ぎっくり腰専門アークス整体院

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ギックリ腰の前兆として特に気をつけるべきものがこむら返り、全ての不調のバロメーターの一つであるが体力の消耗やエネルギー不足や疲労の蓄積を意味する。発生したときに無理に動き回ると肉離れなどを起こす可能性があるのでとにかく休憩をし栄養補給をした上でプロの整体師によるストレッチを受けましょう。

※スポンサーCM

気をつけるべき点は沢山ありますが、これが合ったらギックリ腰になり安いです。それも『相当なりやすいから気をつけてくださいねというものになります。』

特に注意していただきたいものがこむら返り

ギックリ腰の前兆として特に気をつけていただきたいものを挙げさせていただきますとこむら返りが挙げられます。これに陥る原因としましては電解質(ナトリウム・カリウムなど)の不足だったり、筋肉の疲労だったり、運動神経の過剰な興奮だったりと様々なものがあります。

全ての不調のバロメーターと思ってそれ以上運動するのは止める

もし運動中などにこういった症状が現れてしまったときのことなのですが、これを放置して我慢して動き回っているととても危険性が高いです。ギックリ腰に陥ることもありますし、下手をすると攣った箇所の筋肉が断裂して治療に相当の日数を要することがありますのでできるだけ止めておいた方が懸命であると言えます。この反応とはそもそもが全ての不調のバロメーターと言っても良いです。エネルギーが欠乏していたり、高齢者のようにもともと体力が衰弱していたり、運動神経の反射が過剰になっている人が起こすものですから出たときにはできるだけ作業を中断したり、どうしても外せない仕事でしたら誰かに代わってもらうなどしたり、せめて1時間ほど床などに寝そべって休憩するなどした方が良いでしょう。

筋肉はエネルギーを使って収縮と弛緩を繰り返す。

攣ってしまう原因には様々なものがありますが、エネルギーが欠乏したり体力が弱まっているとなってしまう理由としましては、筋肉は運動神経が興奮することで興奮した神経が筋肉の細胞膜のところでアセチルコリンという物質を放出し、放出したアセチルコリンが筋膜を興奮させると筋小胞体という物体からカルシウムが放出されてそれが科学的に作用して筋肉が収縮します。このそれぞれの興奮の場面でエネルギーが必要になるのですが、それ以外にも放出されたカルシウムを回収するときにもエネルギーを必要とします。つまり筋肉は収縮するときも弛緩するときもエネルギーが必要となるのです。エネルギーが欠乏状態になりますと筋肉が弛緩できなくなってしまいます。弛緩できなくなりますと過剰なテンションが掛かった状態となり、筋紡錘という筋肉の長さを検出するセンサーが異常を検出し、過剰に攣縮を起こさせます。これが攣ってしまう主な理由となるのです。

こうなってしまったときにはやはり先に述べたように休憩をしたりエネルギーを補給することが望ましいです。十分にエネルギーが補われてからストレッチなどをすると症状が徐々に和らぐことがございます。

※スポンサーCM

一旦攣ってしまうと酷いときには肉離れなどを起こすこともある。

若い方などでは軽い症状で済むものなのですが、こういったものは中高年や高齢者など年配の方ほどもともとエネルギーの量が少なくさらには過剰な反射が起こり安いです。酷いときには攣ったときに肉離れを起こしてしまい数ヶ月立てなくなってしまうこともありますので特に気をつけて安静に休むようにしましょう。

整体を受けることでストレッチなどギックリ腰に関連するメニューをすることが良い

こういったときとくにオススメすることは整体などを受けていただくことでプロのストレッチ利用することが望ましいです。ギックリ腰などに関連性の高い内容を実施することで発生のリスクを明らかに抑えることができますので望ましいと言えます。

こむら返りとギックリ腰は基本的には同じもの

ここまで足のこむら返りについていろいろと述べさせていただきましたが足の筋肉が痙攣を起こすこととギックリ腰がどういった関係があるのか皆様も疑問に思われた方もおられることだと思いますが症状の重さの違いはあれど両者はほとんど似たようなメカニズムで生じているものなのです。私達は歩いたり日頃動き回るときに最も使用する部分が地面と接する足先やふくらはぎの筋肉となります。全身の体重を支えてなおかつ機敏に動き回るわけですから一番酷使していると言っても良いでしょう。だからこそ使用度の高いふくらはぎや足先が攣ってしまうわけです。これが生じたということは時間の問題でいずれギックリ腰が起こるはずでしょう。もっともギックリ腰が起こる前に足の肉離れなどで行動ができなくなることもありますが、とにかく運動を中断して休憩していただくことが大切ですね。

夏の肉体疲労によるギックリ腰の防止にオススメできるのが打ち水

肉体疲労はギックリ腰やふくらはぎの筋肉の攣縮などと密接な関係があります。しかし、肉体疲労は仕事や運動でだけ起こるものではございません。夏の暑さや熱帯夜の睡眠不足なども体力の消耗を加速させます。

ではどうしたら良いのかと申しますと以下のようなタライを用意していただき、雨水を溜めておくことがオススメできます。

タライ

庭先や雨どいの下に置いて雨水を溜めておけば打ち水に使えます。打ち水はアスファルトやコンクリートの熱を下げて土に水を与えます。水道代もタダです。温度がグンとさがりますので夏は涼しくすごせますし、車の洗車や掃除にも役立ちます。置いておくだけでも水分が蒸発して気温を下げてくれますので直接的な体調管理ではありませんが、すごしやすい日々となり、ギックリ腰の発生を防いでくれることでしょう。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

立ち仕事で筋肉性のぎっくり腰を回避する方法

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

ぎっくり腰専門

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開