荘A[NX̉@

打診器を用いた腱反射テスト

打診器を用いた腱反射テストは脊髄性の疾患や脳から由来する病巣を早期に見つける不可欠な検査であり、過剰な反射を見つけだすことで疼痛が感作されている状態を見抜くことにもつながる。

※スポンサーCM

ありとあらゆる治療院をお試しになっても改善されぬぎっくり腰

患者様はすでに文京区に存在する全ての腰痛に関する整形外科や整骨院などありとあらゆる治療をお試しになられたのですが、一向に腰の状態が良くならず、そしてついには遠く離れた出張整体に対応している専門家までご相談をされたわけです。

出張してすぐに検査をさせていただきました。

私はすぐに文京区まで出張して患者様の検査をさせていただきました。打診器を用いて膝などの腱反射のテストを実施したときのことです。このテストではゴムハンマーを用いて反射を誘発し、運動神経と感覚神経の状態を瞬時に見極めることができます。

反射検査までしてくれた治療院はこれまで無かったという。

今回の患者様であるA様にその検査を行ったところこのようにおっしゃられます。

「先生、私は今まで文京区ほぼ全ての治療院を受診しました。私のような者をドクターショッピングと呼ぶのかもしれませんが、どこに行っても良くならなかったのでしょうがなく様々な治療院をひたすら試して回ったわけです。しかし、先生のように反射だとか細かなところまで検査してくださる先生はおりませんでしたよ。」

打診はどこに行っても改善されぬ方にこそ必要な検査である。

このようにおっしゃられます。やはり近年ではこういった検査を用いる先生は大分数が少なくなったのかもしれません。しかし、こういった検査とはAさんのようにどこに行っても改善を実感できぬ方にこそ必要な検査であって、これを用いぬからその原因を見つけだすことができないことも考えられるのです。

※スポンサーCM

自覚症状が出る前に悪いところを見つけるのが打診

「先生、ところでその道具を用いることがどのようなメリットがあるのでしょうか?」
「はい、簡単に申しますと、触診や徒手検査のときにAさんにいちいち『こっちが痛いです』、『そっちが悪いです。』などと聞きだすことでも検査をすることはできます。」
「そうですよね。それならそんな面倒な道具必要ありませんよね。」

「しかし、Aさんの自覚症状が出ているころにはすでに治療としては手遅れになっていることもあるわけです。」

感覚神経の障害は症状がかなり進行せねば自覚症状は現れない。

「手遅れですか・・・・なぜ・・・」
「それは、一般的に感覚神経の障害とはかなり症状が進行しなければどのようなものでも自覚症状があらわれぬからでもあります。」

もっとも検査で重視するのは筋力テストや反射テスト、反復動作テスト

「本来は検査のときに最も重視すべきは筋力テストやこういった反射テストまたは反復動作テストになるわけです。こういったもので正常な状態とどれほど異なるのかを調べることが病気を早期に治すためのポイントになるのです。」

多くの治療かは自覚症状に基づいて治療をするため出遅れてしまう。

「ところが多くの治療家はそういったことを知りませんので、やはりA様の言うとおりで症状が出てから検査をするようになるわけです。しかし、それでは治療としてはかなり出遅れてしまうわけです。」

実際にこれまでの治療では体を動かす検査は無かった


「なるほど・・・そういえばどんな治療院に行っても、体を動かして検査することはありませんね・・・唯一あるのはリハビリセンターで歩き方を見てもらったぐらいでしょうか?」
「そうでしょう。その程度なんです。ですからこういう検査でなければ患者様の安全をお守りすることは難しいわけです。それにこの検査とはそれほどお金を掛けずに手にすることができるのでとても便利なんです。」

ハンマーを使った検査では事前に説明をいたします。

※スポンサーCM

「そういえば患者仲間に、『どこそこの病院で検査を受けたらハンマーで体を殴られた』と言う人がおりましたが、きっとそのことを言っていたんですね。」
「ははは、それはその先生が患者様に何をしているのかという説明がなされていなかったのでしょう。ハンマーにもいろいろと種類がありますから、木槌のようなもので体をコンコンされたら誰だっておどろきますよ。私の場合はこういったオデンのような形のソフトなタイプですから安心してください。」
「先生、ぎっくり腰とは奥が深いのですね。」
「まあ・・奥が深いからこそ私達もやりがいがあるんですよ。」

ということで文京区での深夜のぎっくり腰の施術も無事に終えたわけです。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

バレーのスパイクで腰が痛いのはぎっくり腰か?

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

ぎっくり腰の続発症について

ぎっくり腰にはじめてなった人の陥る傾向

神経痛による痛み方の特徴

ぎっくり腰で病院に行くと何をしてもらえますか?

ぎっくり腰になっても労災にならない会社はどう?

ぎっくり腰の退職の仕方

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書