荘A[NX̉@

適応範囲|アークス整体院

ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、足首の痛み、肩の痛み、手の痛み、指の痛み、首の痛み、血圧の悩み、不眠症、筋肉のコリ、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、アレルギー疾患、パニック障害、めまい、ふらつき、腹痛、便秘、背中の痛み、血流のお悩み、泌尿器系の悩み、坐骨神経痛、ふくらはぎのむくみ、不安神経症、不眠、肩こりや肩こりにともなう他の不具合 、目のかすみ、首コリ、頭がボーとする、顔がのぼせる、眼精疲労 、頭が痛い、踵(かかと)の痛み、五十肩、顎関節、変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症、しびれ、膀胱の不具合、その他、どのようなお悩みでもまずはご相談ください。(深夜~早朝でもショートメールでしたら些細なご相談も受け付けてます。)

※スポンサーCM

  1. 痛みを主訴とするもの。坐骨神経痛、腰痛、◎ぎっくり腰、足首痛、ゆび先や特定の部位のシビレ、◎頭がズキズキ、かかと痛、◎背中がつらい、◎股関節、◎顎関節、◎五十肩、変形性膝関節症
  2. 肉体の疲労を主訴とするもの→ふくらはぎのむくみ、めまい、不安神経症、パニック発作、◎不眠、◎肩こりや肩こりにともなう他の不具合 、目のかすみ、◎首コリ、頭がボーとする、顔がのぼせる、眼精疲労
  3. 変形を主訴とするもの→猫背、円背、亀背、短足、低身長、肥満、O脚、骨盤の開き、内股、ガニ股、X脚、貧乳、痩せ、

全ての不調は頭部の荷重が原因と考える

人間の脊椎(背骨)は、1つ1つの小さな椎骨が上下に連なり合って、S字状の曲線を描いています。そのS字状の頂点に頭蓋骨が載っています。

頭の重みは体重の18%です。体重60KGの方であれば、約11KGもの重量がこの脊椎の上に常に積載された状態で我々は日常生活を過ごしているのです。当然のことながらこれだけの重さですから、背骨の筋肉も疲れてしまいます。実は人間の体の全ての不具合は頭部重量を保持するための疲労によって起るといわれているのです。その証拠に他の哺乳類動物には人間のような難治な腰痛や肩こり、そして明らかな外観上の変化はほとんどみられないのです。なぜなら他の哺乳類動物は頭部の重さを保持する必要がないからです。正確には、他の哺乳類動物の場合項靭帯と呼ばれる、頚の後方の靭帯性の結合が人間よりも遥かに優れており、頚を吊り下げている状態だから、疲れないのです。

頚部の断面を横から見た図。項靭帯が頚の後方にある。これが頭部を頚とつなぐ作用をもっている。

  • A:項靭帯(本のページのように薄くて平べったい構造。)
  • B:黄色靭帯(黄色い脂肪成分を沢山含んでいるため、衝撃吸収作用や弾力性に富んでいる。)
  • C:棘間靭帯(背骨の後方にある出っ張りである棘突起の上下をつなぐ)
  • D:棘上靭帯

イヌの骨格、項靭帯が頭部を垂直に吊り下げる作用を担います。4本足で胴体が地面に固定されているため、項靭帯は強力な固定性をもち、頭は空中にぶら下がっている状態となるのです。これならば筋力の負担はそれほどかかりません。

人の頭部は背骨の前後の靭帯が担う、だからS字を整える。

※スポンサーCM

人体では、イヌのように項靭帯が頭部を吊り下げてはくれません。したがって、頭部の位置を保全する作用は他の哺乳類動物よりも弱いのです。だから、それを補うために背骨の頚から尾骨までの中にある後縦靭帯と呼ばれる靭帯と、背骨の椎体の前方にある前縦靭帯という2つのもので前後から牽引して頭部を水平に保っているのです。

右の略図では棒の上にのった荷物が前後のロープの牽引力によって安定していることを示しています。人体に置いて、前縦靭帯と後縦靭帯が適度に緊張することで、上に載った荷物である頭部を安定させているのです。

この靭帯という組織はゴム状の組織であって、筋肉のように意識的に動くことはありません。外力加わればそれをゴムのような張力によって受け流したり、逆に吸収したり、また、その弾力性によって骨同士の結合を補強しています。そして、この靭帯の牽引力は、通常であれば、最初の図で示したぐらいの自然な背骨の彎曲のときがもっとも適度な靭帯の緊張で頭部と胴体を固定してくれるのです。

しかし、日常生活において極度の猫背姿勢や前かがみ姿勢が長期に渡ってつづくと、この背骨の彎曲はおおきくなってしまい、2つの靭帯の緊張力は過剰になってしまいます。それが、背骨の椎間孔とよばれる隙間を狭めて、椎間孔を通過する血液の気脈や痛覚などを司る神経伝達を阻害してしまうのです。

椎骨から血管や神経が分岐している図

また、病気や老化によって基礎体力が低下して、体の柔軟性が衰えると、だんだんと背骨の彎曲が減少して背骨がストレートになって行きます。「ストレートネック」とか、「腰椎の隙間が狭まっている」と診断された方はこのような状態を持っていると思っていただければよいでしょう。背骨がストレートな状態になるとどうなるのか?S字状の彎曲が減少することで背骨全体がスプリングのような弾力性を保てず、歩いたときや姿勢を変えたときなどに頭部の重からくる振動で、背骨のどこかの椎間孔が絶えず狭窄されるような刺激を受けてしまい、やはり全身の経絡・神経伝達に支障を来たしてしまうのです。全ての病気や怪我はこの全身経絡の気脈の乱れから生じるのです。

だから、これらの状態をいち早く改善するために、背骨の彎曲を生来の自然な彎曲(生理的彎曲)へと修正していくことを目指すのです。

背骨の生理的位置関係を整え、後縦靭帯と前縦靭帯の緊張を適正化する。

ハードワークによる猫背の原因や骨格の歪みを詳細に捉えて、背骨のゆがみを生理的彎曲へと改善します。脊椎は24個の椎骨を持つので、1つ1つの椎骨のゆがみの状態を様々な検査器具や徒手検査で詳細に捉えるのです。さらに200個を超える骨格すべての関係性を良好化していくことで椎間孔の状態を良好に保つことが可能になるのです。そうすることで脊椎の周囲に存在する、様々な動脈や静脈・神経の流れを正常な状態へと改善することができ万病の改善につながるのです。

適応範囲|スムーズな段取りが組めますので事前にご相談ください

⇒適応範囲は以下の通りです。

  1. 痛みを主訴とするもの。→坐骨神経痛、腰痛、◎ぎっくり腰、足首痛、ゆび先や特定の部位のシビレ、◎頭がズキズキ、かかと痛、◎背中がつらい、◎股関節、◎顎関節、◎五十肩、変形性膝関節症
  2. 肉体の疲労を主訴とするもの→ふくらはぎのむくみ、めまい、不安神経症、パニック発作、◎不眠、◎肩こりや肩こりにともなう他の不具合 、目のかすみ、◎首コリ、頭がボーとする、顔がのぼせる、眼精疲労
  3. 変形を主訴とするもの→猫背、円背、亀背、短足、低身長、肥満、O脚、骨盤の開き、内股、ガニ股、X脚、貧乳、痩せ

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書