスイング動作などではなくもっと日常の多くを過ごしているデスクワークだったり、自宅で寝ている時間だったりと日常の大部分を過ごすときの体の状態に注意を向けるべきでしょう。

なりやすい体質①肥満体型、腰椎に常に負担を強いて長期的に関節を破壊する。

※スポンサーCM

ではどういった部分に着目するべきなのか?ここでは第一に体型として肥満体型に気をつけることが大切です。現代女性の多くは痩せすぎが社会問題となっており飽食自体にもかかわらず体脂肪が20%を下回ることで不妊症を患う方がとても多いです。

ところが男性に関しては結婚を機にブクブクと太ってしまったり、仕事のストレスを発散するために過食・お酒などに溺れてしまい30代後半ぐらいになると10代~20代の頃の面影はスッカリ消えうせてしまっております。

こういった重たい体重が常に腰椎の関節に加わり続けるために腰に多大な負担を与えてしまうのです。

体重が重くなるほど下位の腰椎の関節に負担が集中して数年の歳月を経て腰痛が完成します。

食事コントロールや運動によって適正体重を保つ

したがって難しいことかもしれませんが食事コントロールや運動によって適正体重を保つようにすることが大切でしょう。

普段はお仕事がお忙しいと思いますので週末に1時間ほどウォーキングをしてみることが良いでしょう。お忙しい平日は運動は諦めて、出来るだけ自転車や徒歩での通勤を心がけるようにし、重点的に取り組むのは食事コントロールです。

食事に関してはドンブリ飯をガツガツとほうばるようにして召し上がるのではなく、お茶碗1杯のご飯を良く噛んで味わって召し上がります。顎を沢山動かすことも大切な運動。顎の運動は美顔や輪郭のシェイプにもつながります。また、食事の際には100グラム以上の野菜を召し上がってみてください。野菜が整腸作用を促して便秘を改善し、お腹周りのサイズを常に数センチ減らしてくれるはず。野菜は幾ら食べても太りません。体質を改善するためには肉食系から草食系に変化するぐらいのつもりで野菜を召し上がっていただくことが大切。またお酒は瓶ビールを1本、これをテレビを見ながらじっくりと味わっていただくぐらいに留めることが良いでしょう。

②姿勢、建築物の骨組みを想起すると良い。

次に体質に影響を与える因子としては日常を過ごされる姿勢に着目することが大切です。姿勢とは軽く扱われることが多いですが家などの建築物でいうところの骨組みを意味します。骨組みがほんの僅かにでも歪んでいたり傾いていれば必ず家屋全体がやがて壊れてくるはずです。

全ての柱が真っ直ぐになっていればいつまでも安定していられます。しかし、ほんの僅かにでも傾きがあればやがて傾きが大きくなって倒壊します。したがってこういったものでは0コンマ以下の傾きであっても許容されるものではありません。

ぎっくり腰や腰痛も同じです。少々の負担であっても長い年月にわたって続きますとやがて腰の関節が破壊されはじめます。

例えばデスクワーク中の前傾が強まった状態が常に継続しますと腰椎が次第に倒壊を起こします。

また、良く有るものとしては足を投げ出して腰とイスの間に隙間が大きくできるようなイスの座り方です。

腰の下に隙間が大きく出来ているため背中全体の接触圧が偏って腰に過度な緊張を生じさせてしまいます。こういったものも背骨の大きな偏りから腰椎の関節の破壊につながってしまいます。

これらの悪い姿勢とは一見するとそれほど苦痛とは思えません。むしろ体が楽だと思えることもあるほど。しかし、傾きそのものが体の倒壊を招くという見地からやはり良い姿勢であるとは言えません。

固定姿勢を取り続けず適度に立ち上がって体の血流を良好に保つこと。

※スポンサーCM

デスクワークとは長い人類の歴史にとってはほんの最近になってから登場したものであって、私達の体はデスクワークのような固定された姿勢を取り続けることがとても苦手です。

固定された姿勢は直ぐに腰部の代謝を停滞させてしまいます。すると年月の経過とともに腰部の劣化が早まりますのでできるだけデスクワーク中であっても小まめにコピーをとるために席を立ったり、コーヒーや御手洗いなどちょっとした立ち上がる時間を作業中に設けるようにしていただくことがとても大切でしょう。また、適度に立ち上がって腰を動かす体操をしてみると腰部の血流が良好に保たれてぎっくり腰の発生を大幅に軽減することができます。

ぎっくり腰の防止は1回の腰の動作だけに着目するのではなく長い年月のダメージの蓄積に着目することが大切。

お皿洗いでの腰痛対策

結論:最終的には食器洗浄機を買う。

お皿を洗うとき肩や腰が痛くならない方法

キッチンの流し台が低くて腰が痛い、何か良い方法ありませんか?

シンクが低くて腰が痛い、対処法は?

ラーメン屋の皿洗いで腰痛になりませんか?

食器を洗うときどうしたら腰痛を予防できますか?

腰に負担が掛からないお皿洗いの方法

作業場面での腰痛対策

結論:中腰にならないこと

雪かきの腰痛は?

腰に負担をかけない乗車

日常業務で気をつけること

掘土での防止法

腰痛の一般防止策

腰痛持ちの釣りは?

腰痛持ちの長距離バスは?

ぎっくり腰の防止法

腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの

腰痛防止には律動的な動き

腰痛の防止は?

声を出す効果は?

無意識で行うフィードフォワード制御によるもの

相反性神経支配

腰痛で最も世界的な治療法

腰痛防止のために意識的に改善するべきもの

なりにくい体質をつくるには?

ぎっくり腰の予防の重要性

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

カートを押したら腰が痛い

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

気をつける日常習慣

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門