荘A[NX̉@

腰痛防止のための筋肉の調整法

ウィリアムス体操

〔ページ概要〕:
腰痛の発生原因として多くのものに共通点がある。
それは腰周りの体幹筋が鈍っていること。
しっかりと働かない状態に陥っている。
筋肉が鈍らないようにする体操が必要。
代表がウィリアムス体操。
体操で小まめに筋肉を動かす。
そして調整する。
常にいつでも使える状態にしておく。
すると腰痛に陥り難い。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は実にその多くの原因に筋肉が関係します。
『毎日マラソンで鍛えているから大丈夫!』
と思われている方もおられます。
ですが、それでもぎっくり腰を患う方は多いです。
これは筋肉の調整が足りていないことを意味します。
マラソンで用いる筋肉は実際には足の筋トレがメイン。
腰痛の防止には不十分なのです。

ぎっくり腰や腰痛の防止では体幹筋を使う

では腰痛を防止するためにはどういった筋肉が必要になるのか?
これは足の筋肉よりもむしろ胴体が重要。
すなわち体幹筋を鍛えます。
腹筋や背筋、臀部の筋肉を調整する。
こうすることでいつでも筋肉が働き易い状態に整えておく。
これが必要であると言えます。

※スポンサーCM

筋肉を発達させるような追い込んだトレーニングではなく、鈍らせないためのトレーニングが必要

しかし、トレーニングと聞いて
「そんな苦しいこと、きついことなんてとてもできない」
とお思いになられた方もおられることです。
しかし、心配はいりません。
スポーツ選手のモリモリの筋肉にならずとも大丈夫。
腰痛を防止することは十分にできます。
筋トレは追い込んだトレーニングなど必要はありません。
スポーツ選手のモリモリの筋肉にならずともいい。
腰痛は筋肉を使ってさえいれば防止できる。
そう言われております。
すなわち追い込んで筋肉を発達させることではない。
使わずにいることで筋肉が使えない状態に陥らないようにする。
常に動かせる準備状態を作っておく。
これが大切なんです。

慢性腰痛の患者様はいわばバイクを長期間ガレージにしまっているようなもの。
いざ動かそうと思っても肝心なときに思うように動きません。
全く動かなければ何とかしてメンテナンスして慎重に運転を心がけます。
ですが、下手に中途半端に動いてしまう。
するとついついメンテナンスを怠る。
そして無理して壊してしまう。
人の体もまったく同じなんですね。
長期間使わずにいることでエンジンが掛からない状態にならないようにする。
とくに体幹筋を意識的に用いる。
そうすることで一定のコンディションを保つ。
これが腰痛の防止では求められます。
毎日体操を実施する。
そして鈍った状態に陥らない。
いや、それだけに飽き足らずより上を目指したい。
こういう方は筋肉を発達させる追い込んだトレーニングに着手することも良いです。

体幹筋を動かすトレーニングがウィリアムズ体操

※スポンサーCM

では体幹筋を怠けさせないためにはどうするべきか?
どんなトレーニングがあるのか?
代表的なものとしてウィリアムズ体操があります。
ウィリアムズ体操では体幹筋を鍛えます。
いくつかの方法を取り入れます。
胴体の
①上半分を曲げる、
②下半分を曲げる、
③上下を曲げる。
④体の背面を伸ばす。
⑤体の前面を伸ばす。
⑥団子虫のようにしゃがむ。
そして体を丸めた状態から立ち上がる。
このスクワットをとりいれる。
合計6つの体操を組み入れて体を動かします。
筋トレで筋肉を発達させることが目的ではありません。
あくまでも体幹筋を怠けさせないこと。
さび付かせないことを目的としております。
ですので各体操は10回。
これを1日おきに1回実施します。
週3回を最低1ヶ月以上継続します。
すると腰の筋肉が準備状態を作ることができます。
ですので不意に動いた瞬間にぎっくり腰を患うリスクを減らせることでしょう。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書