荘A[NX̉@

病気と心の弱さについて

病気を患う人は必ず心の弱さを持っている。心弱い人は安易な方法、楽な方法を選ぶ、そして自分と同じような境遇の人とばかり群れを作って自分の行動が普通であると、正当化して安心しようとする。治療に必要なものは根気だけです。

※スポンサーCM

症例:股関節痛の60代女性が電動自転車を自慢する。

「先生、みてくださいよ~私の電動自転車を!これならお買い物やお出かけも楽なんですよ。」

主婦60代のAさんは股関節の痛みを訴えられる方で、自慢の愛車を私に自慢します。

「Aさん、ずいぶんと便利そうな自転車をお買い求めになられましたね。」
「そうなのよ。これなら私みたいに股関節の病気があっても大丈夫でしょ」

注意:筋肉はお金では買えない、病気になる人は心に弱さがある。

「いっつもお伝えしておりますが、こういった便利な乗り物は簡単に買うことができますけれどね、でもAさん、筋肉はお金では買えないんですよ。」

「うん・・・・でもね・・・これがないとお茶会にもいけないし、婦人会だってあるし、体操教室だってあるし・・・・手芸もイラスト教室だって行きたいし、どこにも遊びに行けなくなってしまうんですよ・・・・」

「本当に無理ですか?歩いてでは行けませんか?」
「えぇ~それはちょっと大変だし、私はもっともっと楽しみたいのよ・・・」

病気になる人は心に弱さがあります。すぐに逃避行動を選んでしまいます。おそらくは私の忠告を素直に聞けば良くなるのですが、目の前のわずかな苦痛と戦うことを嫌い続けているのです。しかし、ご婦人に無理を強いればきっとそっぽを向かれてしまい機嫌を悪くしてしまいますので、強く断ることもできません。

心の弱い人の行動特性:同質結集の法則、病気の人は常に群れを作る。

心の弱い人の行動特性を見ているといっつも思うことですが、その人の周りの方を見ていると酷い重症患者様が大勢おられます。そしてこのような会話をされるのです。

「もう私はいっつも膝がいたくってね~もう治りやしないわよ・・・階段なんて絶対に使わないわ!」
「私もよ!これ以上悪くなったらいやだからいつもエレベーターやエスカレーターを使うわ」

※スポンサーCM

そうです。体を無理に使うことで病状が悪化するのでは?と過度に心配するあまりに運動をすることを回避し続けその結果としてどんどん体が衰えて悪化して行くのです。そして、最後には手術を受けられて人造人間のように改造して行きさらに運動を怖がって行くのです。

群れを作る理由:マイナスの思い込みが伝播するから。

しかし、なぜこのような思考回路を抱くようになってしまったのでしょうか?この仲間のグループの中には自他ともに認める重症患者がおり、自分のことを絶対になおらぬ病気であるとあきらめの気持ちにさせてしまっているのです。

このマイナスのエネルギーが周囲へと伝播させ、「私もきっとダメなんだろう」という思い込みをさせてしまうのです。

考え方:病気を治すためには自分の心の弱さと戦う決意も必要。

その日もAさんのマッサージを無事に行わせていただき症状を和らげることはできましたが、彼女が本当に治るためには、ただ痛みから逃れたいという気持ちだけでなく、自分の弱さと戦う決意をせねばならぬことを今日も悟っていただいたのです。本当はそんな便利な物に頼ってはなりません。人類が車や飛行機で便利な生活を手に入れたことは素晴らしいことですが、それは決して人が怠けるためのものではないのです。今まで以上に沢山のことをできるようにするために新しい方法を見出すから意味があるのです。機械化や近代化は人の生活を向上させましたが、それによって失われるものがないように私たちは意識して行動をせねばならないのでしょう。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然