ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰のときに受けてはいけない療法

鍼治療

ぎっくり腰に陥ったときにオススメしない療法は鍼。鍼の鎮痛メカニズムは科学的に立証されてはいない。明確な根拠の存在しない療法。有力な説はゲートコントロール説であり、痛みの神経は自由神経終末という細い神経、そしてAδ神経という太い神経があり、太い神経に微細な刺激を与えると細い神経よりも優先的に認識するため細い神経の知覚情報を脳で遮断することができる。ただし見せ掛けだけの療法であり依存心を強め易いので注意が必要。

※スポンサーCM

ぎっくり腰のときにオススメしないのは鍼

治療は人それぞれ御自身の信じるものを受けられるのが一番良いのですが受ける療法の科学的根拠という部分には着目する必要があります。これをご利用になられる方はとても雰囲気に流され易く自分の考えをお持ちになられていない方が多いように思えます。東洋の神秘的な雰囲気を味わいたいという人の心の弱さのようなものを感じてなりません。もちろん雰囲気を大切にしたい方はそれで良いのだと思いますが本気で治療をお求めになられているときには自分の考えで判断できるだけの心理的な余裕は必要でしょう。

神秘的著作者: Vive La Palestina

鍼が治療を導く根拠は明らかにされてはいない

ところが鍼をお受けになられる方は少数ですが、なぜ治療を導くのか?という科学的根拠は明らかにはされていないのです。研究などもいろいろとされているようですがいまだその科学的根拠とは示されておりません。

もっとも有力な説がゲートコントロール説、痛覚の仕組みを応用

ではどうして鍼で痛みが治まるのか?これは様々な説があって立証されている説とはいまだ存在しないのですが、もっとも有力なのがゲートコントロール説です。ゲートコントロール説は私達の痛みを感じる痛覚の仕組みを応用したものです。

痛みを感じる太い神経に刺激を与えると、細い神経の知覚が遮断される。

ではどういった痛覚の仕組みがあるのかと申しますとそれは痛みを感じ取る神経はいくつもの種類があるのですが、主には太い神経と細い神経があると思ってください。細い神経は自由神経終末といって鈍い痛み・痛覚や温覚、酸性濃度などあらゆる情報を感知します。慢性腰痛をお持ちになられている中高年では大抵がこの自由神経終末に由来する痛みです。

これに対して太い神経はAδ神経と言って痛覚だけを感じ取ります。痛覚だけの専用の情報伝達経路なので脳にスムーズに送られて脳で痛みを認識すると自由神経終末由来の痛みよりも優先的にそれを痛みとして認識する仕組みを持っております。鍼のような微細な痛覚情報をAδ神経を用いて脳に送り込むとそれまで感じていた自由神経終末由来の痛みを遮断することができるわけです。

見せかけだけの痛覚の遮断であり、痛みの原因成分は改善されていない。

ところがこういったゲートコントロールによる痛覚の遮断は痛みの原因成分の除去はされておりません。あくまでも痛みの原因成分は患部に蓄積されたままの状態です。また筋肉の疲労やコリなど病的な部位の改善にはつながっておりません。

※スポンサーCM

治療中に寝て過ごすため体力が回復して楽になったと実感する。

しかし、実際に治療を受けて院を後にするころには体が楽になっていると実感される方もいらっしゃることでしょう。こういった実感は実際には鍼治療中に30分ないし1時間近く院のベッドで寝ていて過ごすことで筋肉に溜まっていた疲労が寝て除去されることで体力が多少回復しているために楽になったと実感されていたわけです。

体の弱い女性や高齢者がゲートコントロールで痛みを寝て治したら余計に体が弱くなり依存体質になってしまう。

ところが医学知識とは学校教育で教わることはありません。社会・国語・数学・理科などには精通しておられることもありますがこと医学知識に関しては無知に近い状態であることがほとんどです。体の弱い女性や高齢者など自己の健康に対して自信が失われますとどうしても依存心が強くなってしまいますのでこういったゲートコントロールの仕組みに思考が及ぶことがありません。結果的に体に痛みが現れるたびに鍼に通われてゲートコントロールによって痛みを遮断し、それが治っていると誤解して結果的に無駄に寝ている1時間近くの安静が余計に体力の低下を招いてしまい結果的に更にゲートコントロールに依存しなくてはならないという依存体質になってしまうのです。

痛みを改善するためには物理的なコントロールで発痛物質を除去し、筋肉の拘縮を除去し、重心を補正する

※スポンサーCM

では鍼ではなくて専門家を受けていただくメリットとしてはどういった違いがあるのかと申しますと例えば痛みをもたらしている筋肉に対して物理的に手技操作をすることでコントロールして筋肉のコリや拘縮を除去して行きます。また患部に蓄積した発痛物質を手技操作で圧搾して患部から排除します。

さらには痛みの原因となる疲労物質を体内から誘導した後には重心補正と言って偏った重心を改善することで筋肉の偏った使用を改善することで痛みの発生を防止することにつなげるわけです。

湿布やお灸、磁石も同じ

また、商品名は伏せさせていただきますが、温かい刺激や冷たい刺激を用いる湿布や、もぐさなどを用いたお灸、磁石など体にくっつけて刺激を与えて痛みを除去する方法もゲートコントロールを利用したもので、ゲートコントロールは心弱い人が無知に付け込まれて騙され易い方法になりますので気を付けねばなりません。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開