ぎっくり腰の経過

結論:10日で多くが良くなる

※スポンサーCM

健康で自分の体に不安が無い方、腰痛なんて絶対に自分には起こらないだろうと対岸の火事ぐらいにお思いになられている方ほど発生する傾向があります。なぜなのかと申しますと腰痛に対してほぼ無警戒だからです。

実際に陥ってしまったときにはやはりそういった他人事のように思われている方ほど深刻に『どうなってしまうのだろう』と不安になってしまいます。しかし、実際にはぎっくり腰はどうなってしまうのかと申しますとそれほど深刻な結果になってしまうことはありません。

多くのぎっくり腰は10日ほどで緩和され自然治癒する。

結果的なことをお話しますと多くのぎっくり腰とはあまりの痛みに驚かれるかも知れませんが自然治癒が得られるものです。痛みに大きな個人差がありますが概ね10ほど安静にしていれば大抵のものは自然治癒を迎えるはずです。治療をキチンと受けて発痛物質を患部からしっかりと除去することができればもっと短期間で治まることもあります。したがって「手術になるのでは?」とか「ヘルニアなのでは?」などと過度な不安を抱いてしまうものですがそういったものも含めて自然治癒するものなので安心していただければと思います。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

  1. いつまで様子を見るの?ぎっくり腰は発生から3~5時間経過した段階で治療を受けると良い。自律神経の過剰な働きが収まって患部の血流が改善することによる痛みの緩和効果が得られるから。それでも引かないときには早期に治療を受けることで関節の引っ掛かりを除去することが良い。筋肉にエネルギーが戻るだけなら3日、患部のダメージが抜けるのには10日ほどの安静を余儀なくされる。治療を躊躇してダラダラと様子を見続けると時間を沢山損失するため早期に治療を決断する。
  2. ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう様子を見ないで救急車に連絡すると非常に迷惑がられて出動拒否されることもあります。
  3. 経過観察の重要性について慢性痛に悩む患者さんは多いが、数年間持病に悩んでいても1回も整形外科や病院を受診したことがない人もいる。  
  4. ぎっくり腰何日休む?職場の理解にもよる。理解が得られるなら1週間ぐらいやすみたい。だけど普通に考えるとそんなには休めない。もっとも痛みの強い3日だけ休んであとは無理して出社するのが普通の人の理解の得られる範囲だと思う。
  5. ぎっくり腰は3~6時間の安静で様子を見るぎっくり腰になったときには先ずは安静にして様子をみるとそのうちに腰の興奮が鎮まってくることもある。
  6. ぎっくり腰の予後ギックリ腰の予後は基本的には良いが、治癒の意味を間違えると何度も繰返す
  7. ぎっくり腰は様子を見ていると長引く安易に寝て治そうとすると治癒までに貴重な時間を無駄にすることが多い
  8. 緊張性の腰痛には、痛み止めはその場しのぎでしかない腰痛は原因を特定することが必要
  9. 痛みと比例した対応をすればぎっくり腰は悪化しない。1の痛みを10の力で我慢しようとすると悪化する。せいぜい3以内に留める
  10. ぎっくり腰の経過10日で多くが良くなる
  11. 筋攣縮による腰痛の治癒経過筋肉がこむら返りを起こして痛くなったものでは治療によって痛みは即日で7割~8割ほど改善し、一晩寝て翌日から二日後ぐらいには痛みが完治することが多い。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰何日休む?

ぎっくり腰は3~6時間の安静で様子を見る

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

緊張性の腰痛には、痛み止めはその場しのぎでしかない

痛みと比例した対応をすればぎっくり腰は悪化しない。

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)