荘A[NX̉@

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

結論:断裂部を接着する「のり」は、受傷から2週間経過すると出なくなる。

〔目次〕

  1. 靭帯損傷によるギックリ腰の治癒経過
    〔ページ概要〕:
    靭帯損傷によるぎっくり腰はほとんどのものが予後が良好。何もせずとも復帰できる。ところが稀なものもある。靭帯が完全に断裂したものは手術が必要。部分的に断裂したものは2週間安静にしないと損傷部の糊が出なくなってくっつくなくなることがある。
  2. 結論全般的に靭帯損傷は治癒経過が良い。
    何もせずとも痛みは治まる。
  3. 参考靭帯損傷にはレベルがある。
    三度損傷は自然治癒が得られない。
  4. 特に気をつけること
    受傷早期
    断裂部には2週間限定で、
    糊(のり)が出てくっつく。
    2週以上経過すると糊が失われる。
    断端がくっつかなくなる。

※スポンサーCM

結論:全般的に靭帯損傷は治癒経過が良い。
何もせずとも痛みは治まる。

ぎっくり腰は原因が多岐に渡ります。
ごく稀にですが、靭帯損傷を起こすこともあります。
それはラグビーでタックルを受けるぐらいの、
強烈なパワーが加わって起こる。
靭帯損傷は下図を参考にしてください。

椎間関節関節包靭帯
この図は縦に連なった腰骨を後ろから見ている状態。
その模式図です。
そうしますと靭帯っていうのは
骨と骨を連結している部分のこと。
腰椎では「椎間関節関節包靭帯」、
これが損傷しやすいです。
今回お話するのは、
仮にこの靭帯を損傷してしまった。
その後の経過についてになります。
一言で申し上げると、
全般的な患者様で治癒経過は良いです。

メニューに戻る

参考:靭帯損傷にはレベルがある。
三度損傷は自然治癒が得られない。

※スポンサーCM

ただし、注意点がいくつかあります。
それは靭帯の損傷レベルです。
詳しいことは別のページでもお話しました。
したがって詳しいことはそちらを参考にしていただきたい。
ここではざっとお話します。

損傷レベルは大きく分けて3段階、
一番軽いものは特に何もせずとも良いでしょう。
我慢して復帰して問題ない。
炎症が長引くけどいつか自然に痛みが消える。
注意することは、
靭帯が完全にブツンと断裂する3度損傷。
この場合は残念ですけど自然治癒しない。
手術でつなぐ必要があります
でも発生事態が稀、
スポーツ選手ぐらいしかならない。
一般人ではまず起こりえない。
そういった稀なもの。
したがって安静にしていて治らないものもある。
まずここが重要です。
しっかりと腰の動きを検査すると、
腰の関節がありえない方向へと動いたりする。
そういった傾向があれば三度損傷を疑います。
早期に手術をした方が予後は良いことは間違いないでしょうね。

メニューに戻る

特に気をつけることが受傷早期:
断裂部には2週間限定で、
糊(のり)が出てくっつく。
2週以上経過すると糊が失われる。
断端がくっつかなくなる。

このときに特に気をつけることは、
受傷早期の過ごし方です。
靭帯を損傷した、
完全に断裂した、
二度損傷で部分的に断裂した、
いずれにせよ受傷時から2週間は
患部に糊が分泌されており、
安静にしていればくっ付く。

でも、2週以上経過する。
すると糊は消えてしまう。
失われて二度とくっつかない。
その後永久に断裂しかかった状態が残り続ける
骨の連続性が失われている。
関節がグラグラになっている。
グラグラを抑えるために腰の筋肉がいつも働き続ける。
そのため、慢性腰痛になってしまう。

つまり、受傷早期にしっかり治療を受けることが必要。
受傷早期にはしっかりと患部を安静にする。
そうしないと2週間経過するとくっつかなくなってしまう。
その後どんなに努力しても断裂部はそのままになってしまう。
例えば幼い時に靭帯を大きく損傷した人がいる。
残念だけど、その人は大人になっても靭帯は断裂したままとなる。
つまり、受傷早期の2週間に気が早ってしまい、スポーツに復帰したり、
肉体労働に復帰すると、

一生、
死ぬまで、
腰痛を患い続けることになる。

腰の後遺症

たった二週間、これを疎かにしたために一生困り続ける。
こういうこともあるんです。

腰痛って相当な経済的、社会的なダメージを負う。

メニューに戻る

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門