ぎっくり腰専門ユークル整体院

靭帯損傷のぎっくり腰の特徴は痛みの左右差

結論:
靭帯を損傷すると、
左右のどちらかだけ痛い。

  1. 靭帯損傷のぎっくり腰の特徴は痛みの左右差
    〔ページ概要〕:
    ぎっくり腰では稀なタイプがある。
    それは椎間関節関節包靭帯の損傷。
    この靭帯は腰部の骨格の左右二箇所にある。
    そのため、左右を同時に損傷しない。
    片側だけを痛める。
    したがって左右差の明確な腰の痛みを訴える。
  2. 靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴
    動いたときの痛みの左右差が明確なこと
  3. 椎間関節関節包靭帯の特徴
    腰の左右に1本ずつ。
    計2本ある。
    故に必ずどちらか1本だけを損傷する。
    特に水平に腰を捻ると痛みの差がハッキリする。
  4. 参考何を損傷しても少なからず左右差はある。
    しかし筋肉の損傷では痛み方が漠然としている。
    強弱はあるが両方に痛みを見る。

※スポンサーCM

靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴:
動いたときの痛みの左右差が明確なこと

ぎっくり腰の中でも稀にみられるもの、
靭帯損傷について考えてみましょう。
靭帯損傷っていうのは主に以下のものです。
椎間関節関節包靭帯
腰には骨と骨を連結する線維の
靭帯がある。
靭帯は幾つも種類があるけど、
その中で筆頭に上げられるぐらい損傷が多い、
それが、椎間関節関節包靭帯です。

普通に生活していてこの靭帯を損傷することはない。
だけどスポーツで思いっきり腰を捻ったとき、
とても重たいものを持上げようとしたとき、
そういったときに稀に起こります。
まず患者さんがこのきっかけを自覚できないことはないでしょう。
聞けばハッキリと
「介護のときにおじいさんを抱え上げたら・・・」
という具合できっかけをお答えできるものです。

※スポンサーCM

今回はこの靭帯を損傷したらどんな特徴がみられるのか?
そういったお話になるわけです。

一言で言えば、
動いたときの痛みの左右差がとてもハッキリしている
このようなことを上げることができます。

メニューに戻る

椎間関節関節包靭帯の特徴、
腰の左右に1本ずつ。
計2本ある。
故に必ずどちらか1本だけを損傷する。
特に水平に腰を捻ると痛みの差がハッキリする。

ではどうして痛みに左右差が起こるのか?
それはこの靭帯が左右に1本ずつあることが関係しております。
椎間関節関節包靭帯後面図
この図は腰椎を後方から見ている図です。
そうすると、椎間関節関節包靭帯は左右に1箇所ずつあります。
合計2つあるわけです。

この2つを同時に損傷することは臨床上、
とても珍しい。
ないといっても過言ではない。
そう考えております。
損傷するとしたら、どうしても左右どちらかが先行して壊れる。

だから左右差が明確になるのです。
そして左右の動きの中でも腰を水平に捻る動きです。
左右どちらかに捻ったときに腰の痛みが強くなる方向、
そちらの椎間関節関節包靭帯を損傷している。
その可能性を疑うことができます。

メニューに戻る

参考:何を損傷しても少なからず左右差はある。
しかし筋肉の損傷では痛み方が漠然としている。
強弱はあるが両方に痛みを見る。

椎間関節包靭帯を損傷すると左右差の明確な痛み方をします。
しかし、筋肉の損傷や他の組織の損傷でも
少なからずこういった左右差はあります。
だからこのページを見た人が
「右が痛い、靭帯をやった・・・」
こう早とちりしては困ります。
ただ、他の組織を損傷したときには左右両方が痛い。
左右差はあるけど右も左も動かせば痛みが出る。
これが普通です。

※スポンサーCM

さらにいえば椎間関節関節包靭帯の損傷も
左右差が明確なのは受傷直後です。
腰を痛めた、
無理して仕事を頑張った。
仕事の後にも腰の痛みが続いている。
この時点になると、
腰の関節の負担が、
筋肉にも波及している。
右の腰の痛みが、
左の腰の筋肉にも及ぶ。
だから時間経過と供に左右両方の痛みを伴うようになる。
ぎっくり腰の原因を推測する上での一つの目安としていただく。
参考に留める。
こう思っていただくことが良いでしょう。

メニューに戻る

腰痛と背骨の構造的要因

結論:腰痛の9割は第四・第五腰椎の間で起こる

後縦靭帯の損傷は体幹前屈によって起こる

腰椎で最も損傷しやすい箇所

腰痛と椎間関節

結論:腰を反らして痛める

椎間関節炎による腰痛

椎間関節炎による腰痛はほんの僅かにも動けないほど痛い

腰痛と関節軟骨関節症

結論:グルコサミンでは治らない。軟骨は運動で強くなる。

軟骨組織とぎっくり腰

腰痛と軟部組織障害

結論:痛めた靭帯は受傷直後しかくっつかない

ぎっくり腰で靭帯損傷とは?

靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴

棘上靭帯炎による腰痛

腰椎分離症・すべり症

結論:子供が腰痛になったらまず疑う。発症したらスポーツを休ませる。

腰骨のズキッとしたズレと、ヌルっとしたズレは?

背骨の構造

結論:背骨の構造の変化は腰痛の原因ではない

腰椎

拮抗筋の役割と胸椎との関係

腰椎の前方と後方への動き

背骨の変形

結論:変形自体は腰痛には関係しない。

ぎっくり腰で変形性脊椎症は?

ぎっくり腰とヒンジの歪み

腰痛と骨盤

ぎっくり腰で腸骨が痛くなる理由は?

ヤコビー線

子育て中のぎっくり腰は骨盤筋をほぐそう

腰椎捻挫と骨盤の水平回旋。

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開