荘A[NX̉@

ぎっくり腰の経過

結論:10日で多くが良くなる

※スポンサーCM

健康で自分の体に不安が無い方、腰痛なんて絶対に自分には起こらないだろうと対岸の火事ぐらいにお思いになられている方ほど発生する傾向があります。なぜなのかと申しますと腰痛に対してほぼ無警戒だからです。

実際に陥ってしまったときにはやはりそういった他人事のように思われている方ほど深刻に『どうなってしまうのだろう』と不安になってしまいます。しかし、実際にはぎっくり腰はどうなってしまうのかと申しますとそれほど深刻な結果になってしまうことはありません。

多くのぎっくり腰は10日ほどで緩和され自然治癒する。

結果的なことをお話しますと多くのぎっくり腰とはあまりの痛みに驚かれるかも知れませんが自然治癒が得られるものです。痛みに大きな個人差がありますが概ね10ほど安静にしていれば大抵のものは自然治癒を迎えるはずです。治療をキチンと受けて発痛物質を患部からしっかりと除去することができればもっと短期間で治まることもあります。したがって「手術になるのでは?」とか「ヘルニアなのでは?」などと過度な不安を抱いてしまうものですがそういったものも含めて自然治癒するものなので安心していただければと思います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

ぎっくり腰で痛みの場所が不明瞭なのは?

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑨-1腰痛対策

⑩-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法