ぎっくり腰専門ユークル整体院

外出先でぎっくり腰に陥ったときの対処

外出先でぎっくり腰になってしまったときの対処法について。外出先でぎっくり腰に陥ってしまったときに慌ててタクシーで病院や治療院に移動しても手間が無駄になる場合がありますので、まずは安静をとるための宿泊施設など横になれる場所へ移動しましょう。場合によってはタクシーで自宅まで帰ることも視野に入れます。

※スポンサーCM

寝たまま動かぬぎっくり腰でしたら自由に動き回れるぐらいに良くなりました。

今回も出張して治療をしますと患者様の病態は見違えるほど改善して、術前はほとんど寝たまま動けなかったのが自由に動きまわれるぐらいにまで具合が良くなったのです。

「先生、こんなにも丁寧に治療してくださり、そして私の体をここまで良くしてくださって本当にありがとうございました。ずいぶんと腰の痛みが収まりましたよ。」
「そうでしょう。これからももし腰の痛みに困ったらいつでも呼んでください。」

外出でぎっくり腰になったらどうするべきか?

「そうだ・・・・私は今日はたまたま仕事が休みで自宅におりましたが、普段は都内のいたるところを点々と出張して営業で回っているのです。もしも外出先でぎっくり腰になったらと思うと不安です。」
「そうでしょうね。ぎっくり腰とは必ずしもご自宅にいるときに起こるとは限りませんからね。外出中に起こることもありますし、葬儀場や披露宴、宴会、大衆浴場やサウナ、公共交通機関など場所を問わずに予想しておらぬタイミングで生じてしまうものですから。」
「先生、もしも外出先でぎっくり腰になってしまったときにはどうしたら良いのでしょうか?」

ぎっくり腰では、病院に行く=入院となるので注意。安静にすることが大切

※スポンサーCM

「そうですね。もしも今までに整形外科などの病院を受診されたことのある方でしたら、余り意味がないことはすでにご承知なことだと思いますので病院に行くという選択肢はイコール、入院するという選択肢になりますので今回は除外して考えますが、とりあえずはぎっくり腰になってしまったときには安静にしていただくことが一番大切ですので身近に公園などあればベンチで横になったりと体を休めてください。

手ごろな場所が無い場合はビジネスホテルなどを利用し、横になって安静にする

でも冬場や雨の日などではそういった場所も利用できませんよね。その場合はとりあえずは、最寄のビジネスホテルや宿泊施設などでも結構ですし、近所に友人がいればその方に協力していただき、ご友人宅などへと移動して横になって安静に過ごすようにしましょう。最悪そういった安静を取れる場所が見つからなければ、ファッションホテルのような場所に駆け込むことも病むを得ません。

宿泊先に事前に問い合わせてから移動しましょう。

ただし、ネットで検索するなどしてそういった場所に一人で宿泊できるかを事前にお問い合わせいただくことが大切です。ホテルによっては、2名以上でなければ利用を断られてしまったりすることもあるからです。

その後はぎっくり腰の専門院を出張で呼ぶと良い

もちろん、このままではいつになったら痛みが和らぐのかという想定ができませんので、当院のようなぎっくり腰を専門としている出張整体を呼んでいただけると良いことでしょう。

タクシーで治療院へ移動することは無駄になることが多い

ここで多くの方が陥りがちなのが、タクシーなどで病院や整体院まで移動して整体を受けてしまうことです。整体で完全に痛みが取れればよいのですが、完治までできるとは必ずしも約束できませんよね。病院ならば精々が痛み止めの湿布を処方するだけですので絶対に鎮痛されることはありません。したがいまして、せっかくタクシー代を払って治療院まで移動したのだけれども何も対処を受けられず、タクシー代が無駄になってしまうこともあるわけです。

まずは安静になれる場所へ移動する。

※スポンサーCM

したがいまして、まずは安静になれる場所へと移動することが必要だと言えるでしょう。ぎっくり腰に置いて安静とは確実な正解につながる安心できる選択肢でもあるからです。

タクシーを用いるならば無駄な出費を抑えるために自宅へ移動しよう

もし、仮にタクシーを用いるのでしたらその場合は治療院ではなく思い切って自宅へ移動することをオススメいたします。そして自宅で安静にして治療院で出張を受け持っているお店をお探しになっていただければ、自宅や宿泊施設まで先生が訪ねてくれますので、無駄なタクシー代が掛かりません。

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開