荘A[NX̉@

仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する

結論:膝を立て続けるとお尻に痛みが広がってしまう

〔目次〕

  1. 仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する
    〔ページ概要〕:
    腰痛の本ではぎっくり腰になったとき良いとする方法がある。
    それは膝を立てて仰向けになって寝ること。
    たしかに一時的には問題ない。
    だが長時間そのポジションが続く問題が起こる。
    股関節周りが障害されてくる。
    お尻が痛くなることもある。
    悪化させないためには膝を立てる。
    だが、膝の重みを枕や布団、クッションなどに預ける。
    そして免荷を図ることが必要。
  2. 多くの医学書の誤り
    「仰向けに寝て膝を立てる」
    はぎっくり腰が悪化する
  3. 一時仰向けになるだけなら腰は和らぐ
  4. 悪化する理由
    長時間膝を立てていると、お尻や股関節周りが攣ってくる。
  5. 医療機関の現状
    お尻や股関節周りが攣ってきた症状を「腰椎椎間板ヘルニア」とか
    坐骨神経痛」だと平気で誤診している。
  6. 正しい対応
    膝を立てるけど、立てた膝を免荷すること。

※スポンサーCM

多くの医学書の誤り:
「仰向けに寝て膝を立てる」
はぎっくり腰が悪化する

今日はぎっくり腰に陥ったときに良いと言われる方法の是非についてです。
医学書を読みます。
すると、ぎっくり腰では患った初期に、
仰向けに寝転ぶ。
そして両膝を立てて寝る。
すると腰の痛みが和らぐ。
このように昔から色んな本で言われます。
一般書だけでなく医学書でも言われることがある。
それも昔出版した本ではない。
ごく1年から2年前ぐらいに出版した本にさえ書いてある。

ところが結論を言うと、
仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化します。

メニューに戻る

一時仰向けになるだけなら腰は和らぐ

※スポンサーCM

もちろん多くの方、多くの治療家の先生が実際に寝てみる。
腰を痛めて居ない人が仰向けになって膝を立ててみる。
すると、
「そんなことないじゃん。腰が楽だよ」
って思うはず。
でもそれは一時的なもの。
長時間そのポジションを保っていると、
今度は別のところが痛くなってくる。

メニューに戻る

悪化する理由:
長時間膝を立てていると、お尻や股関節周りが攣ってくる。

では長時間仰向けになって、膝を立てて寝ていると何が起こるのか?
これはお尻や股関節と言った、
腰椎とは別のところが痛くなってきます。
ぎっくり腰は大部分が腰椎に沿ってその傍が痛くなる。
ところが決まって好発してお尻や股関節、太腿が痛くなる。
これはどうしてなのか?
大抵の患者さんが仰向けになって膝を立てているから。
膝を立てていると股関節周りのお尻や、股関節の筋肉を使います。
足って意外に重いんです。
一説では脚1本が体重の18%もあるというぐらい。
体重の18%もの重さを長時間支え続けたらどうなるか?
当然お尻や股関節が攣ってくる。
医学書で言う、
「膝を立てろ」
は大誤り。
大嘘なんですね。
医学書に書かれていることは、
患者さんが病室に診察に来た一時は有効です。
僅かな時間ならボロが出ない。
ところが患者さんが自宅に帰ってから、
それを一日中取り続けるとどうなるのか?
すると股関節周りの筋肉を酷使して激痛が起こる。
最初よりももっと酷いことになる。
これは完全に医原病
つまり医療が原因で腰痛が悪化したケースなんです。
股関節は日常のほぼ全ての動作に影響します。
患者さんの生活に与えるダメージは相当なものになってしまうわけです。

メニューに戻る

医療機関の現状:
お尻や股関節周りが攣ってきた症状を「腰椎椎間板ヘルニア」とか
坐骨神経痛」だと平気で誤診している。

そして、挙句の果て、こういった症状を訴えて患者さんが病院を受診するとどうなるのか?
最初にギックリ腰を患った、それからお尻や太腿、脚に障害が出た。
したがってこれを多くのお医者さんが
「腰椎椎間板ヘルニアによる下肢の神経障害だ」
「坐骨神経痛による神経障害だ」
このように診断するわけです。
こういった診断が平気でまかり通っている。
そして真剣に手術を選ぶ患者さんもいるわけです。

メニューに戻る

正しい対応:膝を立てるけど、立てた膝を免荷すること。

※スポンサーCM

では膝を立てることは間違いなのか?
決してそれ自体が間違っているわけではありません。
条件があって、
立てた膝を筋肉で保とうとしないこと。
立てた膝は枕、クッション、折りたたんだ布団などで支える。
そして筋肉を使わずに脚の重さを布団やクッションに預けてしまうこと。
でもこういった細かいことって患者さんは分からない。
普通は筋肉に力が入ると痛みが紛れるから。
でもそういった感覚的な緩和に頼ってはいけない。
物理的に見て明らかにお尻や股関節周りの筋肉の負担を緩和させること。
そういった工夫が必要になるのです。

※このページで紹介した内容はすべて一個人の見解です。
紹介した内容の実施は各自の責任で行ってください。

メニューに戻る

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

ライスミットの原則

ぎっくり腰になりそうです。何をしたら良いですか?

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

ぎっくり腰で心がけるのは力を抜くこと

ぎっくり腰の禁忌

痛みを抑えるために注意してもらいたいこと

ぎっくり腰のときの痛くない体位変換

頑固な筋肉のコリによるぎっくり腰の解消法

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

カウンターストレイン

ぎっくり腰の対処

腰痛の正体を知ると痛みが和らぐ

最も手軽にできる対処は?

外出中になったら?

防止のためのホールドリラックス法について。

脊髄反射による緩和法

RICE処置について

急性期の対処

急性腰痛の2つの治癒条件

ぎっくり腰で先ずやるべきこと

ぎっくり腰は16度~42度の範囲のものを腰に当てる

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰を早期に緩和するカウンターストレインとは

手軽にできる痛みの緩和法

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

ギックリ腰、誰に助けを求めるべき?

患者の身内や身近な人の対応

周囲の人ができること保護・介護・救護

周囲の人ができることは予防措置

健康な方の腰痛に対しての誤解

ぎっくり腰の介護

腰を痛めない臥位からの起き上がり介助

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する

我慢はぎっくり腰を長引かせる

ぎっくり腰、買い物は平気?

月曜日まで放置することの危険性

セルフケアはなぜいけないの?

ぎっくり腰で気をつける偽りの緩和

力むと楽になるのは治癒にあらず

腰をかばって動かない弊害

放置した場合は?

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

患者の病気の見立ては間違っている

ぎっくり腰のときの患者の判断力

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

牽引療法は?

ぎっくり腰と間違い易いもの

根本療法という意味合い

ぎっくり腰の一般的認識の大きな間違い

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

ぎっくり腰だけどピアノの練習をしたい

どうしても働かないといけないとき

ぎっくり腰での旅行取りやめの判断

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)

トイレの手伝いは?

長時間トイレに行けずつらい

ぎっくり腰のときの大便の仕方

トイレの行き方

消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる

ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える

トイレから立つとき激痛

腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

バレーのスパイクで腰が痛いのはぎっくり腰か?

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

ぎっくり腰の続発症について

ぎっくり腰にはじめてなった人の陥る傾向

神経痛による痛み方の特徴

ぎっくり腰で病院に行くと何をしてもらえますか?

ぎっくり腰になっても労災にならない会社はどう?

ぎっくり腰の退職の仕方

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

ライスミットの原則

ぎっくり腰になりそうです。何をしたら良いですか?

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

ぎっくり腰で心がけるのは力を抜くこと

ぎっくり腰の禁忌

痛みを抑えるために注意してもらいたいこと

ぎっくり腰のときの痛くない体位変換

頑固な筋肉のコリによるぎっくり腰の解消法

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

カウンターストレイン

ぎっくり腰の対処

腰痛の正体を知ると痛みが和らぐ

最も手軽にできる対処は?

外出中になったら?

防止のためのホールドリラックス法について。

脊髄反射による緩和法

RICE処置について

急性期の対処

急性腰痛の2つの治癒条件

ぎっくり腰で先ずやるべきこと

ぎっくり腰は16度~42度の範囲のものを腰に当てる

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰を早期に緩和するカウンターストレインとは

手軽にできる痛みの緩和法

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

ギックリ腰、誰に助けを求めるべき?

患者の身内や身近な人の対応

周囲の人ができること保護・介護・救護

周囲の人ができることは予防措置

健康な方の腰痛に対しての誤解

ぎっくり腰の介護

腰を痛めない臥位からの起き上がり介助

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの起き上がり方

ぎっくり腰の屋内の移動

ぎっくり腰のときの布団から起き上がる手順

腰痛患者は腕の力を使って起きる

腰痛改善のための動作療法

腰が痛いときの歩き方

ぎっくり腰のときには痛みの度合いに関係なくゆっくり動く

ぎっくり腰の患部の安静と腰椎随伴運動

ぎっくり腰になったときに覚えていただきたいこと。

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

仰向けに寝て膝を立てるとぎっくり腰は悪化する

我慢はぎっくり腰を長引かせる

ぎっくり腰、買い物は平気?

月曜日まで放置することの危険性

セルフケアはなぜいけないの?

ぎっくり腰で気をつける偽りの緩和

力むと楽になるのは治癒にあらず

腰をかばって動かない弊害

放置した場合は?

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

患者の病気の見立ては間違っている

ぎっくり腰のときの患者の判断力

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

牽引療法は?

ぎっくり腰と間違い易いもの

根本療法という意味合い

ぎっくり腰の一般的認識の大きな間違い

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

ぎっくり腰だけどピアノの練習をしたい

どうしても働かないといけないとき

ぎっくり腰での旅行取りやめの判断

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

歩ける程度のぎっくり腰の洋式トイレでの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときの大便の仕方

ぎっくり腰で完全に動けないときのトイレ(介助者有り)

トイレの手伝いは?

長時間トイレに行けずつらい

ぎっくり腰のときの大便の仕方

トイレの行き方

消化不良で運動をすると便がビシャビシャになる

ぎっくり腰中のトイレは地獄なので食事を控える

トイレから立つとき激痛

腰痛でオシッコが出なくなる2つの原因

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書